Home > REPORTS > INNOVATION > 葵拳士郎、TAaaaCHANに3連敗。若月勇磨がKO勝ち:11.5 山梨

葵拳士郎、TAaaaCHANに3連敗。若月勇磨がKO勝ち:11.5 山梨

戦闘甲斐士21
2017年11月5日(日) 山梨県流通センター

メインイベント 第9試合 WBCムエタイ‐S.フェザー級ランキング戦(60kg契約)/3分3回戦
×葵拳士郎 (マイウェイジム・山梨/日本S.フェザー級王者/WBC同級2位) Aoi Kensiro
〇TAaaaCHAN (PCK連闘会・宮城/元日本フェザー級王者/WBC同級5位) ターチャン
判定0-3(27‐29 27‐29 26‐29) ※葵は1Rにパンチで2ダウン

過去2戦とも葵を下しているTAaaachanは1Rにスピードに乗ったパンチで2ダウンを取ったが惜しくもゴング。葵は2R態勢を持ち直してほぼ互角の攻防を展開。3Rに入ると一転反撃に出てTAaaachanをパンチ、ヒザで追い込む場面を作り、会場の大声援を受けたが時間なく試合終了。王座戴冠後初の凱旋試合は戦略に課題を残したまま痛い黒星を喫した。


セミファイナル 第8試合 S.バンタム級国際交流戦(55kg契約)/3分3回戦
◎若月勇磨 (マイウェイスピリッツジム・山梨/日本バンタム級4位/WBC同級6位) Wakatsuki Yuma
×パク・チャンヨン(アムナトジム・韓国/韓国キック協会バンタム級王者) Park Chang Yeon
3R1'33"KO(膝蹴り)

直前2試合は王者との大事な対戦が続き、いずれも目が慣れる前のパンチ1発で1RKO負けを喫している若月。
力の差以前にパンチに対する対策見直しが功を奏し、背水の陣で韓国王者を迎えた地元試合で結果を出した。
ケリもパンチも互角に推移し3R中盤パクを膝蹴りで仕留め、対王者3連戦は地元で初白星を挙げた。


第7試合 ライト級ランキング戦/3分3回戦
〇外川夏樹 (マイウェイスピリッツジム・山梨/日本ライト級7位) Togawa Natsuki
×MIDORI (習志野ジム・千葉/日本ライト級6位)
判定3-0(30‐29 30‐29 29‐28)

第6試合 S.ライト級交流戦/3分3回戦
×宮下修平 (マイウェイジム・山梨/日本S.ライト級10位) Miyashita Shuhei
◎中島 崇 (PCK亘理・宮城/聖域‐S.ライト級王者)Nakajima Takashi
2R1'32″KO(パンチ)

第5試合 バンタム級ジム対抗戦/3分3回戦
〇稔之晟 (マイウェイスピリッツジム・山梨) Jinnojo
×KEITO (DAIKEN THREE TREE GYM・山梨)
判定3-0(30‐26 30‐26 29‐26)

第4試合 ウェルター級交流戦/2分3回戦
×倖 輝 (マイウェイスピリッツジム・山梨) Koki
〇清水一寿 (TIGER GYM Japan・長野) Shimizu Kazuhisa
判定0-2(28‐29 28‐29 29-29)

第3試合 フライ級交流戦/2分3回戦
×祐 我 (DAIKEN THREE TREE GYM・山梨) Yuga
◎松谷 桐 (VALLELY・東京) Matsutani Kiri
1R 0'58″KO(パンチ)

第2試合 ライト級交流戦/2分3回戦
△ドクターK (DAIKEN THREE TREE GYM・山梨) Doctor K
△元 長 (アルンジム・新潟) Motonaga
判定1-0(29‐29 29‐29 30‐29)

第1試合 S.バンタム級交流戦/2分3回戦
〇後藤浩之 (C`rush・静岡) Goto Hiroyuki
×飯田 諒 (SUN GYM・埼玉) Iida Ryo
判定3―0(30‐28 30‐28 30-29)


