Home > REPORTS > ホーストカップ > 大和哲也、パコーンとの接戦制す。悠矢、ピンサヤームに判定負け:12.27 名古屋

大和哲也、パコーンとの接戦制す。悠矢、ピンサヤームに判定負け:12.27 名古屋

エスカラデーPRESETS HOOST CUP ~KINGS NAGOYA~
2015年12月27日(日) 名古屋国際会議場イベントホール

  記事提供:アーネストホーストジムJAPAN


※ホーストカップの通常ルールは肘無し、首相撲制限ありのキックルール。「EXルール」は一般的な肘有りのキックルール


第12試合 メインイベント EXルール 64kg契約 3分5R
○大和哲也(大和ジム/ライオンファイト・スーパーライト級王者、元WBCムエタイ世界同級王者)
×パコーン・P.K.セーンチャイムエタイジム(タイ/ルンピニー認定スーパーライト級5位・元ライト級王者、ヨッカオスーパーファイト65kg級王者)
判定2-0 (50-48/49-48/49-49)

 3年ぶりに地元名古屋に出場の大和哲也、タイトルを失ったあとの連敗の後にあえて強豪ムエタイ元王者パコーンとの対戦を熱望し、今後のキャリアの可能性を占う強豪相手の大事な一戦。
 1R、静かな滑り出しの中、ノーモーションの小刻みのローを再三当てる哲也。対するパコーンは老獪に時折ステップアックで外し、前蹴り、テンカオで近距離をさける。中間距離の探り合いでも技術で渡り合う哲也。
 2R、パコーンがすこしづつ、ジャブとミドルで前に出、哲也の前進を前蹴りで止め、ペースを作ろうとする。哲也もパコーンのミドルを寸前でスウェイでかわすなど、ハイレベルな技術の攻防に会場がどよめく。終盤、大和がノーモーションの右ストレートをクリーンヒットさせ、パコーンが「効いてないよ」とタイ選手特有の微笑みをうかべてアピール。そして大和のパンチをくぐりクリンチに成功、大和が嫌がり横を向いたところを大きなひざが突き刺さる。一瞬苦しそうな大和だがすぐに立て直す。
 3R、前に出てくるパコーンに大和がローを連打でクリーンヒット、大きな左ボデイーも当て印象づける。しかし互いのパリーの隙間をぬってパコーンの強烈な右ストレートが刺さりひやっとするも立て直しペースを保つ哲也。

 4R、前に出ながらテンカオ、クリンチすると哲也の背面に回りヒザを続けたいパコーンだが、クリンチにブレイクされ、中間距離では哲也にクリーンヒットがゆるされず攻めあぐねた感のパコーン。哲也は的確に距離を保ちジャブからローの連打、ボディと続け、ムエタイ対策では定番の攻撃でパコーンを削る。
 5R、セコンドの「楽しめ」の声に軽快にリズムをとり攻撃が増す哲也。単発で右クロス、くっついてはヒザで見せるパコーンだが、技が続かない。パリーの攻防で哲也のヒジもクリーンヒット。最後にパコーンのミドルをキャッチし、ロー、フック、ローと続け印象付けたところでゴング。
 2-0の判定で哲也が勝ち、世界王座奪取後の連敗から救われる。一流選手のパコーンと技術で渡り合った哲也の今後に期待。パコーンも要所でムエタイトップ選手の動きを魅せ、ムエタイの凄さ、地元名古屋の英雄の対戦相手が強豪であったことは十分に伝わった。


第11試合 セミファイナル EX特別ルール(肘無し) 59.5kg契約 3分3R(延長1R)
×悠矢(大和ジム/WBCムエタイ日本統一スーパーフェザー級王者)
○マキ・ピンサヤーム(タイ/真樹ジムAICHI/MA日本フェザー級王者、元ルンピニー2階級王者)
判定0-3 (27-30/28-30/29-30)

 日本人キラー、元ルンピニー2冠王、MA日本フェザー級王者のピンサヤームと、連勝中の“多団体キラー”WBCムエタイ日本スーパーフェザー級王者の悠矢の対戦。
 1R出だしから一回り大きい体格でプレッシャーをかけジャブ、ローで前に出る悠矢。強いローにピンサヤームがカットしても体が流れ、回転の速い連打を仕掛ける悠矢だが、ガードの中に顔を入れ守りの堅いピンサヤーム。おして終盤、ローに右ストレートを当て大きくバランスを崩す悠矢。
 2Rも右ストレート、左ボデイー、からの右ローと強く早いコンビネーションを当てる悠矢だが、下がりながらも守りの中から縫うようなピンサヤームの左フック、右ストレートが当たり始める。悠矢の蹴り足をつかみ大きくこかせペースをつかみ始める。拍子木の合図で激しく打ち合う両者。体を開いて打つ悠矢に対し顎を引いたピンサヤームの強打が勝るも打たれ強い悠矢は倒れない。

