Home > REPORTS > DREAM > 高谷、接戦の末防衛。所がバンタム級日本T制す:7.16 有コロ

高谷、接戦の末防衛。所がバンタム級日本T制す:7.16 有コロ

FIGHT FOR JAPAN - DREAM JAPAN GP FINAL ~2011バンタム級日本トーナメント決勝戦~
2011年7月16日(土) 有明コロシアム
 DREAMフェザー級王者・高谷裕之は、6連勝中の挑戦者・宮田和幸に再三押し込まれ苦戦したが、判定2-1で王座初防衛。バンタム級トーナメントは所英男が今成正和を判定で下し優勝を果たした。
  レポート&写真:井原芳徳


第8試合 DREAMフェザー級タイトルマッチ 1R10分・2R-3R5分
○高谷裕之(高谷軍団/王者)
×宮田和幸(BRAVE/挑戦者)
判定2-1 (足立=高谷/ヒューム=宮田/小路=高谷)
※高谷が初防衛

 1R、宮田が組み付いてテイクダウンを狙い続けるが、高谷は防御。宮田が右ハイを当てるが、バランスを崩し、高谷が上になる。パウンドを少し当てるが、長く続かず膠着ブレイク。宮田が左フックを当てた後、テイクダウンに成功し、マウントを奪う。だがバランスが悪いためスタンドに戻され、その後も高谷をコーナーに押し込んでは膠着する展開が繰り返される。
 2Rも宮田が高谷を押し込んで膠着する展開の繰り返し。中盤からパンチとローで打ち合う場面が増え、高谷は右まぶたを腫らすが、宮田も時折構えをスイッチし、足にダメージを負った様子だ。
 3R開始早々、宮田はカポエイラのような逆立ち蹴りを当て、奇襲を試みるが、以降はこれまでのラウンド同様、押し込んではブレイクの繰り返し。得意のジャーマンスープレックスを一度も決められないどころか、テイクダウンもなかなかうまくいかない状態だ。高谷も決め手に欠く試合展開だが、離れればパンチで前に出て、終了間際にはテイクダウンを奪取しパウンドを落とす。ジャッジの難しい試合となり、判定は割れたが、高谷が2票を獲得し、かろうじて初防衛に成功した。




第7試合 DREAMバンタム級日本トーナメント決勝戦 1R10分・2R5分
○所 英男(リバーサルジム武蔵小杉 所プラス)
×今成正和(Team ROKEN)
判定3-0 (ヒューム=所/足立=所/都鳥=所)
※所が日本トーナメント優勝

 今成は飛び膝や飛び蹴りでコンタクトし、そこからサブミッションを狙う恒例のパターン。所はしっかり防御し、上になってからも深追いせず、今成の下からの動きを潰す。2Rには立ち上がり際にパウンドをヒット。残り時間が半分を過ぎると、距離を詰めて来た今成に右のフックを的確にヒットさせる。残り1分半過ぎ、今成が下から裏アキレス腱固めを仕掛けるが、所は体を回転させて防御し、逃げ切りに成功。判定勝ちでトーナメントを制した。



 敗れたものの、9月から開幕予定のDREAMバンタム級GP(8選手出場)にエントリーしている今成は「今日は完敗しちゃったけど、トーナメントに出れるみたいなんで、練習してやり返したい」と意気込み。所は「優勝してもまだ終わりじゃないんで、もう一回決勝で今成さんと戦いたい」と今成にエールを送った。


第6試合 DREAMライトヘビー級タイトルマッチ 1R10分・2R-3R5分
○ゲガール・ムサシ(オランダ/チーム・ムサシ/王者)
×泉 浩(プレシオス/挑戦者)
1R 3'29" TKO (タオル投入:スタンドパンチ連打)
※ムサシが初防衛

