Home > REPORTS > ホーストカップ > 辻出優翔、KING皇兵に完勝。村井崇裕、チューチャイと再延長で惜敗:6.5 京都

辻出優翔、KING皇兵に完勝。村井崇裕、チューチャイと再延長で惜敗:6.5 京都

HOOST CUP KINGS KYOTO ~MAMIYA祭り!意志を継ぐ者へ~
2016年6月5日(日) 京都・KBSホール

  レポート&写真提供:アーネストホーストジムJAPAN


※ホーストカップの通常ルールは肘無し、首相撲制限ありのK-1スタイルのルール。
 「EXルール」は一般的な肘有りのキックルール


第10試合 ホーストカップEX初代ミドル級(70kg)王座決定戦 3分3R(最大延長2R)
○チューチャイ・ハーデスワークアウトジム(タイ/ハーデスワークアウトジム/元ルンピニー認定ウェルター級7位、S-BATTLEミドル級王者)
×村井崇裕(京都野口ジム/元NKBミドル級王者)
5R 判定1-2 (10-9/10-9/9-10)
4R 判定1-0 (10-10/10-9/10-10)
3R 判定0-0 (29-29/29-29/30-30)
※チューチャイが王者に



 地元京都の元NKBミドル級王者、村井と、元ルンピニースタジアムウェルター級7位の実力で西日本で活躍のチューチャイが、初代ホーストカップ日本EXミドル級王者のタイトルをかけ激突。
 1R、地元応援団の声援を受けじわじわとプレッシャーをかける村井に対し、強打を警戒しガードを高くして距離を保つチューチャイ。伸びのある村井の左ジャブがヒットするが、チューチャイも大きめの左ミドルを素早くリターンし追撃を許さない。お互い次の手を警戒しラウンドが動かず。
 2R、3R、伸びのある村井の左ジャブがヒットするがチューチャイがブロックし、左ミドルを放ち、村井がスウェーする。互いに警戒し、次の攻防につながらず相変わらずの展開が続く。本戦判定ドロー。
 延長1R、村井が気合の表情でジャブから強打の連打をふるうが、チューチャイが巧みにクリンチで防ぎ追随を許さない。後半過ぎに村井がワンツースリーでチューチャイをのけぞらせるが、クリンチからの崩しでこかし逃れる。終盤にも村井が強打をクリーンヒットするが延長判定も1-0のドロー。
 延長2R、開始早々積極的に前に出る村井だが、左ジャブをクリーンヒットしてもチューチャイのクリンチにかわされ、遠間からの左ミドルでチューチャイが距離を支配しペースをとる。積極性で村井、リングジェネラルシップでチューチャイの印象だが判定は2-0でチューチャイ。初代日本EXミドル級王者は、チューチャイ・ハーデスワークアウトジムとなる。


第9試合 ホーストカップ初代ライト級(60kg)王座決定戦 3分3R(延長1R)
×KING皇兵(SFKキックボクシングジム)
○辻出優翔(京賀塾/元DEEP☆KICK 60kg級王者)
判定0-3 (25-30/27-29/26-30)
※3R左ストレートでKINGに2ダウン

 地元京都のホーストカップ常連トップコンテンダー・辻出と、ホーストカップタイトルに進退をかけて臨む“無冠の帝王”KING皇兵。1R開始早々から小気味よい左右のパンチキックを繰り出し交差する拮抗勝負の展開。辻出が左ストレートをクリーンヒットすると、合間で返しの右クロスをあて、ワンキャッチでこかしベテラン巧者ぶりを見せるKING皇兵。
 2R、両手を下げた状態からカウンターを放つKING皇兵、時折スイッチし角度をかえてクリーンヒットを狙う辻出、まとめたいところだが試合巧者のKING皇兵がうまくいなす。1R同様の拮抗勝負の展開。
 3R、手数の増える辻出にやや疲れの見えるKING皇兵。さらに中盤辻出のまとめうちの後のヒザがささりKING皇兵の手数が減る。後半、辻出の左ストレートの強打がささりぐらつくKING皇兵。そしてブレイク後の交差で大きくバランスを崩したKING皇兵にダウンコール。応援団の声援を背にぐらつきながら盤回せんとパンチをふるうKING皇兵だが、その後、ラッシュをかける辻出の連打につかまり左ストレートによる2つめのダウンコールがかかる。なんとか立あがるも、最終ゴングがなる。辻出優翔が地元京都で、ホーストカップ初代日本ライト級王者となる。




第8試合 女子バンタム級 2分3R(延長1R)
○谷山佳菜子(正道会館/ホーストカップ女子王者)
×ホ・インビー(韓国/WAKO韓国王者・韓国ムエタイ女子新人王)
2R 0'59" TKO (右前蹴り)