 3R相変らずのスピードの乗った回転の速いパンチ、ローで攻める悠矢だが、守りの堅いピンサヤームはクリーンヒットを許さない。ノーモーションのジャブに出鼻を止められ、離れては前蹴り、くっついては崩しと追撃を許されない。大きな右クロスに会場がどよめくが、打たれ強い悠矢は地元の声援にかまわず前に出る。ラスト十秒の拍子木を合図にまたも激しい打ち合いが始まるがピンサヤームのカウンターがさえ、気の強い悠矢も反撃しゴング。3-0でピンサヤームが日本人キラー健在をアピール。対した悠矢も一流選手の証明は十分にしたであろう。


第10試合 セミファイナル EXルール 68kg契約 3分3R(延長1R)
○大和侑也(大和ジム/WBCムエタイ日本統一ウェルター級王者)
×マキ・ヒンレックファイ(タイ/真樹ジムAICHI/元パットーンスタジアム60kg王者) 
3R 2'43" TKO (ドクターストップ:顔面のカット)

 1R、ムエタイルールばりに様子見の牽制で始まるが、2R、仕掛けたヒンレックファイの隙間をぬった右ひじで侑也がカット。ドクターチェック再開後、怒涛の侑也の攻撃に、ヒンレックファイも応戦。激しいヒジの打ち合いに会場はヒートアップ。今度は両者の流血でドクターチェック。いつストップでもおかしくない流血戦となる。3R、あとのない両者の早々から、またも激しいヒジの振り合い。ラスト17秒で眼下を大きくカットしたヒンレックファイに、危険であるとの判断でドクターストップがかかり、侑也のTKO勝ちとなった。


第9試合 61kg契約 3分3R
○小川 翔(OISHI GYM/元REBELS-MUAYTHAIライト級王者)
×池上孝二(及川道場/シュートボクシング日本スーパーフェザー級(60kg)1位)
判定2-0 (30-29/30-29/30-30)

第8試合 64kg契約 3分3R
○麻原将平(正道会館/RISEスーパーライト級(65kg)3位)
×和真(早川ジム/MA日本スーパーライト級9位)
判定3-0 (30-29/30-28/30-28)
※3R左ミドルで和真に1ダウン

第7試合 女子EXルール(肘無し) 48kg契約 2分3R
○山口友花里(空手道白心会/J-GIRLSミニフライ級王者)
×エミNFC(ナゴヤファイトクラブ)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

第6試合 EXルール 52.163kg契約 3分3R
―大揮(京都野口ジム/元NKBバンタム級3位)
―大崎一貴(OISHI GYM)
1R 2'28" ノーコンテスト
※バッテイングにより大揮がカットし試合続行不可能に
※1R大揮に左フックで1ダウン

第5試合 63.5kg 契約3分3R
○真吾YAMATO(大和ジム/NJKFスーパーライト級10位)
×盛岡直生(真樹ジムAICHI)
判定3-0 (30-25/30-25/30-27)
※1R、2R、盛岡に右ストレートで各1ダウン

第4試合 55kg契約 3分3R
○内藤凌太(ストライキングジムAres)
×伊奈良太(WATANABE GYM)
判定3-0 (30-29/30-29/30-29)

第3試合 EX特別ルール(肘無し) 70.5kg契約 3分3R
×匡YAMATO(大和ジム)
○小原俊之(キング・ムエ)
判定0-2 (29-29/28-30/28-30)

第2試合 58kg契約 3分3R
×大羽理斗(ストライキングジムAres)
○和田隆希(TS GYM)
3R 0'39" 負傷判定0-2 (29-30/29-30/30-30)
※大羽のローブローにより和田が試合続行不可能に

第1試合 65kg契約 3分3R
○エディンホ・ミヤモト(ブラジリアンタイ)
×吉田理玖(練正館)
3R 1'10" KO

オープニング第2試合 58kg契約 3分3R
○山田泰士(早川ジム)
×前田 敦(大和ジム)
判定2-0
※前田が2.05kg計量オーバーでグローブハンデ、減点1

オープニングファイト第1試合 63kg契約 3分3R
×澤谷龍也(士衛塾)
○洋輔YAMATO(大和ジム)
判定0-2 (27-27/27-29/27-28)
※澤谷にグローブの装備不良に警告1、1R・2Rに澤谷に各1ダウン

Home > REPORTS > ホーストカップ > 大和哲也、パコーンとの接戦制す。悠矢、ピンサヤームに判定負け:12.27 名古屋

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
入会金無料!入会月も月謝無料!女性会員は月謝4320円!! レディース・キッズクラスオープン!初心者大歓迎。見学・無料体験随時受付中。是非ご体験ください!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について