Home > REPORTS > グラップリング > 齊藤曜、佐々木憂流迦を決勝で破りD-NETフェザー級トーナメント優勝:3.1 大森

齊藤曜、佐々木憂流迦を決勝で破りD-NETフェザー級トーナメント優勝:3.1 大森

D-NET GRAPPLING ALL JAPAN CUP
2015年3月1日(日) ゴールドジムサウス東京アネックス
 賞金10万円を賭けた2階級8選手のグラップリングトーナメントを開催。フェザー級(65.8kg)ではパンクラスのランカーの齊藤曜が、決勝でUFCで活躍中の佐々木憂流迦を下す波乱を起こした。ウェルター級(77.1kg)は山田崇太郎が優勝した。
  レポート&写真:井原芳徳



※全試合5分1R

エキスパート フェザー級(65.8kg)


一回戦
×安藤達也(TRIBE TOKYO M.M.A)
○櫻井徹也(DRAGON'S DEN)
レフェリー判定

 2月のGRANDSLAMで活躍し、注目度を高めた安藤だったが、下になった櫻井のアームバーやリバーサルのプレッシャーを防ぐ展開に終始してしまい、印象を悪くし判定負けした。

一回戦
○佐々木憂流迦(和術慧舟會駿河道場)
×高橋了介(リバーサルジム横浜グランドスラム)
3-0

 開始すぐ、高橋の足関に捕まり焦りの表情を浮かべた憂流迦だったが、外して固めると、パスガードでポイントを奪取。アームロックを仕掛けつつポジションをキープし、なんとか初戦を突破した。


一回戦
○平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
×村田卓実(和術慧舟會東京道場)
2-0

一回戦
×榎本 悟(リバーサルジム川口リディプス)
○齊藤 曜(トイカツ道場
2-4


準決勝
×櫻井徹也(DRAGON'S DEN)
○佐々木憂流迦(和術慧舟會駿河道場)
4'59" チョークスリーパー

 憂流迦は序盤から下になって腕十字を狙いに行くが、櫻井はすぐ反応して離れると、逆に上から腕十字を仕掛けチャンス。だが足のフックが不十分で、脱出した憂流迦にリバーサルの2ポイントを取られる。その後、いったん憂流迦は下になり、再びリバーサルで2点を取って4-0にすると、最後は果敢にバックを取りに行き、チョークを極めて終了1秒前にタップを奪った。




準決勝
×平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー)
○齊藤 曜(トイカツ道場)
3'42" フロントチョークスリーパー

 “Theギロチン”こと齊藤は2月1日のパンクラスでコンボイ升水にわず11秒でTKO負け。「ここで勝たないともう2度と(パンクラスに)呼んでもらえないと思った」といい、ルールは違えど、このトーナメントに賭ける思いは人一番強かった。一回戦は「堅くなってしまった」といい、ギロチンやアキレスは極められなかったが、準決勝は引き込んだ平尾に対し、トップからギロチンを仕掛けタップを奪取。試合後は「これがギロチンだ!」と絶叫してリングの中をグルグルと走り回り、観客を沸かせた。




決勝
×佐々木憂流迦(和術慧舟會駿河道場)
○齊藤 曜(トイカツ道場)
0-2

 スタンドでの腕の探りあいの展開から、憂流迦はオンブになってチョークを仕掛けようとするが、齊藤は外して憂流迦をコーナーに押し込み、サバ折りでテイクダウンを奪取し2ポイントを先取。一旦ハーフになり、トップに戻るが、憂流迦の必死のブリッジを潰し続ける。終盤、憂流迦が上になりかけ、齊藤がしがみついてバックを取りかけるような状態が続き、終了のゴングが鳴ると、齊藤は立ち上がって両手を広げ、今度は「ポイントギロチンだ!」と絶叫。憂流迦はまさかの敗戦に苦笑いを浮かべていた。





エキスパート ウェルター級(77.1kg)


一回戦
○世羅智茂(GROUND CORE)
×鈴木JAPAN(AACC)
レフェリー判定

一回戦
×岩崎成敦(ロデオスタイル)
○下石康太(BLOWS)
0-24

一回戦
×吾妻エメルソン(リバーサルジム新宿Me,We)
○菅原和政(マスタージャパン)
2-13

一回戦
×松本崇寿(リバーサルジム立川ALPHA)
○山田崇太郎(総合格闘技津田沼道場)
0-2


準決勝
○世羅智茂(GROUND CORE)
×下石康太(BLOWS)
6-5

 世羅は一回戦同様、開始すぐから下になると、リバーサル2点、バック4点を取り、チョークを極めかけて下石を追い詰める。下石もテイクダウン2点、パスガード3点を取り返して追い上げ、バックを狙いに行くが、世羅は防御。終盤、世羅がギロチンを狙えば、下石もバックチョークを狙い、目まぐるしく両者が動いてスリリングな展開に。ポイントゲームと一本狙いの面白さが融合した好勝負となった。


準決勝
×菅原和政(マスタージャパン)
○山田崇太郎(総合格闘技津田沼道場)
2-10

 山田が引き込むと、コーナーとロープ付近の狭いスペースでもじわじわと動き、リバーサル2点、マウント4点とポイントを先取。菅原も返して2点を取り返したものの、終盤に山田がバックを取って4点を追加し、突き離した。


決勝
×世羅智茂(GROUND CORE)
○山田崇太郎(総合格闘技津田沼道場)
0'49" フロントチョークスリーパー

 準決勝までポイントゲームを制してきた山田だったが、直前にフェザー級準決勝でギロチンで一本を取った齊藤に触発されるかのように、上からギロチンを仕掛け、下になった状態でタップを奪取。「俺もギロチンだ!」と絶叫し、観客を楽しませた。


Home > REPORTS > グラップリング > 齊藤曜、佐々木憂流迦を決勝で破りD-NETフェザー級トーナメント優勝:3.1 大森

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について