Home > REPORTS > IT'S SHOWTIME > ギタKO勝ち。パーパリヤン、85kg王座防衛:5.12 ベルギー

ギタKO勝ち。パーパリヤン、85kg王座防衛:5.12 ベルギー

Siam Gym Belgium presents IT'S SHOWTIME 56
2012年5月12日(土) ベルギー・コルトレイク
 メインではダニエル・ギタがハンス・ナイマンの弟子・ブライアン・ダウエスを左ショートフック一撃でKO。今大会は31歳のギダが最高齢で、パート2に出場した12選手の年齢平均は25歳。日本では無名選手が多かったが、内容は濃かった。オランダ在住の遠藤文康氏からのレポートをお届け。
  情報協力:J SPORTS(テキスト:遠藤文康 写真:Ben Pontier / EFN)


 最初に念のために言っておくが、IT'S SHOWTIMEのブランド性とは「IT'S SHOWTIME」そのものにある。出場する選手にあるわけではない。選手は時間とともに世代交代する存在だからだ。大会そのものの質を維持発展させながら選手に華やかな活躍舞台を提供しているのがIT'S SHOWTIMEだ。上位に置かれる価値は選手にではなく、大会そのものにある。一つ一つの大会を精密に作り上げ、旬の選手をリングに上げて観客に楽しんでもらう。運営側が最も大切にしているのは、IT'S SHOWTIMEのブランド維持であり、観戦に訪れる観客である。

 IT'S SHOWTIMEには、活きの良い無名選手が毎回登場する。若手にチャンスが与えられる舞台。大化けする選手が無理なく育つ。1999年にスタートしたIT'S SHOWTIME。現在のリングにその当時活躍した選手は、当然ながら誰一人存在しない。新陳代謝は絶えず進んでいるし、世代交代も早い。考えてみるまでも無く、総合格闘技ならまだしも、打撃格闘技界で十年一日の如く同じ選手がリングに君臨しているとしたら、やはりそれはかなり妙なことではないのかと普通に思う。今ベルギー大会も、日本のファンにとっては無名選手が多かったが、内容は濃かった。


第1試合 85kg級 3分3R
×ジェイソン・ウィルニス [Jason Wilnis]
○シェイック・シディベ [Cheick Sidibe]
判定

 メインであるパート2のオープニングマッチは、フランスからのシェイック・シディベが5:0でオランダのジェイソン・ウィルニスを下した。シディベのワンサイド展開にウィルニスも逆転KO狙いでパンチを繰り出すが、ベテランのシディベの経験と技量が勝った。


第2試合 73kg級 3分3R
○ソニー・ダグレイド [Sonny Dagraed]
×エリック・デニス
判定

 73kgのソニー・ダグレイドがどのような選手なのか、知る人は少なかったはずだ。切れ味の良さと集中力そしてスタミナ。さらにフットワークとコンビネーションと攻撃角度。3ラウンドを終えてもう1試合できそうな軽快さ。とはいえIT'S SHOWTIME73kg世界王者のローシン・”オーシー”・オズニとタイトルマッチを行うには、もう少し経験が必要だろう。


第3試合 ヘビー級 3分3R
○セルゲイ・ラシェンコ
×サラ・エジン・カンドウッシ [Sarah Edine Kandoussi]
1R KO

 マイクスジムで練習を続けるウクライナのセルゲイ・ラシュシェンコは、選手アパートに住み込んでいる。4月には日本の軽量級トップ選手の闘魔も、ラシュシェンコと2週間ほど同居した。こんな言葉がオランダでは良く使われる。『リングでは自分のケツは自分で拭け。この世で最も孤独な場所がリングだ』と。試合は攻防の末、ラシュシェンコが左右のクリーンヒットで19戦無敗のカンドゥッシを倒した。カウント10までに立ち上がったカンドゥッシだったが、レフェリーは試合を止めた。


第4試合 IT'S SHOWTIME 85kg級タイトルマッチ 3分5R
○サハク・パーパリアン(王者)
×アンドリュー・テイト(挑戦者)
判定

 ここ一ヶ月ほど、賭け勝負論争で互いに挑発しあったサハーク・パーパリアンとアンドリュー・テイトの難民vs.ナルシスト対決。試合開始から前半は良かったテイトだが、徐々にグダグダに。変則スタイルのテイトの出自は空手とフルコンとMMAの混合。いきおい序盤に勝負をかける速攻タイプとなった。ラウンドが進むごとに攻守が逆転し、テイトは失速し、自滅していった。在ベルギーアルメニア人来場者は、 『Yes, we can!』コールで打倒アメリカを叫んだ。アメリカは欧州ではさほど好かれていない。少なくともオランダでは多くが嫌っている。賭け勝負対戦はパーパリアンが防衛し、テイトは1000ユーロを払うハメとなった。


第5試合 ヘビー級 3分3R
○ルステミ・クレシュニック [Rustemi Kreshnik]
×マイケル・ドゥート [Michael Duut]
1R KO

 「3週間しか練習が出来なかった」と、計量時に調整不足を嘆いたルステミ・クレシュニック。ところが試合は1Rで片がついた。マイケル・ドゥートの圧力がクレシュニックに試合勘を取り戻させた。強烈なフックで3ダウン奪っての勝利。これを機に、6月末のジェロム・レ・バンナ戦に向けて調整を続けることになる。クレシュニック28歳。今から脂の乗り切った時を迎える。


第6試合 ヘビー級 3分3R
○ダニエル・ギタ
×ブライアン・ダウエス [Brian Douwes] ※セバスティアン・ファン・ティーレンから変更
2R KO

 パート2のメインを飾り、大声援を受けるダニエル・ギダは、まさにヘビー級の世界トップファイターとなった。1Rから対戦相手のブライアン・ダウエスは、怖れることなく前に出た。セコンドのハンス・ナイマンが2R前に『接近しろ』と指示。が、皮肉なことにアドバイスによる至近距離戦は、ギダの左ショートフックがダウエスのアゴを打ち抜き、失神KO決着となった。前日の計量でギダは、『2Rに終わる』と予言。その通り実行したギダの背中が『言っただろ』と語っていた。面白いことに、今大会は31歳のギダが最高齢。パート2に出場した12選手の年齢平均は25歳だ。やはりIT'S SHOWTIMEのリングには勢いがある。


 今大会で主催者枠のパート1のメインは女子だった(IT'S SHOWTIMEの大会は、通常開催国主催者枠のパート1の6~8試合程度と、国際配信するメインのパート2の6試合が行われている)。試合はIT'S SHOWTIMEルールだが、ウエイトカテゴリーに捉われず、様々なウエイトの試合も組まれていたことに注目した。つまり、9月の日本大会も主催者枠パート1ではIT'S SHOWTIMEルールを遵守しながらも、ウエイトカテゴリーには捉われない自在なマッチメイクを組めばいいだろう。新K-1をも手助けしながら、着実に維持発展を遂げるIT'S SHOWTIME。次世代選手は必ずここから出るだろう。


◆J SPORTSで放送!
再放送予定:5月19日(土)16:30~ J SPORTS 3
次回大会:6月30日(土)ベルギーブリュッセル大会 24:55~ J SPORTS 3 LIVE予定

Home > REPORTS > IT'S SHOWTIME > ギタKO勝ち。パーパリヤン、85kg王座防衛:5.12 ベルギー

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について