 右フックとバックブローの空振りを続ける泉の動きを見切ったムサシは、1分過ぎから左ジャブを連続ヒットさせ、泉は鼻血。泉のタックルも簡単に切ると、右フックでダウンを奪う。パウンドラッシュで仕留めに行くと、泉は立ち上がったが、ロープの外に上体が出てしまい、背中を
向けたままムサシのパンチを浴び続けたところでタオルが投入された。無傷で初防衛に成功したムサシは「今年も大晦日の大会に出たい。DREAMがかつてのPRIDEのように栄えることを祈っています」とマイクで語った。


第5試合 ライト級 1R10分・2R5分
○川尻達也(T-BLOOD)
×ドリュー・フィケット(米国/チーム・スクラブ)
1R 4'41" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

 川尻が右ローを連打してフィケットを下がらせた後、タックルからテイクダウンに成功。ハーフガードからパウンドと鉄槌を連打し、フィケットにダメージを与える。いったんマウントになったが、不安定なためハーフに戻ると、再びパウンドを連打したところで島田レフェリーがストップ。4月のストライクフォースのメレンデス戦での敗戦後の再起戦を白星で飾った。



第4試合 DREAMバンタム級日本トーナメント 3位決定戦 1R10分・2R5分
○大沢ケンジ(和術慧舟會HEARTS)
×藤原敬典(秋本道場ジャングルジャンクション/チームZST/ZSTバンタム級王者)
判定3-0 (足立=大沢/小路=大沢/ヒューム=大沢)

 1R序盤から、大沢がタックルでテイクダウンを奪うと、じわじわとポジションを移動させ、マウントを奪取。肩固めを極めてチャンスを作る。極まりが浅く逃げられたものの、再びタックルで上になりマウントへ。その後ブレイクがかかるが、終盤にもマウントを奪って肩固めでチャンスを作る。2Rも大沢が簡単にテイクダウンを奪い続け、危なげなく完勝。日本トーナメント3位入賞を果たすとともに、DREAMバンタム級GPへの出場権を獲得した。



第3試合 ライトヘビー級 1R10分・2R5分
○水野竜也(フリー)
×トレヴァー・プラングリー(南アフリカ/アメリカン・キックボクシング・アカデミー)
1R 4'41" KO (左膝蹴り)

 サウスポーの水野が右ローや左フック、オーソドックスのプラングリーが右フックや右ボディをヒット。水野が左のテンカオを放ち出すと、次第にヒットするようになり、3発目がプラングリーの脇腹にクリーンヒットし、見事ノックアウト勝ちを果たした。



第2試合 79kg契約 1R10分・2R5分
○マリウス・ザロムスキー(リトアニア/ロンドン・シュート・ファイターズ/MMAブシドー/DREAMウェルター級王者)
×石川英司(GRABAKA/パンクラス・ウェルター級1位)
判定3-0 (木村=ザロムスキー/小路=ザロムスキー/足立=ザロムスキー)

 1R、ザロムスキーは序盤から積極的にパンチをヒット。石川のタックルを潰すと、パウンドや膝を当てて石川を苦しめる。ラウンド後半にはカウンターの右フックや左の飛び膝をヒット。2Rもパウンドを連打し攻勢をキープ。試合後もバック転を5連発して会場を湧かせた。試合後は直前のオファーを受けた石川を讃え、「桜井マッハ選手が怪我から回復したら対戦したい」と語った。



第1試合 ライト級 1R10分・2R5分
○光岡映二(フリー)
×ブルーノ・カルバーリョ(ブラジル/CMシステム)
判定3-0 (小路=光岡/足立=光岡/芹澤=光岡)

 光岡が1R、2Rともにマウントを奪い、1Rにはアキレス腱固めでチャンスを作るなど攻勢をキープ。テイクダウンを狙うたび、カルバーリョにギロチンを仕掛けられるも、難なく防御。一本は奪えなかったが、光岡がDREAM初戦を無事突破した。

Home > REPORTS > DREAM > 高谷、接戦の末防衛。所がバンタム級日本T制す:7.16 有コロ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について