Home > REPORTS > INNOVATION > 宮元啓介、ピンチしのぎ2度目の防衛。T-98、ラジャ前哨戦で快勝:4.29 新宿

宮元啓介、ピンチしのぎ2度目の防衛。T-98、ラジャ前哨戦で快勝:4.29 新宿

Dream Force-11
2016年4月29日(金) 新宿フェイス

  レポート&写真:井原芳徳


第8試合 INNOVATIONスーパーバンタム級タイトルマッチ 3分5R
○宮元啓介(橋本道場/王者、WBCムエタイ・インターナショナル王者)
×中務幸信(多田ジム/1位)
判定3-0 (ソンマイ49-47/山根49-48/神谷49-46)
※宮元が2度目の防衛

 3月12日のNO KICK, NO LIFEで那須川天心に飛び膝蹴りでKO負けした宮元は、ホームリングに戻りINNOVATION王座の防衛戦。昨年10月の挑戦者決定戦で若月勇磨を3R KOしている中務と対戦する。両者は昨年4月の新宿の王座戦でも戦い、宮元が判定3-0で勝利している。
 1R、ローキックの応酬の中で、宮元が少しずつ右ローのヒット数を増やし、途中に肘打ちや蹴り足をすくっての崩しを決め、順調な試合運びに見えたが、終盤、中務の左フックが立て続けに炸裂し、宮元はバランスを崩す。



 那須川戦のダメージがまだ残っているのか?と思わせる場面だったが、2Rに入ると宮元がうまく距離を保ち、右ローを当て続け挽回。右ミドルや蹴り足をつかんでからのパンチでも中務を脅かす。3Rも宮元は同様の攻めだが、少し足がぐらついてきた中務も、強引に詰めて右フックを放つと当たる場面があり、まだ宮元は気が抜けない状態だ。



 だが4Rになると中務のパンチの威力もスピードも落ち、宮元は軽々とかわしながら蹴りを当て続け主導権をキープ。左ミドルのヒットも増えてきたが、5Rに入るとさらに左ミドルが増加。まるでミット打ちのように左ミドルの連打を度々決めてみせ、中務は右腕が上がらなくなるほどに。タイならレフェリーストップがかかりそうな展開で試合終了。終わってみれば圧勝だった宮元だったが「中塚選手が去年より強くて面喰いました」と序盤の苦戦を認め、「次はもっと強くなって圧勝できるように頑張ります」とアピールした。


第7試合 INNOVATIONフェザー級王座決定戦 3分5R(延長1R)
×アトム山田(武勇会/1位)
○竜誠(ダイケンジム/2位)
2R 2'09" KO (パンチ連打)

 山田は時折構えを変えながら、大振りのフックを放って来るが、竜誠はお構いなしに距離を詰めて、伸びのある右ストレートをヒット。2Rには左ボディフック、左ミドルも効かせてじわじわと山田を追い詰め、右フックでダウンを奪うと、最後はフラフラの山田を蹴りとパンチのラッシュで防戦一方にしたところでレフェリーがストップ。20歳の竜誠が40歳のベテランに完勝しベルトを巻いた。


第6試合 INNOVATIONスーパーウェルター級王座統一戦 3分5R(延長1R)
×メリケン雄人(契明ジム/王者)
○T-98(クロスポイント吉祥寺/暫定王者、ラジャダムナン5位、REBELS-MUAYTHAI王者、WPMF世界ミドル級王者)
2R 1'18" TKO (レフェリーストップ:左肘打ちによる左まぶたのカット)

 6月1日のREBELSでのラジャダムナンスタジアム認定スーパーウェルター級タイトルマッチを控えたT-98は、昨年12月のディファ大会に獲得したINNOVATION暫定王座の統一戦を王者・メリケン雄人と行う。既に何本ものベルトを取り、日本王座レベルではないT-98との実力差は明白で、T-98が右ローを連打して効かせると、首相撲からの崩しを度々決め、2Rには肘で切り裂きTKO勝ちした。



 完勝のT-98は「もっと色々試したかったのですが、僕の肘で切れるとは思いませんでした」と苦笑しつつ「6月に凄い伝統あるラジャダムナンのタイトルマッチをやらせてもらうので、いい弾みになると思います。取れれば日本人5人目になるので、歴史的快挙を見に来てください」とアピールした。




第5試合 フライ級 3分5R
○岩浪悠弥(橋本道場/INNOVATION王者)
×伊藤勇真(キング・ムエ/元WPMF日本王者)
判定3-0 (センチャイ49-48/山根49-48/大沢50-48)



 昨年12月大会でINNOVATIONフライ級王者となった18歳の新鋭・岩浪は、元WPMF日本同級王者の19歳・伊藤とのフレッシュな顔合わせ。蹴り主体のムエタイ色の強い展開となり、次第に岩浪がローのヒットを増やし、3Rには左ボディや右の顔面狙いの前蹴りも決めて優勢を印象付ける。4Rは伊藤も首相撲の展開でじわじわ挽回し、終盤には肘を当てて好印象を残すが、5Rは首相撲を防御されると、ローをもらって少しバランスを崩す場面もあり、岩浪が再び差をつけて判定勝ちした。


元フライ級王者勇児引退エキシビションマッチ 3分1R
―勇児(HOSOKAWAジム/元INNOVATION・WPMF日本・MA日本・UKFインターナショナル・UKF日本フライ級王者)
―竜太(HOSOKAWAジム)
勝敗無し

 岩浪に敗れINNOVATIONのベルトを失った勇児が引退(引退前のインタビュー記事はこちら)。後輩で16歳の竜太がエキシの相手を務め、勇児が左まぶたから出血するほど激しい内容となった。



 勇児は「キックを始めて10年間…喋れると思ったんですけど感極まっちゃいますね」と話すと涙を浮かべ「後輩がプロで活躍できるようになったので、プロで経験したことを後輩に教えていきます。ここまで育てていただいた細川会長、ありがとうございました。INNOVATIONの会長の皆さんにも感謝しています。一番迷惑をかけたお母さん、ありがとうございます。これからもINNOVATION、HOSOKAWAジムを応援お願いします」と話し、10カウントゴングを聞いた。勇児の通算戦績は39戦19勝(3KO)17敗3分。




第4試合 フェザー級  3分3R
△野良猫星野(ワイルドシーサー群馬/元6位)
△児島真人(DANGER)
判定1-1 (29-28/28-29/29-29)

第3試合 52.5kg契約 3分3R
×高坂侑弥(ワイルドシーサー群馬/INNOVATIONフライ級6位)
○市村大斗(多田ジム/INNOVATIONバンタム級8位)
判定0-2

第2試合 62.5kg契約 3分3R
○MIDORI(習志野ジム/INNOVATIONライト級10位)
×ミシマ(格闘道場G-1/NJKFライト級3位)
判定3-0

第1試合 72kg契約 2分3R
×渡辺 巧(拳伸ジム)
○ブラックサンダー剛(岡山ジム)
2R 2'59" KO

Home > REPORTS > INNOVATION > 宮元啓介、ピンチしのぎ2度目の防衛。T-98、ラジャ前哨戦で快勝:4.29 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について