Home > REPORTS > INNOVATION > 武勇会20周年大会レポ。狂平、スーパーフェザー級王座初防衛:9.22 愛媛

武勇会20周年大会レポ。狂平、スーパーフェザー級王座初防衛:9.22 愛媛

武勇会設立20周年記念愛媛松山大会 雷舞祈念
2013年9月22日(日) アイテムえひめ

  記事提供:Japan Kickboxing Innovation


第11試合 Wメインイベント2 INNOVATIONスーパーフェザー級タイトルマッチ 3分5R
○狂平(武勇会高松/王者)
×阿修羅(PCK/3位)
判定3-0
※狂平が初防衛
※3Rパンチで阿修羅に1ダウン、4Rパンチで阿修羅に2ダウン

 1R、冷静な立ち上がりから様子見、お互い軽いパンチとローキックでさぐりあい、2Rも同じような展開が続くが狂平のパンチ、ローキックが阿修羅を捕え始める。3R後半に激しい打ち合い。狂平のパンチが阿修羅をとらえダウンを奪う。狂平は4Rもパンチで2度のダウンを奪うが、阿修羅なんとか持ちこたえ5Rへ。5Rはお互い最後の力を振り絞り試合終了。終了と同時に会場内割れんばかりの拍手喝采でメインの試合を終えた。大差の判定勝利で狂平がタイトル防衛に成功。次戦は10月14日 NJKF後楽園大会でWBCムエタイ日本スーパーフェザー級王座に挑戦する事も決まった。




第10試合 Wメインイベント1  63kg契約 3分3R(延長1R)
×梶田義人(武勇会本部/INNOVATION日本ライト級王者)
○ペットナリン・ソー・スパーポン(タイ)
判定0-3

 日本タイ交流戦では、このところ精彩を欠いている梶田は試合巧者ペットナリンに得意のパンチを封じられ、ミドルキックでポイントを取られ、2-0の判定負けとなった。


第9試合 セミファイナル フェザー級 3分3R(延長1R)
×アトム山田(武勇会本部/元WMAFフェザー級王者、元MA日本バンタム級&スーパーフェザー級王者)
○TARO(月心会/西日本フェザー級王者)
4R 判定1-2
3R 判定1-0

 1Rより一進一退の試合展開で3R終了。アトム山田が若干リードしているように見えたが、差がつく迄に至らず、1-0のドロー。延長では少し疲れが見えた山田が若干パンチをもらうが、首相撲ではアトムが優勢。2-1でジャッジがパンチのポイントを取ってTAROの延長勝利となった。しかし アトム山田37歳を感じさせない動きを見せた。次の試合に期待したい。


第8試合 70kg契約 3分3R
○門田哲博(武勇会本部)
×礒邊武士(フリー)
判定3-0

第7試合 スーパーフェザー級 3分3R(延長1R)
○櫻木崇浩(バンゲリングベイ・スピリッツ)
×大倉 渉(TEAM BLAZE)
判定3-0

第6試合 INNOVATION日本ライト級新人王準決勝 2分3R(延長1R)
○津乗大貴(武勇会今治)
×流離涼太(直心会)
判定3-0

第5試合 ウェルター級 2分3R
×鈴木基司(武勇会今治)
○MA-SHI(新日本拳法同志会/2011全日本グローブ空手王者)
2R KO (右ストレート)

第4試合 少年エキシビションマッチ 2分2R
×佐々木和斗(武勇会井上)
○伊藤 龍(勇健塾)
判定0-2

第3試合 フェザー級 2分3R
△野口哲郎(武勇会本部)
△西川翔貴(岡山ジム)
判定0-1

第2試合 スーパーフライ級 2分3R
△宇田尚汰(武勇会井上)
△小椋光人(拳之会)
判定0-1

第1試合 スーパーフライ級 2分3R
△大西 健(武勇会西条)
△行成 薫(拳之会)
判定1-0

Home > REPORTS > INNOVATION > 武勇会20周年大会レポ。狂平、スーパーフェザー級王座初防衛:9.22 愛媛

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について