Home > REPORTS > HEAT > 金原正徳、バンタム級初戦は快勝。ファビアーノが新王者に:4.8 有明

金原正徳、バンタム級初戦は快勝。ファビアーノが新王者に:4.8 有明

HEAT 22
2012年4月8日(日) ディファ有明
 元SRCフェザー級王者の金原正徳がHEATに初参戦。しかも初のバンタム級に階級に落としての試合だったが、素早い動きでチョークを極め1Rで快勝した。メインではファビアーノ・サイクロンが天田ヒロミを2RでKOしHEATのタイトルを獲得。6月に決まったというWBCムエタイ世界ヘビー級タイトルマッチに弾みをつけた。
  レポート&写真:井原芳徳


第7試合 メインイベント HEATキックルール・ヘビー級(100kg)タイトルマッチ 3分5R
×天田ヒロミ(デジタルスピリッツ/王者)
○ファビアーノ・サイクロン(ブラジル/TARGET/挑戦者・WPMF世界スーパーヘビー級王者)
2R 1'36" KO (右膝蹴り)
※ファビアーノが新王者に

 1R序盤から、天田はフェイントを駆使しながら右のパンチを的確にヒット。左の奥足狙いのローも織り交ぜる。だがHEAT 2戦目のファビアーノも次第に距離感をつかみ、左右のローを天田の前足に集中。右の前蹴りも随所で駆使して天田の突進を止め、じわじわとダメージを与える。
 2Rもローでじわじわと痛めつけると、天田をケージに詰めて「いっぱい練習していた」という右のテンカオをボディに一撃。天田は腹を抱えてダウンし、10カウントギリギリに立ち上がったが、ファイティングポーズを取ろうするもすぐにうずくまり、和田良覚レフェリーがストップ。ファビアーノがKO勝ちで見事タイトル獲得に成功した。
 ファビアーノは「判定で終わると思ってたので、5R戦えるスタミナを作ってた」といい、本人もKO勝ちは意外だった様子。だが「6月にタイでWBCムエタイ世界ヘビー級タイトル(※現王者はアルゼンチン人のCristian Bosch)に挑戦することが決まったので、今日は絶対負けたくなかった」といい、次戦へのモチベーションがKO勝ちにつながったといえそうだ。




第6試合 セミファイナル 総合ルール バンタム級 5分3R
○金原正徳(パラエストラ八王子/元SRCフェザー級王者)
×ジェイク・ハッタン(米国/TEAM AKUMU)
1R 3'14" チョークスリーパー



 開始しばらく、両者ロー、ミドルなど蹴り主体の慎重な攻防が続いたが、ハッタンの左ミドルの直後に金原が左フックと右ストレートを当ててハッタンをダウンさせる。金原は立ち上がろうとするハッタンをタックルで倒し上に。ハッタンはカウンターでフロントチョークを仕掛けてきたが、金原は落ち着いて対処して外すと、ハーフからマウントに移行する。そしてパウンドを落として背中を向けさせると、すぐさまチョークを極めてタップを奪った。




 今回フェザー級からバンタム級に落としての初戦だった金原だが「苦労せず体重を落とせた」といい、「まだ3R動いてないので実際合ってるかどうかまだわかりませんね。この減量を海外のアウェーでできるようになれば理想ですね」と、海外での試合にも意欲を示した。実戦経験の少ないケージでの戦いについても「アメリカではフルサイズのケージで練習できたんで、広々使って動くよう意識しました」といい、特に問題無かったようだ。


第5試合 キックルール 86kg契約 3分3R(延長1R)
○マグナム酒井(士魂村上塾/MA日本ヘビー級王者)
×張山(中国/山東徳州徳泰拳館/CFP.演武堂)
判定3-0 (30-27/30-27/30-28)



 1Rからマグナムがプレッシャーをかけ、右ローを効かせつつ、左ボディフックや右フックも当てて優勢。2Rになるとローを効かされた張山が後退する場面が目立つように。マグナムはハイキックや左ボディでのKoを狙う。コーナーの無いケージ特有の距離の詰め方に手こずり、KOはできなかったものの、ほぼ無傷の圧勝だった。


第4試合 総合ルール フェザー級 5分3R
○吉田幸治(フリー)
×遠藤大翼(和術慧舟會駿河道場)
3R 2'54" TKO (レフェリーストップ:バックマウントパンチ)

 吉田が国体団体優勝の実績もある柔道技を駆使し、遠藤を崩しては変形のフロントチョークで1R、2R共にチャンスを作る。2R終盤、遠藤がゲージに吉田を詰め、右フックの連打でダウンを奪い、レフェリーストップ寸前まで追い込んだが、吉田は脱出。3R、遠藤を左フックでひるませると、グラウンドに引きずり込み、マウントパンチ、バックマウントパンチのラッシュで見事逆転勝ちを果たした。


第3試合 キックルール 57.5kg契約 3分3R(延長1R)
○チャオ志村(タイ/志村道場/元ルンピニー・フライ級王者)
×山浦俊一(B-FAMILY NEO)
判定2-0 (30-29/30-30/30-29)


第2試合 総合ルール ライト級 5分3R
×土肥正也(しんわトータルコンバット)
○大迫元喜(フリー)
判定0-3


第1試合 総合ルール ライトヘビー級 5分3R
○大場慎之介(パラエストラ東京)
×シビサイ頌真(チーム新日本)
1R 1'59" TKO (タオル投入:マウントパンチ)

Home > REPORTS > HEAT > 金原正徳、バンタム級初戦は快勝。ファビアーノが新王者に:4.8 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について