Home > REPORTS > IT'S SHOWTIME > アンディ・サワー、70kg王座獲得。アーツ引退撤回:6.30 ベルギー

アンディ・サワー、70kg王座獲得。アーツ引退撤回:6.30 ベルギー

IT'S SHOWTIME 57&58
2012年6月30日(土/現地時間) ベルギー・ブリュッセル
 アンディ・サワーはIT'S SHOWTIME世界70kg級王者のクリス・ンギンビに挑戦し判定勝ち。K-1、シュートボクシングに続くタイトル獲得に成功した。タイロン・スポーンに敗れたピーター・アーツは、レフェリーストップのタイミングに不満を示し引退を撤回。9月の日本大会参戦を予定しているダニエル・ギタは、ポトラックを2Rで粉砕した。
  現地取材レポート:Adam Steel(アダム・スティール) 編集:遠藤文康
  写真:Ben Pontier(ベン・ポンティア) 記事協力:J SPORTS  



IT'S SHOWTIME 58


第6試合 ヘビー級 3分3R
×ピーター・アーツ
○タイロン・スポーン
3R KO



 スタンディングオベーションの大拍手で迎えられたアーツ。宣言通りに前へ出て倒しに行く姿を見せた。激しい攻防のすえ3Rにスポーンの右フックがダウンを奪った。何とかカウント6で立ち上がったもののレフェリーのヨープ・ウベダはアーツの様子を見て試合続行を止めた。アーツの引退試合に幕が降りた。
『続行できたと思う。最後の試合だ。残り1分だよ。やれたよ。ポイントでリードしていたと思う。2Rではいいのを入れた。タイロンはふらついたよ。欲しかった結果じゃないけどストレートに再戦希望を告げた。できれば組んで欲しい』と試合後にアーツは語った。ベネルクスでの引退とはいえまだまだ現役続行にこだわっているアーツの言葉だ。今後はグローリーシリーズのどこかのタイミングで再戦が組まれる可能性があるかもしれない。


第5試合 ヘビー級 3分3R
○ダニエル・ギタ
×ジャバッド・ポトラック
2R KO (左ミドルキック)

 ヘビー級王者のギダの充実振りは素晴らしい。過去2戦しているボスニアのポッラクを全く寄せ付けなかった。それもミドルキックでダウンを重ねて奪うKO勝利だった。08年に判定負け。10年に判定勝ち。そして今回、圧倒的な差を見せ付けてのKOだった。


第4試合 70kg級 3分3R
×ロビン・ファン・ロスマレン
○ファヒッド・エル・ボウスタティ [Fahid El Boustati]
2R TKO (ドクターストップ)

 ロスマレンは前回この会場で最後まで立ち続けたIT'S SHOWTIME70kgトーナメント初代王者である。グリゴリアンと対戦する予定がボウスタティに変更。特に問題は無く押し気味の展開だったが、ボウスタティのヒザが左目をかすったときロスマレンは瞼を深く切り裂かれ無念のドクターストップとなった。油断していたつもりはない。しかし心のどこかに甘さがあったのかもしれない。


第3試合 IT'S SHOWTIME世界95kg級タイトルマッチ 3分5R
○ダニョ・イルンガ [Danyo Ilunga]
×フィリップ・フェルリンデン [Filip Verlinden]
判定
※イルンガが防衛

第2試合 73kg級 3分3R
○ソニー・ダグレイド
×ファティ・オズカン [Fatih Ozkan]
判定

第1試合 70kg級 3分3R
○アンディ・リスティ
×サミール・ジャッバ [Samir Djabba]
1R KO (左フック)

 才能をあらん限り発揮しているアンディ・リスティ。この1年で急成長株だ。70kgクラスのトップに踊り出た。まさに躍り出た感じだ。相手に何もさせぬ間に攻め込み最後は得意の左フックで完全にジャッパを昏倒KOに葬った。見ていて気持ちがいい。7月のカナリア遠征を終えれば9月にその姿を日本の横浜に登場させる。


IT'S SHOWTIME 57


第6試合 IT'S SHOWTIME世界70kg級タイトルマッチ 3分5R
×クリス・ンギンビ
○アンディ・サワー
判定4-0
※サワーが新王者に

 アンディ・サワーはほぼ全ラウンドにわたりミスすることなく4:0の判定で新王者に就任した。ンギンビは序盤から攻めたものの結果的には技量の点においてサワーが上回った。
 『一人だけジャッジがドローをつけたけど僕は一つのラウンドだけがドローで後は全部取ったと思っている。でも構わない。勝ったわけだし何の問題もない。二人の息子のために獲ったタイトルさ』とサワーは言った。ンギンビは防衛に失敗した。




第5試合 ヘビー級 3分3R
×ルステミ・クレシュニック [Rustemi Kreshunik]
○ムラッド・ボウジディ
2R KO

 ギダの仲間であるムラッド・ボウジディはバンナの代打出場で登場。一度負けているクレシュニックとの再戦となった。しかしこの試合の結末は刺激的なものだった。決め手となった顔面への右ヒザがクレシュニックの鼻を折り潰してしまったのだ。これほどの鼻骨折はそうそうお目にかかれるものではない。鼻が完全にひしゃげ曲がってしまっていた。


第4試合 ヘビー級 3分3R
×ヘスディ・カラケス
○リコ・ヴァーホーベン
判定

 リコ・ヴァーフォーヴェンとヘスディ・カラケスは昨年ルーマニアで戦い微妙判定でヴァーフォーヴェンが勝った。今夜が再戦となる。そしてその初回にカラケスはダウンを奪われ最後までポイントを挽回できず再び判定で敗れた。


第3試合 73kg級 3分3R
○マラット・グリゴリアン
×アジズ・カラ [Azziz Kallah]
判定

第2試合 70kg級 3分3R
○ロビー・ヘイグマン
×マンデラ・アントーン [Mandela Antone]
判定

第1試合 77kg級 3分3R
○ドゥオリ・チェン [Duoli Chen]
×ヴァハップ・オズデミール [Vahap Özdemir]
判定

IT'S SHOWTIME 6.30 ベルギー大会再放送予定


7月2日 (月) 20:00~ J SPORTS 3  Part1
7月3日 (火) 20:00~ J SPORTS 3  Part2
7月21日(土) 21:00~ J SPORTS 2  Part1
7月21日(土) 23:00~ J SPORTS 2  Part2

Home > REPORTS > IT'S SHOWTIME > アンディ・サワー、70kg王座獲得。アーツ引退撤回:6.30 ベルギー

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について