Home > REPORTS > グラジエーター > レッツ豪太、中村勇太に判定勝ち。大道翔貴、手塚基伸から白星:6.19 和歌山

レッツ豪太、中村勇太に判定勝ち。大道翔貴、手塚基伸から白星:6.19 和歌山

BODYMAKER presents グラジエーター001 in 和歌山
2016年6月19日(日) 和歌山・ビッグホエール
  記事提供:グラジエーター事務局


第13試合 グラジエーター ウェルター級王者決定戦 5分3R
○レッツ豪太(総合格闘技道場コブラ会/元ウェルター級キング・オブ・パンクラシスト)
×中村勇太(T-REX柔術アカデミー/グラジエーター ミドル級王者)
判定1-2
※レッツが新王者に

 新生グラジエーターの王座決定戦4試合と、同武士道タイトルマッチ、さらに韓国ROAD FCとの対抗戦に加え、関西の若手選手の試合も組まれた今大会。
 メインイベントのウェルター級王座決定戦では、元キング・オブ・パンクラシストのレッツと、福岡の柔術家・中村が激突。パンクラス、HEATを通じて現在3連敗中と後がないレッツは、プレッシャーをかけてくる中村に対し、横に回りながらパンチとローを当て、1ラウンドに右でダウンを奪いペースを握る。以降も下のポジションを強いられる場面もあったが、手堅くテイクダウンとトップキープで判定をものにした。




第12試合 グラジエーター武士道フェザー級タイトルマッチ 5分3R
○大道翔貴(TEAM TED/王者)
×手塚基伸(総合格闘技道場コブラ会/挑戦者、GRACHANバンタム級王者、元HEATバンタム級王者)
判定2-0
※大道が防衛

 セミファイナルの武士道バンタム級タイトルマッチは、波乱ともいえる内容に。王者・大道に挑戦した、GRACHANのベルトを持つ手塚は打撃でペースを掴めず。最終ラウンドに大塚がトップを奪って優勢に。手塚のスイープを許さず判定で王座防衛に成功している。




第11試合 グラジエーター vs ROAD FC 日韓対抗戦 グラジエーター バンタム級王者決定戦 5分3R
○辻川凌平(創道塾/グラジエーター武士道バンタム級王者)
×ユ・ジェナム(韓国/ROAD FC/TEAM FORCE)
3R 4'39" 腕ひしぎ十字固め
※辻川が新王者に

 大会ベストバウトは、バンタム級王座決定戦の辻川vsユ・ジェナム。1ラウンドからユ・ジェナムが右ショートでダウンを奪い、その後も辻川をケージに押し込むが、徐々に距離を保ち始めた辻川が最後はユ・ジェナムのタックルを切って上を取る。パウンドを落としながら腕十字を仕掛けるとガッチリ極まり、ユ・ジェナムはタップを拒否するもレフェリーストップとなった。


第10試合 グラジエーター フライ級王者決定戦 5分3R
○南出 剛(創道塾/グラジエーター武士道フライ級王者)
×原 猛司(毛利道場/ISSHINフライ級王者)
2R 2'39" TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
※南出が新王者に

 フライ級王座決定戦では南出が原を蹴りで寄せ付けず、最後は左ストレートでダウンを奪い、パンチの追撃でTKO勝利した。


第9試合 グラジエーター ライトフライ級(54.4kg)王者決定戦 5分3R
×谷口No-K友康(Team FreeStyle)
○ヤックル真吾(T-REX柔術アカデミー/パンクラス ネオブラッドトーナメント2015 フライ級優勝)
1R 2'16" TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ)
※ヤックルが新王者に

 ヤックルが谷口をテイクダウン、マウントからのパンチ連打でレフェリーストップを呼び込んでベルトを巻いた。
 
 なお、新生グラジエーターの櫻井裕一郎代表は、今回の和歌山を皮切りに、全国的に大会を開催したいという意向を示しており、第2回大会の発表が待たれる。




第8試合 グラジエーター vs ROAD FC 日韓対抗戦 ウェルター級 5分2R
×黒田好治(創道塾/元グラジエーター武士道ミドル級王者)
○キム・ソクモ(韓国/ROAD FC/TEAM FORCE)
1R 1'58" TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第7試合 フライ級 5分2R
○横溝和也(創道塾/元グラジエーター武士道フライ級王者)
×前田慎次郎(総合格闘技 闇愚羅)
1R 4'41" TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

第6試合 バンタム級 5分2R
△中澤伸悟(パラエストラ大阪)
△山口 翔(TEAM BANANA)
判定1-0
※2Rグラウンド状態での頭部への蹴りの反則により中澤にイエローカード

第5試合 フライ級 5分2R
○加マーク納(総合格闘技道場コブラ会)
×宮城友一(DROP)
判定3-0

第4試合 フェザー級 5分2R
○渡辺智史(CB IMPACT)
×川端和哉(和術慧舟會バーモス/元グラジエーター・フェザー級王者)
判定3-0

第3試合 バンタム級 5分2R
○草信孝謙(TEAM TED)
×矢野悠祐(GHS)
1R 2'31" 三角絞め

第2試合 バンタム級 5分2R
○辻川力也(創道塾)
×鈴木崇豊(和術慧舟會バーモス)
1R 1'50" 三角絞め

第1試合 フェザー級 5分2R
×伊藤風童(総合格闘技 闇愚羅)
○吉野剛腕タイキ(灘 柔心館)
2R 1'36" チョークスリーパー

Home > REPORTS > グラジエーター > レッツ豪太、中村勇太に判定勝ち。大道翔貴、手塚基伸から白星:6.19 和歌山

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について