 前回3月京都大会で、強豪2冠王の大石綾乃に勝利し念願のホーストカップ初代女子バンタム級王者となった谷山佳菜子と、対戦予定であった水野志保の負傷により急遽2週間前のオファーを受け日本初参戦となったWAKO韓国王者のホ・インビー。セコンドにはK-MAXジム会長で、韓国ミドル級王者としてK-1MAXやGLORY常連選手のノ・ジェギル選手が帯同している。
 1R開始早々勇敢に前に出るホ・インビーだが、谷山の前蹴りに苦悶の表情をうかべる。ガードをかため前に出るホ・インビーだが、谷山の前蹴りからの回転の速いパンチにダウンコール。立ちあがり反撃を試みるが谷山の前蹴りに大きく飛ばされる。
 2R、インターバル中に苦しさを訴えるホ・インビーだがセコンドの声に励まされ再び勇敢にガードをかため前に出る。しかし谷山の強烈な前蹴りに体を九の字に曲げられ飛ばされる。左右のローからパンチにつなげるホ・インビーだが、谷山の上段前蹴りからのパンチの連打で再びダウン。立ちあがれずレフェリーがKOを告げる。




第7試合 MAMIYA祭り!SUPER FIGHT(エキシビションマッチ)
―間宮弘之(Dropout)
―ヤスユキ(Dropout/REBELS-MUAYTHAIスーパーフェザー級王者)
勝敗無し

 名王者ヤスユキらを輩出し、京都で興業を続け京滋キックボクシングの発展に貢献したDropout会長の間宮弘之氏の還暦を祝う大会として、愛弟子のヤスユキとのスペシャルファイトが行われた。試合後はDropoutの選手とともに京滋キックボクシングから還暦祝いのガウンが寄贈された。還暦を迎えてもなおキックボクシングに人生をささげる間宮会長を皆で祝う心温まるシーンであった。




第6試合 64kg契約 3分3R
○麻原将平(正道会館/RISEライト級(63kg)3位)
×真吾YAMATO(大和ジム/NJKFスーパーライト級3位)
判定3-0 (30-27/30-28/30-29)

 長身の真吾YAMATOは伸び盛りの連勝中のNJKFトップランカー。対する麻原も祈願のタイトルまで一歩及ばずながら残りの選手生活にかける意気込みで臨む。早々からガードを固め、リーチを生かした前蹴りヒザで脅かす真吾だが、キャリアのなかの歴戦の記憶でひるまずにスピードのある連打を叩き込む麻原。パンチをしっかりブロックしヒザを刺す真吾だが、初めて体感するような麻原のこのルールならではのハンドスピードにとまどう。時折振り下ろすロングの右ストレートを凌ぎきり、印象点で麻原の判定勝利。


第5試合 71kg契約 3分3R
○蓑方 弘(福知山ジム/SB日本スーパーウェルター級(70kg)6位)
×春野剛士(Dropout)
判定3-0 (29-28/30-28/29-28)
※2R右ストレートで春野に1ダウン

 開始早々から、笑みを浮かべながら強いローを放ち前に出る蓑方。じっくりと距離をとり冷静にゲームを進める春野。しかし2R、春野の蹴りに蓑方が左フックをあわせスリップ気味に蓑方がダウンをうばうと試合が動く。オランダキックボクサーばりに体格コンビネーションで攻め立てる春野の攻撃が脅かすが、蓑方も応援団の声を背に笑みを浮かべながら強打を振るう。好勝負ながら最終ゴングが鳴りダウンをとった蓑方のホーストカップ初勝利となる。


第4試合 60kg契約 3分3R
△桜華(道場絆/KOSスーパーフェザー級王者、MA日本9位)
△西元也史(京賀塾)
判定1-0 (30-29/29-29/29-29)

第3試合 55kg契約 3分3R
○直輝(若獅子会館)
×郁弥(真我館)
判定3-0 (30-29/30-28/30-28)

第2試合 EX特別ルール(肘無し) 54kg契約 3分3R
○俊YAMATO (大和ジム)
×勝村隆介 (Dropout)
3R KO (ローキック)

第1試合 59kg契約 3分3R
△山田泰士(早川ジム)
△大原和也(大原道場)
判定0-0 (29-29/29-29/29-29)

オープニングファイ第2試合 女子47kg契約 2分3R
○百花 (魁塾)
×環 (Dropout)
判定3-0 (30-27/30-28/30-28)

オープニングファイト第1試合 62kg契約 3分3R
×敦YAMATO (大和ジム)
○西畑省吾 (大原道場)
3R 2'30" TKO (パンチ連打)

Home > REPORTS > ホーストカップ > 辻出優翔、KING皇兵に完勝。村井崇裕、チューチャイと再延長で惜敗:6.5 京都

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスも!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について