Home > REPORTS > GRANDSLAM > 上田将勝、土肥潤との寝技合戦制し判定勝ち:3.19 有明

上田将勝、土肥潤との寝技合戦制し判定勝ち:3.19 有明

GRANDSLAM 4 - WAY OF THE CAGE -
2016年3月19日(土) ディファ有明
  レポート&写真:井原芳徳


第三部・WAY OF THE CAGE


第8試合 メインイベント 63kg契約 5分3R
○上田将勝(パラエストラ東京/パンクラス・バンタム級1位)
×土肥 潤(総合格闘技道場MIBURO)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

 当初、上田はキム・ヨングン(韓国)との対戦が発表されたが、ヨングンが減量および調整中に意識不明となりドクターストップ。大会9日前になり、上田と同じくパンクラスを主戦場とする土肥の代役出場が発表された。
 1R開始すぐから、土肥が前に距離を詰めて上田を倒し、バックマウントを奪って主導権を握る。いったん上田に立たれた後も、しぶとくしがみついて、再びグラウンドに持ち込んでバックをキープ。柔術黒帯のテクニックを存分に披露するが、上田は少しずつ体勢をずらしてアームバーを狙って脱出すると、ギロチンを仕掛けて上に。土肥の首や腕を抱えてコントロールしながら、ボディにパンチや膝を入れて嫌がらせをしつつ、スペースができればパウンドと肘を細かく当て続ける。上田のどの局面でもパウンドを当てる巧さに観客もどよめく。



 2Rも序盤から土肥が突進してくるが、上田を押し込んでも倒しきれず、最終的に引き込んで下に。だが上田がじわじわ動いてバックを取ると、パウンドを細かく当て続け主導権を維持。終盤、土肥は脱出して上になるが、その先の攻めができない。左まぶたから出血が見られる。
 3R、上田が左ミドルを放つと、土肥がタイミングを合わせてタックルを仕掛けるが、上田は潰して上に。アナコンダチョークを仕掛け土肥を追い詰める。極まらないと見るや固執せず外し、すぐさまバックを取ると、2Rと同様にチョークを狙いながらパウンドを随所で当て続け試合終了。上田がらしさを存分に発揮して完勝した。




第7試合 セミファイナル ライトヘビー級 5分3R
○アラン・ボドウ(フランス/マッハ道場)
×ウー・ドンシン(台湾/ウォリアー・マーシャルアーツ)
1R 1'16" TKO (レフェリーストップ:パンチ連打)

 ボドウはMMA 3戦3勝の28歳、ドンシンは8戦4勝3敗1分の41歳。ドンシンはボドウの蹴りに全く反応できず、サウスポーの状態で右のミドル、ロー、前蹴りをもらい続け、最後はボドウの右ハイで後ろにひるんだ後、パンチの連打でマットに沈んだ。


第6試合 74kg契約 5分3R
○岡澤弘太(リバーサルジム横浜グランドスラム)
×イケ“ザ・ビースト”クリス(米国/リバーサルジム沖縄CROSS×LINE)
3R 4'21" 腕ひしぎ十字固め

 1R、岡澤が右ストレートを効かせた後、タックルでテイクダウンを奪い、バックをキープしてチョークを狙い続け主導権。2Rはクリスの左ハイをもらってダウンし、パウンドと肘をもらって反撃を許すが、3Rも序盤からタックルで倒してバックキープすると、残り1分を切ったところで素早い動きで腕十字を極めタップを奪った。




第5試合 フライ級 5分3R
×己吏人(パラエストラ東京)
○松場貴志(ALIVE)
判定0-3 (28-29/27-30/27-30)


第4試合 バンタム級 5分3R
×木暮 聡(リバーサルジム東京スタンドアウト)
○論田愛空隆(心技舘)
判定0-3 (27-30/27-30/27-30)

第3試合 ウェルター級 5分3R
○二ツ森敬浩(R-BLOOD)
×YOSUKE(フリー)
不戦勝 (YOSUKEの計量失格)


第2試合 グラップリング 無差別級 5分2R
○八田 亮(ストライプルオハナ)
×平田純一(STL-OFC)
2R 3'47" フロントチョークスリーパー


第1試合 グラップリング 無差別級 5分2R
△金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA)
△宮田和幸(Brave)
時間切れ

 UFCと契約中の金原がグラップリングで参戦し、昨年末のRIZINで日菜太とミックスルールで対戦して以来の試合となる宮田と対戦。ポイント制は無く、お互い一本を狙うのみのルールで、1Rは宮田が何度もギロチンを狙い主導権。金原は2Rに腕十字を狙うが宮田はすぐ反応して外し、互いに一本は取れず、時間切れドローに終わった。




第二部・GRANDSLAM SURVIVOR


第7試合 ライト級 5分2R
○高橋了介(リバーサルジム横浜グランドスラム)
×ブラック・コンバ(パラエストラ八王子)
1R 0'23" アンクルホールド

第6試合 フェザー級 5分2R
○村津孝徳(ライジングサン)
×渡辺謙明(パラエストラ東京)
判定3-0 (20-18/20-18/20-18)

第5試合 88kg契約 5分2R
○大場慎之助(パラエストラ東京)
×中村邦夫(RISING SUN)
判定2-0 (19-19/20-18/20-18)

第4試合 フライ級 5分2R
○宮城友一(フィット&キック DROP)
×川端祐樹(NEO JUDO ACADEMEY)
2R 4'24" 三角絞め

第3試合 ライト級 5分2R
×小坂井寛(リバーサルジム新宿Me,We)
○モリシマン(和術慧舟會フォーランバス)
判定0-3 (18-19/17-20/18-19)

第2試合 フライ級 5分2R
○中原大輔(総合格闘技ジムmove)
×崎川直起(AACCxスパイダー)
1R 1'16" アームロック

第1試合 63.5kg契約 5分2R
○萩原一貴(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)
×石橋源一郎(SHINWA MMA ACADEMY)
1R 3'36" 腕ひしぎ十字固め


第一部・GRANDSLAM ROYAL


第7試合 バンタム級 5分1R
×木村恵貴(NEO JUDO ACADEMEY)
○赤澤秀輝(リバーサルジム横浜グランドスラム)
判定0-3

第6試合 ウェルター級 5分1R
×石浦良平(リバーサルジム横浜グランドスラム)
○ケンボリー・シウバ(DAMM FIGHT JAPAN)
1R 4'36" 腕ひしぎ十字固め

第5試合 54.4kg契約 5分1R
○北川佳汰(リバーサルジム横浜グランドスラム)
×饒辺直也(グランドスラム APP)
1R 2'45" KO

第5試合 ライト級 5分1R
×村上武誠(K-PLACE埼玉格闘技道場)
○松崎 栄(STL-OFC)
判定1-2

第4試合 ウェルター級 5分1R
○斎藤忠相(リバーサルジム横浜グランドスラム)
×井上 稔(MMA空手道場 鷹)
1R 0'15" KO

第3試合 フェザー級 5分1R
○亀谷昌樹(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)
×河田大知(K-STYLE)
1R 2'42" チョークスリーパー

第2試合 64kg契約 5分1R
○高城光弘(リバーサルジム横浜グランドスラム)
×小林裕太(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)
判定3-0

第1試合 フライ級 5分1R
○小柳津康太(リバーサルジム茅ヶ崎グランドスラムKREW))
×土田一晴(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)
1R 3'33" チョークスリーパー

Home > REPORTS > GRANDSLAM > 上田将勝、土肥潤との寝技合戦制し判定勝ち:3.19 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について