Home > REPORTS > DREAM > ビビアーノ初防衛。ジョシュ、長南、菊野が白星

ビビアーノ初防衛。ジョシュ、長南、菊野が白星

DREAM.13
2010年3月22日(月/祝) 横浜アリーナ
 前DREAMライト級王者のヨアキム・ハンセンが階級を落とし、ビビアーノ・フェルナンデスの持つフェザー級王座に挑戦。寝技は封じたものの、テイクダウンを許し続けたことが災いした。ジョシュ・バーネットは不完全燃焼ながらもDREAM初戦を突破。ライト級では菊野克紀が得意の三日月蹴りからのコンビネーションで弘中邦佳を撃破した。
  レポート&写真:井原芳徳


第7試合 DREAMフェザー級(63kg)タイトルマッチ 1R10分・2R5分
○ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル/レボリューション・ファイトチーム/王者)
×ヨアキム・ハンセン(ノルウェー/フロントライン・アカデミー/挑戦者)
判定2-1 (ヒューム=フェルナンデス/三宅=ハンセン/礒野=フェルナンデス)
※フェルナンデスが初防衛

 開始まもなく、ビビアーノがハンセンの意表を突く右ハイから、飛び膝で奇襲を仕掛けると、タックルを仕掛けてテイクダウンに成功。素早くパスガードを狙いに行くが、ハンセンは長い足を効かせて突き放し、下からの蹴り上げのプレッシャーをかけながらスタンドに戻す。



 以降も基本的にはこの攻防の繰り返し。スタンドでビビアーノが右ストレート、ハンセンが左ミドル、インロー、右アッパーを当てる場面もあったが、大きく流れは傾かない。完全にビビアーノは得意パターンを読まれ、まともにパスガードに成功したのは2R最後の場面ぐらい。判定は割れたが、トータルで6回ほどテイクダウンし、ゲームを作り続けたビビアーノが票を多く獲得し、王座防衛に成功した。




第6試合 ヘビー級 1R10分・2R5分
○ジョシュ・バーネット(米国/CSW/パンクラス/パンクラス無差別級王者)
×マイティ・モー(米国/フリー)
1R 4'41" アームロック

 開始間もなく、モーがカウンターの左フックをヒット。ジョシュは尻餅をついてダウンしたが、ダメージは小さく、すぐさまタックルで組み付いて防御し、ロープまで押し込んでテイクダウンを狙う。だがモーがロープに腕を引っ掛けたことで倒すことができず、ブレイクがかかる。モーにペナルティは無い。



 離れて打撃戦になると、前蹴りの相打ちでジョシュの蹴りがモーの股間に直撃。ダメージが大きく、モーは半ば戦意喪失状態だったため、審判団と主催者が続行か中止かを協議するほどだったが、10分ほどして再開。場内は拍手に包まれる。ジョシュにイエローカード1枚が出される。
 再開したものの、モーに最初のような勢いは無し。ジョシュのプレッシャーに押され、右の膝蹴りをもらうと動きが止まる。最後はジョシュが組みついて上になり、すぐさまアームロックを極めてタップアウト。勝ったものの、ジョシュは「ゴメンナサイ」と日本語でファンに反則を詫びた。




第5試合 ライト級 1R10分・2R5分
○KJ・ヌーン(米国/シティ・ボクシング)
×アンドレ・ジダ(ブラジル/ユニバーシダデ・ダ・ルタ)
判定3-0 (ヒューム=ヌーン/足立=ヌーン/礒野=ヌーン)

 近年はボクシングの試合中心だったヌーンが、左ジャブでプレッシャーをかけつつ、左ボディや右フックを度々当て優勢。ジダも序盤こそローを当てていたが、次第に手数が減る。回し蹴り等の奇襲も不発に終わる。最後までスタンドだけの試合となり、優勢をキープしたヌーンが初来日で勝利をもぎ取った。


第4試合 ウェルター級 1R10分・2R5分
○長南 亮(Team M.A.D.)
×アンドリュース・ナカハラ(ブラジル/極真会館)
判定3-0 (ヒューム=長南/都鳥=長南/小路=長南)

 1R、コーナー際での打ち合いの後にナカハラがスリップ。下から三角絞めやギロチンを狙うが、長南は落ち着いて外すと、ハーフガードの状態でナカハラの片腕の動きを封じながらパウンドを落としつづける。ガードに戻されブレイクがかかった後も、長南が左フックを当てるなど攻勢。終盤にナカハラの左のインローがローブローとなり、長南は悶絶するが、残りタイムが少ないこともあって、さほど休憩は取らずに試合を続ける。
 2R、ようやくナカハラが右のフックをきっかけに、パンチと膝のラッシュで長南を追い詰めるが、長南はタックルでテイクダウンしてピンチを脱出。ハーフからマウントポジションに移行し、パウンドをコツコツと落とす。ナカハラは下からしがみついたまま終了のゴングを聞く。判定は長南。ナカハラも成長ぶりを見せたが、総合格闘技の経験差を埋めることができなかった。


第3試合 フェザー級 1R10分・2R5分
×前田吉朗(パンクラス稲垣組)
○コール・エスコベド(米国/パシフィック・マーシャルアーツ)
1R 2'29" KO (左ハイキック)

 リーチではエスコベドだが、吉朗が伸びのある右アッパーや右フックをうまく当て先手。パンチの連打から飛び膝という得意のコンビネーションも見せ、快調な滑り出しのようにも見えたが、偶然のサミングで吉朗が目を気にするようになると、距離感とリズムが狂い出す。コーナーに詰められたエスコベドが右ローを当てると、吉朗は前方へバランスを崩す。するとすぐさまエスコベドが放った左ハイの先端が吉朗のアゴにクリーンヒットし、吉朗は両腕を前に伸ばしたままノックアウト。衝撃的な決着だった。


第2試合 ライト級 1R10分・2R5分
○菊野克紀(ALLIANCE/DEEP同級王者)
×弘中邦佳(マスタージャパン/ケージフォース同級王者)
1R 1'26" KO (右フック)

 開始間もなく、菊野得意の三日月蹴りが弘中のレバーに炸裂。ロープ際まで飛ばされた弘中に、菊野は右フックもクリーンヒットさせる。弘中は組み付いて防御しテイクダウンを狙うが、菊野の右手がロープに引っかかり、テイクダウンできずブレイクがかかる。




 その後も数度、弘中がテイクダウンを狙うが、菊野はことごとく防御。そして再び三日月蹴りをクリーンヒットさせると、動きの止まった弘中に左フックの2連打と右フックをクリーンヒット。意識を失って倒れた弘中に追い討ちの鉄槌も綺麗に叩き込んだところでレフェリーストップがかかった。菊野の必勝パターンが完璧にハマる内容に。ライト級トップ集団の青木・川尻へさらに一歩近づいた。


第1試合 無差別級 1R10分・2R5分
○ミノワマン(フリー)
×ジミー・アンブリッツ(米国/トッド・メディーナ・フリースタイル柔術アカデミー)
2R 2'42" 足首固め



 ミノワマンのタックルをアンブリッツが潰すと、バックをキープしながらコツコツとパンチをヒット。だがガードポジションに戻されてブレイクがかかると、ミノワマンが左右のフックと員ローを当てて反撃。アンブリッツはなかなか攻撃を出せない。2R中盤、アンブリッツがタックルで上になり、マウントからバックマウントに移行しようとしたが、ミノワマンはすぐにマットに落として上のポジションに。最後はお得意の足関を仕掛け、タップを奪った。

Home > REPORTS > DREAM > ビビアーノ初防衛。ジョシュ、長南、菊野が白星

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について