Home > REPORTS > HEAT > アレックス・ロバーツ&高木健太がタイトルマッチで勝利:6.8 有明

アレックス・ロバーツ&高木健太がタイトルマッチで勝利:6.8 有明

HEAT 32
2014年6月8日(日) ディファ有明
  レポート&写真:久保与志


第10試合 メインイベント HEATキックルール・ヘビー級タイトルマッチ 3分5R
×プリンス・アリ(イラン/志村道場/王者)
○アレックス・ロバーツ(米国/空柔拳会館/挑戦者、MA日本王者)
判定0-3 (47-48/47-48/47-48)
※ロバーツが新王者に

 1R、ガード高く保ってワンツー、右ミドルで前進するロバーツに対し、アリはバックステップで距離を取りながら、ロバーツが入ってきたところに強烈な右ストレートをヒット。これでロバーツをグラつかせるとパンチの連打を浴びせて攻勢をかける。その後もアリが再三右ストレートをヒットさせ、ラウンド終盤にはボディにバックスピンをめり込ませるなど完全に主導権を握る。記者採点は10-9でアリ。
 2R、パンチを被弾しながらも、ワンツーとミドルで前に出続けるロバーツ。アリは左ジャブを差しながら、ロバーツの蹴りをキャッチして右ストレート狙っていく。ロバーツは蹴りを掴まれても右ミドルを蹴り続け圧力をかけ続ける。記者採点は10-10のイーブン。
 3R、右ローと膝で詰めてくるロバーツに、アリはキャッチからの右ストレートをヒット。互いにジャブを差し合うが、ジャブの精度ではアリが一枚上手で再三顔面を捉える。ロバーツが距離を詰めて右ハイを狙うと、アリも負けじと右ハイを返して応戦する。記者採点は10-9でアリ。
 


 4R、アリはスタミナが切れたか、動き手数共に明らかに落ちてカウンター狙い一辺倒に。ロバーツはプレッシャーを強め、ワンツーと右ミドルでアリをケージ際に追い詰め、右ストレートをヒットしてアリをグラつかせる。ロバーツは下がるアリに右ストレート、さらに膝蹴りと三日月蹴りでボディも攻めて完全にペースを握ってポイントを挽回する。記者採点は9-10でロバーツ、ここまでのトータルスコアは39-38でアリ。



 5R、右ハイ、ミドルで前に出るロバーツに、アリはカウンターで右ストレートを合わせるがロバーツのプレッシャー止められず。ロバーツが金網に追い込んで右ストレートをヒットさせると、完全に腰の落ちたアリはしがみついてダウンを逃れようとするが、こらえきれずにマットに倒れてついにダウン。何とか立ち上がったアリだが、ロバーツは攻め手を緩めずに右ハイや強烈なボディストレートでアリをKO寸前に追い込みタイムアップ。記者採点は8-10、トータルスコア47-48でロバーツ。判定は0-3、5Rにダウンを奪ったアリが序盤の劣勢を覆し、激戦を制してMAに続く二本目のベルトを手にした。




第9試合 セミファイナル HEAT総合ルール・ウェルター級王座決定戦 5分5R
×佐藤洋一郎(グレイシーバッハ東京/パンクラス2位、修斗ミドル級(76kg)世界2位)
○高木健太(リバーサルジム川口REDIPS)
1R 4'59" TKO (レフェリーストップ:右フック)
※高木が新王者に

 1R、サウスポーから左インロー、ミドルを出していく高木に対し、佐藤は以前の対戦でカットされた肘打ちを警戒してか、大きく距離を取って高木が入ってきたところに左フックを合わせていく。共に手数は少なく距離の測り合いが続くが、佐藤が徐々にパンチで前に出始めると、そこからタックルに入る。高木はタックルを切って体を入れ替えるが、佐藤が金網を背にしながらフロントチョークをしかける。レフェリーからキャッチもコールされて極まったかに見えたが、高木は首を抜いて逃れスタンドに戻す。残り時間もわずかとなり、このままラウンド終了かと思われたが、高木が飛び膝で強引に距離を詰めると、右フックをヒット。前のめりにダウンする佐藤に追撃の左ストレートとパウンドを浴びせたところでレフェリーが試合をストップ。高木が会心のTKOでラバーマッチを制し、HEATウェルター級のベルトを腰に巻いた。




