Home > REPORTS > ホーストカップ > 辻出優翔、故郷凱旋試合の大月晴明に1R TKO勝ち:3.5 京都

辻出優翔、故郷凱旋試合の大月晴明に1R TKO勝ち:3.5 京都

HOOST CUP KINGS KYOTO 2 ~英雄凱旋!~
2017年3月5日(日) 京都・KBSホール
  記事提供:アーネストホーストジムJAPAN


※ホーストカップの通常ルールは肘無し、首相撲制限ありのK-1スタイルのルール。
 「EXルール」は一般的な肘有りのキックルール



第11試合 ダブルメインイベント 62kg契約 3分3R(延長1R)
×大月晴明(キック スターズ マスクマン/元Krush -60kg王者、元WPKC世界ムエタイ&全日本ライト級王者)
○辻出優翔(亰賀塾/HOOST CUP日本ライト級王者)
1R 2'39" TKO(レフェリーストップ:右ストレートと左膝蹴りの連打で2ダウン後)

 地元京都出身、“世界の爆腕”大月晴明が初めての地元凱旋試合として迎え撃つは、同じく地元京都のHOOST CUP日本ライト級王者の辻出優翔。両選手地元京都の応援団の声とともに気合十分の表情でリングイン。
 開始早々、左手をダラリと下げた独特のスタイルでステップを踏みながら野生動物が獲物をねらうように左右のフックをふるう大月。それに対し辻出はいつもよりガードを高くし、冷静にブロックし左ひざ、左ミドルを合わせる。



 20秒ほど過ぎたあたりに大月の強烈な右フックがヒットし辻出はスリップダウン気味に。強いプレッシャーからの左右の強打でこじあけようとする大月だが、辻出のガードは高く、クリーンヒットを許さず、大月のボディーに左ヒザを合わせ、離れると前蹴りでこかす。
 やりにくそうな表情の大月に1分過ぎたあたりから前に出始めた辻出が、ラッシュで倒しにかかるが、しのぎながら身をかわし、反撃に出る大月。しかし途中から精彩を欠いた大月に2分すぎに辻出が左ストレートを当ててダウンをうばう。
 立ち上がり反撃に出る大月だが、またも辻出の左ひざが突き刺さり、弱くなった大月の左右フックに辻出のカウンターパンチがヒット、うずくまるようにダウンする大月。かろうじて立ち上がる大月にレフェリーがストップを告げた。 



 「大月さんと対戦する選手はみんな、警戒して距離をあけて大月さんのフェイントにかかったりしてやられているので、前に出て距離をつぶして封じる作戦だった」と試合後に語る辻出陣営の作戦勝ち。1R開始早々の自身の強打で右手首を骨折した大月は試合後病院に直行した。地元京都の若き王者・辻出の、作戦と運がもたらす勝利であった。「最初で最後の地元凱旋試合」と語る大月だが2度目の万全の登場に期待する。


第10試合 ダブルメインイベント 63.5kg契約 3分3R(延長1R)
○麻原将平(PFP/HOOST CUP日本スーパーライト級王者、RISEライト級3位)
×大原裕也(大原道場/元ACCELライト級王者)
判定3-0(30-29/30-29/30-29)

 地元京都の若きサムライ、元ACCELライト級王者、大原裕也と、昨年10月大阪大会で悲願のHOOST CUP日本Sライト級王者となった麻原将平の関西中量級のトップファイター同士の一戦。
 1R初盤から麻原の売りであるスピードのあるパンチと、それについていくかのような大原のパンチからのミドルが交差し、どれが当たっても倒れそうな、手を抜かない両者の動きに観客は目が離せない。右ひざにかなりのテーピングをほどこし、張りつめたような固い表情で構える麻原だが、いつもの左右のステップがなく、大原の手数が上回り、強烈なミドルキックが麻原の腹にめり込む。
 2Rも動きの固い麻原に大原が軽快なステップから繰り出すロー、ミドルがクリーンヒット。パンチを当てたい麻原だが、ジャブからの追随を大原が許さず、やや大原のペース。
 3R、どっしりと構えカウンター待ちに徹した麻原のパンチが当たりだし、中盤すぎ、麻原の左フックで大きくふらつく大原。追撃する麻原だが大原も根性を見せて打ち返す。目の離せないシーソーゲームの展開だったが、後半強打を数度あててダメージを奪った麻原の印象点が勝り僅差で判定勝利した。若きサムライ大原の実力が全国区であることも証明した一戦だ。


第9試合 セミファイナル 58kg契約 3分3R(延長1R)
×TARO(月心会チーム侍/西日本統一フェザー級王者)
○西元也史(京賀塾)
2R TKO (レフェリーストップ:パンチで2ダウン後)

 西日本統一フェザー級王者TAROに、地元京都のホープ西元が挑む一戦。
 1R早々、西元が強打を振るうが冷静なディフェンスでいなし、ロー、ミドルで止めるTARO。中間距離を保ちコントロールしたいTAROと、強打を急ぐ西元のせめぎあいが続く。しかしラウンド終盤に、TAROの右ローに西元の右ストレートがヒットし大きくバランスをくずし、その後の体勢の隙に西元が隙間をぬって左フックからの右ストレートをヒットしダウンを先取、かろうじてファイティングポーズとったところでラウンド終了。
 2R、まだダメージの抜けないTAROに西元が仕留めにかかる。クリンチ、ローでしのぐTAROだが、踏み込みの速い西元の連打につかまりダウン。大きなダメージにレフェリーが試合を止めた。
 試合後、西日本統一王者を倒したことでいよいよのHOOST CUP日本フェザー級王座のエントリーを申し出た西元に主催者が大きくうなずいた。


第8試合 EXルール 60kg契約 3分3R
×HIRΦKI(Dropout)
○久井淳平(多田ジム/INNOVATIONスーパーフェザー級6位)
判定0-3 (27-30/28-30/29-30)

第7試合 EXルール 52.2kg契約 3分3R
×大揮(京都野口ジム/元NKBバンタム級3位)
○泉 丈成(セブンジム)
判定0-3 (29-30/29-30/28-29)

第6試合 53kg契約 3分3R
×長谷川海(二刃会/MA日本フライ級7位)
○永井風音(京賀塾)
1R TKO (レフェリーストップ:右ストレートで2ダウン後)

第5試合 53kg契約 3分3R
〇松岡宏宜(闘神塾)
×鷹介(WARRIOR OSAKA)
3R TKO (3ダウン:左ローキック)

第4試合 59kg契約 3分3R
×谷岡祐樹(パラエストラ加古川)
○大原和也(大原道場)
判定3-0(29-27/29-28/29-28)
※谷岡に2R右膝で1ダウン

第3試合 55kg契約 3分3R
×政所 仁(魁塾)
○龍矢(月心会チーム侍/K-1甲子園55kg級'15'16準優勝)
判定0-3(29-30/29-30/29-30)

第2試合 女子49kg契約 2分3R
×めぐみ(日進会館宮原道場)
○山口遥花(仰拳塾)
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

第1試合 55kg契約 3分3R
〇山田直樹(KSS健生館/新空手JAPAN CUP 55kg級'17王者)
×小田武司(拳之会/元NEXTLEVEL中四国地区-50kg王者)
判定3-0(30-29/30-27/30-27)

Home > REPORTS > ホーストカップ > 辻出優翔、故郷凱旋試合の大月晴明に1R TKO勝ち:3.5 京都

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
新規入会キャンペーン。入会金無料!!入会月も月謝無料!!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