Home > REPORTS > INNOVATION > 西日本統一バンタム級初代王座戦はドロー:1.19 鳥取

西日本統一バンタム級初代王座戦はドロー:1.19 鳥取

KAKUMEI YONAGO 2014 ~UP RISE 成リ上ガリ~
2014年1月19日(日) 鳥取・米子市産業体育館サブアリーナ

  記事提供:KAKUMEIキックボクシング



第7試合 メインイベント 西日本統一バンタム級初代王座決定戦 3分5R
△前田慎介(VERSUS/INNOVATION 8位)
△SIDEN(契明ジム/INNOVATION 10位)
判定1-1 (50-49/49-50/50-50)
※王座はコミッション預かり

 2012年12月以来約1年ぶりの開催となったKAKUMEキック米子大会。前回より会場も大きくなり指定席は完売。超満員の観衆の中、SIDENは自身が主宰する空手道場の子供たちが掲げる多くの幟を先頭に入場。そして地元期待の前田が大歓声に迎えられて入場する。
 1R、互いにローキックでの探り合いから前田が左ジャブをつくが下がらないSIDEN。前田は右ボディストレートから左右フックと続けるがSIDENは両手を挙げてしっかりとガードする。
 2R、右ボディからの左右フックを続ける前田。前田のパンチの打ち終わりに右ローを返すSIDEN。
 3Rに入ると前田はSIDENのガードの上から素早いワンツーの連打。パンチの手数を増やして時折右ストレートをSIDENにヒットさせる。SIDENはすかさず組み付いて太ももへのヒザ蹴りで対抗。このラウンドは前田のパンチのヒットが増える。
 4R、SIDENは試合の流れを引き戻そうと左右のフック、そして組み付いての太ももへのヒザ蹴りを執拗に前田に攻め込む。この攻撃で前田はペースを乱されたか疲れた表情。
 最終R。山陰初のタイトル奪取を期待する大歓声の中、左右のフックをヒットさせる前田。すかさず右ストレートを返して主導権を渡さないSIDEN。さらに左フックを前田がヒットさせれば、SIDENは左ミドルを返して右ヒジをヒットさせる。一進一退の攻防が続く中、終了のゴング。判定は3者割れて引き分け。王座はコミッション預かりとなった。


第6試合 セミファイナル スーパーフェザー級 3分3R
○マイク(VERSUS)
×ダイナモ☆アフロ(契明ジム)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)

第5試合 ウェルター級 3分3R
―☆HIRO☆(VERSUS)
―李 勇直(直心会)
1R ノーコンテスト (バッテイングによるHIROの負傷)

第4試合 フェザー級 3分3R
×タイチャーン(VERSUS)
○翔貴(岡山ジム)
判定1-2 (29-30/30-29/29-30)

第3試合 INNOVATIONフェザー級新人王トーナメント2013決勝 3分3R
○玲那渡(VERSUS)
×トカレフ・ミチオ(直心会)
判定3-0 (30-28/30-29/30-28)
※玲那渡がフェザー級新人王に

第2試合 フェザー級 3分3R
○八木利徳(team KID)
×MASATO(無名塾)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)

第1試合 52kg契約 3分3R
○アマゾン木村(VERSUS)
×一斗缶テツ(契明ジム)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)

オープニングマッチ(アマチュア)第2試合 2分3R
△金田凌弥(VERSUS)
△板垣伸一(teamKID)
判定1-0 (30-28/30-30/30-30)

オープニングマッチ(アマチュア)第1試合 2分3R
○増田雄太(VERSUS)
×福岡義宗(team KID)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)

Home > REPORTS > INNOVATION > 西日本統一バンタム級初代王座戦はドロー:1.19 鳥取

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について