第190回アマ定期戦 SMASHERS



【試合結果】 ❖上側=赤コーナー
■K・J‐クラス 小中学生<1:30×2R/in30>
◆第1試合 K‐クラス 判定=0-3
×宮坂 琉生 (拳竜会) K3-2年26.5 (‐30)
〇上原 泰地 (マイウェイスピリッツ) K3-3年21 (‐25)
◆第2試合 K‐クラス 判定=3-0
〇宮崎 遼二 (拳竜会) K2-2年26.5 (‐30)
×有賀陽輝 (マイウェイスピリッツ) K3-2年33 (‐35)
◆第3試合 K‐クラス 判定=0-3
×宮坂徠希 (拳竜会) K3-4年27.5 (‐30)
〇伊藤 梨一 (マイウェイスピリッツ) K3-4年31 (‐30)
◆第4試合 K‐クラス 判定=1RKO
◎宮下 颯太 (ダイケンスリーツリー) K3-6年27 (‐30)
×上原 心汰 (マイウェイスピリッツ) K2-5年29 (‐30)②
◆第5試合 K‐クラス 判定=3-0
〇天野 蒼也 (武道会館) K2-4年29 (‐30)
×上原 心汰 (マイウェイスピリッツ) K2-5年29 (‐30)①
◆第6試合 K‐クラス 判定=ドロー(1-0)
△田畑華依哉 (マイウェイ) K2-5年31.5 (‐35)
△清水 龍月 (拳竜会) K1-5年34 (‐35)
◆第7試合 K‐クラス 判定=0-2
×立川精之助 (マイウェイ) K1-4年36 (‐40)
〇牧野 愛斗 (PCK総本部) K1-6年34.5 (‐35)
◆第8試合 K‐クラス 判定=3-0
〇前田 大尊 (マイウェイ) K1-6年34 (‐35)
×松澤 善 (渡辺) J2-1年34 (‐35)
◆第9試合 K‐クラス 1RKO
×河野 迅飛 (ダイケンスリーツリー) K3-6年41 (‐40) De
◎阿部マリア (PCK大崎) K3-6年42 (‐40)

【ワンマッチ表彰選手】
MVP 前田 大尊 (マイウェイジム)
敢闘賞 宮崎 遼二 (拳竜会)
技術賞 上沼 竜弥 (TigaerGymJapan)
努力賞 栗田 豊 (ジャックサンダースジム)
KO賞 阿部マリア (PCK大崎)

上側=赤コーナー
■K・J‐クラス 小中学生<1:30×2R/in30>
◆第10試合 J×K‐クラス 判定=2-0
〇清水 亜星 (拳竜会) J1-2年40 (‐40)
×高野 優也 (ダイケンスリーツリー) K2-6年48 (‐50)①
◆第11試合 J×K‐クラス 2RKO
×小松 楓 (マイウェイ) K2-6年42.5 (‐45)
◎中林徹太 (PCK仙台東) J3-2年41 (‐45)
◆第12試合 J‐クラス 判定=3-0
〇宮崎 頼悟 (拳竜会) J1-2年45 (‐45)
×八田 琉威 (マイウェイスピリッツ) J1-2年47 (‐50)①
◆第13試合 J×K‐クラス 1RTKO
×高野 優也 (ダイケンスリーツリー) K2-6年48 (‐50)②
◎清水豪之晟 (マイウェイスピリッツ) J1-2年49 (‐50)

■L‐クラス 女性 <1:30×2R/in30>
◆第14試合 L.フライ級 2RKO
×佐藤 美理 (ダイケンスリーツリー) L3LF-155
◎佐伯 果林 (PCK総本部) L3LF-152
◆第15試合 バンタム級 判定=0-3
×坂本 奈央 (マイウェイ) L3Ba-160 De
〇佐藤 朋子 (渡辺) L3Ba-165 De

