Home > REPORTS > GRACHAN > 大澤茂樹が判定勝ち。島村裕、ローリングサンダー炸裂:2.26 有明

大澤茂樹が判定勝ち。島村裕、ローリングサンダー炸裂:2.26 有明

GRACHAN 28 × BRAVE FIGHT 14
2017年2月26日(日) ディファ有明
  レポート&写真:井原芳徳 (※BRAVE FIGHT の記事はこちら


GRACHAN



第7試合 (株)古橋工業presents フェザー級 5分2R
○大澤茂樹(Honey Trap/GRACHANフェザー級王者)
×大道翔貴(TEAM TED/GLADIATOR武士道フェザー級チャンピオン)
判定3-0 (山崎=大澤/千田=大澤/鬼木=大澤)



 1R、両者サウスポーに構え、大澤が左ボディ、右フックを当てて主導権を握ると、中盤にタックルでテイクダウンを奪取。パウンドと肘を当てる。終盤にスタンドに戻ると、大道もパンチを当て返す。
 2R、打ち合いで少しパンチをもらってしまった大澤だが、すぐタックルに行きテイクダウンに成功。金網際でハーフ、サイドと移行しつつパウンドを当てる。いったんスタンドに戻るが、終盤にも再びタックルでテイクダウンに成功。大道は下で暴れてパンチを当て、必死に反撃し、終了間際に腕十字の体勢になったが時間切れ。なんとか大澤が逃げ切って勝利した。試合後、次回5月14日のディファ大会で大澤が阪本洋平と防衛戦を行うことが正式発表された。




第6試合 (有)コーセーリトルpresents フェザー級 5分2R
○島村 裕(総合格闘技宇留野道場)
×なおKING(OOTA DOJO)
1R 4'34" アームロック

 前に出てくるなおKINGの左フックをもらったり、押し込まれる場面のあった島村だったが、突進に合わせて投げを決める。最初の投げの後にマウントを取った際はすぐ立たれてしまうが、再び投げ飛ばすと、サイドポジションから相手の腕を両足で挟んでから、回転して極める「ローリングサンダー」でタップを奪った。




 マイクを持った島村は「去年タイトル前哨戦の前に怪我したんですけど、それから結構一本で勝っているんで、(大澤との)タイトルマッチ、お願いします」とアピール。GRACHANの岩崎弘幸プロデューサーは「5月、阪本君と決まっているんで年末あたり」と返答した。


第5試合 (株)中丸機工presents フライ級 5分2R
○松場貴志(ALIVE)
×上原佑介(マルワジム横浜/team roia)
判定3-0

 1R、サウスポーの松場が左ストレートで上原をダウンさせると、上から金網に押し付ける状態でパウンドと肘を当て続けて優勢。2R、お互いスタンドで攻めあぐねる状況が続いたが、終盤の打撃戦の後に松葉がトップを取ると、再びパウンドを当て続けて判定勝ちした。


第4試合 泰樹(株)presents  ライト級 5分2R
○能登 崇(ノースキングスジム)
×石原裕基(BLUE DOG GYM)
判定3-0


第3試合 ウェルター級 5分2R
○竹川光一郎(トイカツ道場
×長谷川拓也(リバーサルジム川口リディプス)
1R 4'42" TKO (レフェリーストップ:顔面への膝蹴り)


第2試合 バンタム級 5分2R
×吉田哲之(パラエストラ町田)
○米山千隼(マルワジム横浜)
2R 4'58" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)


第1試合 59㎏契約 5分2R
○己吏人(パラエストラ東京)
×佐々木洋(マルワジム横浜)
判定3-0

Home > REPORTS > GRACHAN > 大澤茂樹が判定勝ち。島村裕、ローリングサンダー炸裂:2.26 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について