Home > REPORTS > JEWELS > 浜崎朱加、ハム・ソヒ破りライト級女王に:12.17 後楽園

浜崎朱加、ハム・ソヒ破りライト級女王に:12.17 後楽園

女子総合格闘技ジュエルス 11th RING
2010年12月17日(金) 後楽園ホール
  レポート&写真:井原芳徳


第12試合 ジュエルス初代ライト級(52kg)女王決定トーナメント 決勝戦 5分2R
○浜崎朱加(AACC)
×ハム・ソヒ (韓国/CMA KOREA/TEAM MAD)
判定3-0 (芹澤=浜崎/和田=浜崎/山崎=浜崎)
※浜崎が初代女王に

 1R、両者サウスポーに構え、浜崎は右ストレート、ソヒは左ストレートとローをヒット。浜崎は時折組み付いてテイクダウンを狙うが、ソヒは捌いて脱出。浜崎は本職のストライカーのソヒの打撃に対応できているが、全般的には攻めあぐねているという印象だ。
 2Rも打撃主体の攻防が続く。初のジュエルス後楽園大会のメイン、そして決勝にふさわしい緊張感あふれる展開に。中盤、浜崎がテイクダウンに成功すると、袈裟固めの状態からアームロックを狙う。ソヒは対処するが、浜崎は動きに応じて腕十字、アームロックと切り替えて一本を狙いに行く。最後までソヒの両腕のロックを切ることはできなかったものの、中盤以降の攻勢が評価され、判定は浜崎。初代女王の座を獲得した。




第11試合 特別ルール(パウンドあり) 65kg契約 5分2R
○HIROKO(マスタージャパン)
×モーリー・ヘイゼル(米国/ビクトリーMMA)
3R 3'19" TKO (3ダウン:スタンドパンチ)



 1R、開始すぐのヘイゼルの右ストレートでぐらついてしまったHIROKOだが、その後はコーナーに押し込んで膝蹴りを当てる等して、じわじわとヘイゼルの体力を奪う。ヘイゼルが寝技に引き込むと、HIROKOはパウンドを落とすが、ヘイゼルは待ってましたとばかりに腕十字を仕掛ける。だがHIROKOもすぐさま密着して対処し、鉄槌も落としながら脱出。スタンドの攻防の後、ラウンドが終了する。
 2Rに入ると、ヘイゼルの体力消耗が目立つようになり、HIROKOがプレッシャーをかけて左ストレートなどをヒットさせて主導権。右フックをクリーンヒットさせると、ヘイゼルは顔を背け、和田レフェリーはスタンディングダウンを宣告する。HIROKOはその後も右ストレートでダウンを奪取。最後はヘイゼルも打ち合いに勝負を賭け、右フックを当てたが、HIROKOのパンチと相打ちのような形となり、レフェリーストップ。ヘイゼルはストップに怒ったものの、そこまでのダメージを考慮すればやむをえないところだろう。


第10試合 59kg契約 5分2R
×杉山しずか(空手道禅道会横浜支部)
○エスイ(モンゴル/スマッシュ小路道場)
2R 0'13" TKO (タオル投入:左ストレートでダウン後)



 奇抜なダンサーを引き連れての入場パフォーマンスを今回も繰り広げた杉山だったが、集中力に欠け、開始すぐのエスイのパンチラッシュで右ストレートをもらい2連続でダウン。打撃戦を嫌った杉山はタックルでエスイを倒して足関を狙うが、ポイントがずれ、極めには至らない。2Rも開始すぐから組み付いてテイクダウンを狙うが、インターバルで体力回復したエスイの左ストレートの連打をもらって膝から崩れると、セコンドがタオルを投入。総合2戦目のエスイに初白星を許すとともに、杉山はジュエルス2連敗となってしまった。


第9試合 森藤美樹引退試合 特別ルール(パウンドあり) 57kg契約 5分2R
○森藤美樹(T-BLOOD)
×佐々木絹加(ALIVE)
判定3-0 (山崎=森藤/千葉=森藤/芹澤=森藤)