■S‐クラス 40才~ <1:30×2R/in30>
◆第16試合 フェザー級 2RKO
◎和知 正仁 (翔武会) S2Fe-160 (47)
×雨宮 健二 (マイウェイスピリッツ) S3Fe-162 (41)
◆第17試合 ライト級 2RKO
◎望月 英伸 (ジャック・サンダース) S3Li-173 (52)
×伊藤 毅 (マイウェイスピリッツ) S3Fe-174 (43)De
◆第18試合 ライト級 2RKO
×渡辺 和利 (和術慧舟會富士山道場) S3Li-170 (43)
◎小島 諒平 (マイウェイスピリッツ) A3Li-172 (32)De
◆第19試合 ウェルター級 2RKO
◎太田 高史 (ダイケンスリーツリー) S3We-172 (42)
×松倉 範匡 (ジャック・サンダース) S3We-180 (45)De

■A‐クラス 高校・一般<2:00×2R/in30>
◆第20試合 L.フライ級 2RKO
◎柳沢 秀斗 (ダイケンスリーツリー) A3LF-153 (24)De
×八田 琉威 (マイウェイスピリッツ) J1LF-159 (14)②
◆第21試合 ウェルター級 判定=ドロー1-1
△荻野 充 (ダイケンスリーツリー) A3We-173 (31)
△黒澤 雄太 (TigerGymJapan)A3We-174 (33)De
◆第22試合 ヘビー級 判定=2-1
〇春日 秀俊 (マイウェイ) S3He-173 (44)
×栗田 豊 (ジャック・サンダース) S1He-171 (54)①
◆第23試合 ヘビー級 1RKO
◎佐野 裕一 (ダイケンスリーツリー) A3LH-183 (37)De
×田口 貴秋 (和術慧舟會富士山道場) S3He-172 (41)
◇第24試合 ヘビー級 判定=3-0
〇佐藤 渉 (ダイケンスリーツリー) A3He-178 (23)De
×栗田 豊 (ジャック・サンダース) S1He-171 (54)②
◆第25試合 バンタム級<プロテスト>判定=3-0
〇清水 陽斗 (拳竜会) A1Ba-168 (18)PT
×佐藤英二 (マイウェイ) P1Fe
◆第26試合 フェザー級 判定=3-0
〇上沼 竜弥 (TigerGymJapan)A2Fe-169 (18)
×有泉未来哉 (マイウェイスピリッツ) J3-173(15)
◆第27試合 フェザー級 2RKO
×杉山 真喜 (和術慧舟會富士山道場)A3Fe―166 (3)
◎川村 遊羅 (マイウェイスピリッツ) A3Fe-170 (15)
◆第28試合 フェザー級 2RKO
×外川 涼 (STYLE PLUS) A3Fe-171 (22)
◎秋山 海斗 (マイウェイスピリッツ) A3Fe-162 (16)

◆第29試合 ライト級 判定=3-0
〇小川 昌夫 (和術慧舟會富士山道場) A1Li-165 (37)
×加藤 悠斗 (マイウェイスピリッツ) A3Li-168 (24)
◆第30試合 S.ライト級 1RKO
×山川 理毅 (ダイケンスリーツリー) A3SL-169 (21)De
◎志村 貴昭 (STYLE PLUS) A3SL-179 (17)
◆第31試合 ウェルター級 判定=3-0
〇渡辺 雄太 (マイウェイ) A2SL-175 (34)
×牧野 大夢 (マイウェイスピリッツ) J3We-176(14)
◆第32試合 ウェルター級 1RKO
×望月 良樹 (和術慧舟會富士山道場) A2We-167 (36)
◎杉田 健 (マイウェイスピリッツ) A2We-183 (16)

Home > REPORTS > INNOVATION > 葵拳士郎、TAaaaCHANに3連敗。若月勇磨がKO勝ち:11.5 山梨

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について