第8試合 キックルール スーパーヘビー級 3分3R
○楠ジャイロ(ブラジル/志村道場/J-NETWORKヘビー級王者)
×野尻一樹(レンジャー品川GYM)
1R 2'47" TKO (レフェリーストップ:パンチ連打)

 序盤は両者手数が乏しかったが、中盤を過ぎたあたりから楠が右ボディも交えたコンビネーションでペースアップすると、右オーバーハンドで野尻をグラつかせ、そこからパンチをまとめてダウンを奪う。何とか立ち上がった野尻だが、再び右の強打を浴びてしまい、最後はまともにラッシュを浴びて崩れ落ちるように2度目のダウンを喫したところでレフェリーが試合をストップして楠がTKO勝ちした。


第7試合 総合ルール ミドル級 5分3R
○新村優貴(TEAM CLIMB)
×アンデウソン・サカモト(ブラジル/TOKAI BJJ)
2R 0'54" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

 蹴りからすぐに引き込んで寝技に持ち込むサカモトだが、新村は仕掛けを潰すとリーチ差を活かしてパウンドと肘を入れていく。2Rもサカモトがタックルからすぐに引き込むが、ここは新村が付き合わず。スタンドに戻すと、左右のフックをヒットさせ、たまらずサカモトが亀になり、新村が覆いかぶさるようにしてパウンドを連打すると、サカモトなすすべなくレフェリーが試合を止めた。


第6試合 総合ルール ミドル級 5分3R
○坂下祐介(フリー)
×瀧川リョウ(ドージョーチャクリキジャパン)
1R 2'51" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

 坂下がインローを蹴りながら瀧川を金網際に詰めてテイクダウンを奪うと、ハーフガードからパンチと肘を連打。瀧川はこれに全く対応出来ずに被弾し続け、レフェリーが試合をストップした坂下がTKOで勝利した。


第5試合 総合ルール バンタム級 5分3R
○大石真丈(U-SPIRIT JAPAN)
×じゅん(総合格闘技道場reliable)
2R 2'36" 腕ひしぎ十字固め

 1R、じゅんが大石のタックルを切りながら細かいパンチを入れる展開が続き、ラウンド中盤に大石がバックに回ってグラウンドに持ち込んでも、じゅんがアームロックでめくって上を取り返すなど寝技でも応戦。スタンドに戻るとじゅんが右フック、アッパーをヒットさせて優勢のままラウンドを終える。
 2Rもじゅんが打撃で押していくが、大石はパンチにタックルを合わせてテイクダウンに成功する。じゅんは下から足関節をしかけて上を取るが、大石がバックに回ると、肩と肘を極めるような変わった形の腕十字でじゅんの左腕をロックする。これが極まってじゅんがタップし、大石が劣勢を覆して逆転の一本勝ちを収めた。


第4試合 総合ルール フェザー級 5分3R
○原井 徹(フリー)
×土肥正也(SHINWA MMA ACADEMY)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

第3試合 キックルール スーパーライト級 3分3R
×園田顕悟(園田道場)
○恭士郎(士魂村上塾)
2R 2'01" TKO (レフェリーストップ:右ハイキック)

第2試合 総合ルール フライ級 5分3R
○高野祥之(八景ジム)
×露崎一也(パラエストラ松戸)
1R 1'56" フロントチョーク

第1試合 総合ルール フライ級 5分3R
○金内“サイダー”雄也(グレイシーバッハ東京)
×濵松定司(ERUPT)
1R 1'47" スリーパーホールド

Home > REPORTS > HEAT > アレックス・ロバーツ&高木健太がタイトルマッチで勝利:6.8 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について