 開始すぐの打ち合いで、森藤は右フックでダウンを奪取。再開後、いったんテイクダウンを奪い、ブレイクがかかった後の打ち合いでも、右フックでダウンを奪う。ジュエルスは3ノックダウン制のため、佐々木は後の無い状態。1R後半は2度タックルでテイクダウンを奪うが、森藤は落ち着いて防御する。
 2Rも佐々木は果敢にタックルを仕掛けるが、森藤はセコンドの石田光洋の大声のアドバイスに従って動いてディフェンス。佐々木が疲れてくると、終盤にはタックルでテイクダウンを奪い返し、最後はパウンドを落として試合終了。佐々木へのリベンジを果たし、有終の美を飾った。




第8試合 ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント リザーブマッチ 5分2R
○石岡沙織(空手道禅道会小金井道場)
×アミバ(DEEP OFFICIAL GYM IMPACT)
1R 2'14" TKO (レフェリーストップ:腕ひしぎ十字固め)



 能村に一回戦で敗れた石岡はリザーブマッチに登場。スタンドでプレッシャーをかけながら左ハイや右ストレートを当て、首相撲の膝蹴りからアミバを崩すと、マウントをキープせず、すぐさま腕十字へ。伸びきったところでレフェリーがストップした。


第7試合 ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント 準決勝Bブロック 5分2R
○ハム・ソヒ (韓国/CMA KOREA/TEAM MAD)
×長野美香(CORE)
判定2-1 (山崎=長野/芹澤=ハム/和田=ハム)



 長野はソヒの蹴りをもらいながらも執拗にタックルを仕掛け、1Rには2度、2Rにも1度テイクダウンに成功。2Rにはタックルを潰された後にアキレス腱固めを仕掛けるが、ソヒは一瞬ロープに手を置きながら体を反転させて防御する。ジャッジの評価は割れたが、ソヒの打撃の有効打数を評価するジャッジのほうが多く、ソヒの決勝進出となった。


第6試合 ジュエルス初代ライト級女王決定トーナメント 準決勝Aブロック 5分2R
○浜崎朱加(AACC)
×能村さくら(CB IMPACT)
判定3-0 (山崎=浜崎/芹澤=浜崎/和田=浜崎)

 浜崎はプロMMA3戦目、能村は4戦目、互いに負け無しのフレッシュな顔合わせ。柔道で98年学生選手権57kg級2位の実績もある能村が投げを狙うが、浜崎は大半を防御し、能村が不得意な打撃で主導権。右フックを何発も当てて能村を苦しめる。2Rには逆にテイクダウンに成功し、バックマウントを奪うなど、寝技でも優勢を維持し完勝した。


第5試合 ROUGH STONE GP 2010 -48kg級 決勝戦 5分2R
×関友紀子(FIGHT CHIX)
○石川菊代(リバーサルジム横浜グランドスラム)
判定1-2 (山崎=石川/千葉=関/和田=石川)
※石川が優勝


第4試合 ROUGH STONE GP 2010 -52kg級 決勝戦 5分2R
○北村ヒロコ(空手道禅道会小金井道場)
×市井 舞(アイスリボン)
判定3-0 (山崎=北村/千葉=北村/和田=北村)
※北村が優勝


第3試合 ROUGH STONE GP 2010 -56kg級 決勝戦 5分2R
×ASAKO(U-FILE CAMP岐阜)
○魅津希(空手道白心会)
1R 2'59" 一本 (腕ひしぎ十字固め)
※魅津希が優勝


ROUGH STONE GP 2010優勝者の記念撮影


第2試合 50kg契約 5分2R
○MIYOKO(GRABAKAジム)
×比嘉麻美(S-KEEP)
2R 0'43" 一本 (アームバー)


第1試合 55kg契約 5分2R
○村田恵実(AACC)
×anna(FIGHT CHIX)
1R 1'03" TKO (レフェリーストップ)

オープニングファイト第試合 グラップリングルール 55kg契約 4分1R
○湯浅麗歌子(ポゴナ・クラブジム)
×上遠野真由美(いわきK-3)
判定3-0

オープニングファイト第試合 グラップリングルール 54kg契約 4分1R
○富松恵美(パラエストラ松戸)
×小川あけみ(TKエスペランサ)
判定3-0


映画『KG』presents スペシャルエキシビションマッチ
武田梨奈(紅 彩夏)vs. 横山一敏(武藤竜士)



Home > REPORTS > JEWELS > 浜崎朱加、ハム・ソヒ破りライト級女王に:12.17 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について