Home > REPORTS > DREAM > アリスター、エディ、桜庭が初ケージ大会で快勝

アリスター、エディ、桜庭が初ケージ大会で快勝

OLYMPIA DREAM.12
2009年10月25日(日) 大阪城ホール
 K-1ワールドGP決勝戦に残っているアリスター・オーフレイムは、無傷のままトンプソンをギロチンで秒殺。ライト級のエディ・アルバレス、フェザー級の前田吉朗は、王座戦線復帰に向け一本勝ちでアピールした。膝十字で一本勝ちした桜庭和志は、初採用の六角形ケージの中で一際喝采を浴びた。
  レポート&写真:井原芳徳


アリスター×トンプソン

第9試合 ヘビー級 5分3R
○アリスター・オーフレイム(オランダ/ゴールデン・グローリー/115kg)
×ジェームス・トンプソン(イギリス/ロンドン・シュートファイターズ/126kg)
1R 0'33" フロントチョークスリーパー

 トンプソンの突進をバックステップでかわし続けたアリスターは、飛び膝の奇襲。これはトンプソンにかわされ、フェンスに押し込まれてしまったが、アリスターは落ち着いて得意のギロチンを極める。トンプソンは持ち上げて逃れようとしたが、さらに極まりが深くなりタップアウト。来月のK-1ワールドGPに向け、ノーダメージでDREAMの試合をクリアすることに成功した。


菊野×アルバレス

第8試合 ライト級 5分3R
○エディ・アルバレス(米国/ファイトファクトリー)
×菊野克紀(日本/ALLIANCE/DEEPライト級王者)
2R 3'42" 肩固め

 1R、アルバレスがタックルで菊野をフェンスに押し込むが、菊野は両脇を抱え込んでのネックロックを極める。アルバレスは2分ほど耐えて脱出したが、しばらく右肩に違和感があるような動きを続け、パンチが打てなくなる。すると菊野が得意の三日月蹴り(左前蹴り)を炸裂させるが、アルバレスは倒れない。次第に打ち合いの場面が増えてくると、菊野のガードの隙間を突いてアルバレスの左フックがヒットしだすように。アルバレスのタックルは切りつづけた菊野だが、なかなか思うような試合運びができない。
 2Rもアルバレスが主導権。菊野の膝蹴りに合わせて、右フックを当てたり、タックルを仕掛けてテイクダウンを奪うように。菊野が脱出しようとすれば、カウンターでギロチンを仕掛けてみせる。いったんスタンドに戻るが、菊野は有効打を出せず再びアルバレスがタックルで上に。最後は肩固めで一本を奪った。
 マイクを持ったアルバレスは「またDREAMに戻ってきます。その時はライト級のタイトルマッチをやって、チャンピオンになります」とアピール。青木からの王座奪取とリベンジを誓った。

アルバレスの肩固めアルバレスのマイク


ザロムスキーの左ハイ
第7試合 ウェルター級(ノンタイトル戦) 5分3R
○マリウス・ザロムスキー(リトアニア/ロンドン・シュートファイターズ/DREAMウェルター級王者)
×ペ・ミョンホ(韓国/CMA KOREA)
1R 0'19" KO (左ハイキック)

 ザロムスキーはゴングと同時に飛び膝で距離を詰める。ミョンホは離れて右ハイを放つが、ザロムスキーは難なく防御すると、お返しとばかりに左ハイ。ミョンホはブロックするがそれでも効いてしまい、真後ろに倒れノックアウト。ウェルター級GPを制覇した技で今度は秒殺劇を展開したザロムスキーは「Dynamite!!でまた素晴らしいハイキックをお見せします」とマイクでアピールした。


桜庭×弁慶

第6試合 85kg契約 5分3R
○桜庭和志(日本/Laughter 7)
×ゼルグ“弁慶”ガレシック(クロアチア/ロンドン・シュートファイターズ)
1R 1'40" 膝十字固め

 開始まもなく、桜庭が低空タックルでテイクダウンに成功すると、ポジションをキープせず一気にアキレス腱固めへ。苦悶の表情を浮かべながらも弁慶は上体を浮かし、背後から桜庭の頭部にパンチを連打する。何発ももらいながらも桜庭は足を捕まえたまま耐えつづけ、膝十字に移行すると弁慶がタップアウト。久々に実力者相手に一本を奪った桜庭に、大阪のファンはこの日一番の拍手と歓声を送った。
 マイクを持った桜庭は「今日はいっぱいいっぱいでした。たまたま勝てました。弁慶選手はまだまだ若いので、これから伸びる選手だと思います」と、しばらく立ち上がれなかった弁慶を讃え続けた。


柴田の左フックが炸裂

第5試合 ミドル級 5分3R
×石澤常光(日本/フリー)
○柴田勝頼(日本/Laughter 7)
1R 4'52" TKO (レフェリーストップ:左フック)

 パンチの打ち合いとフェンスを背にした差し合いの攻防が繰り替えされるが、ラウンド終盤の集中力が途切れかける場面で、柴田がカウンターの左フックをクリーンヒット。サイドから追い討ちのパウンドを連打したところでレフェリーがストップした。


ユン×サフィジーヌ
第4試合 ミドル級 5分3R
○ユン・ドンシク(韓国/チーム・ユン)
×タレック・サフィジーヌ(ベルギー/チーム・クエスト)
判定2-1 (都鳥=サフィジーヌ/小路=ユン/大橋=ユン)

 2R、ドンシクがバックからチョークを狙い続けてチャンスを作る。だが3R、バテたドンシクに対してサフィジーヌがパンチで前に出て反撃。ジャッジの評価は割れ、ドンシクが勝利した。


前田×ビービ

第3試合 フェザー級(63kg) 5分3R
○前田吉朗(日本/パンクラス稲垣組)
×チェイス・ビービ(米国/HITスクワッド)
1R 3'36" チョークスリーパー

 開始すぐから、吉朗がサウスポーの構えからの左ハイやミドルを連打して主導権。蹴り足を捕まれて下になった後も、フェンスを背にしながら立ち上がり、WECでの経験を活かす。ビービもギロチンでチャンスを作るが、吉朗は落ち着いて対処して上に。パウンドをラッシュし、ビービが背中を向けて脱出しようとした隙を突き、バックを取ってチョークを極め、元WEC王者から見事タップを奪った。
 ケージの上によじ登りマイクを持った吉朗は「次、俺の試合をどこで見たいですか?大晦日?誰でもいいからやったります。来年、僕がビビアーノを撃ちにいきますんで」と、DREAM王者への挑戦を目標に掲げた。


第2試合 ライト級 5分3R
○弘中邦佳(日本/マスタージャパン/ケージフォース・ライト級王者)
×パーキー(韓国/CMA KOREA)
1R 終了時 TKO (タオル投入)

弘中×パーキー目のふさがったパーキー

 スタンドで両者スピードのあるローとパンチを放つが、テコンドーのベースがあるパーキーが、カウンターと右フックと左のテンカオでチャンスを作る。しかし弘中は大きな試合スペースを活かして距離を取りながら体力を回復させると、右のジャブをお返し。するとラウンド終了後、パーキーが左目が見えなくなったとセコンドに訴え、タオルが投入される。弘中はこれからという場面での突然の決着にガックリしていたが、ケージフォースの試合同様、パンチの破壊力を印象づける結果となった。


藤原×宮下
第1試合 フェザー級 5分3R
×藤原敬典(日本/秋本道場ジャングルジャンクション / チームZST/ZSTバンタム級(60kg)王者)
○宮下トモヤ(日本/パワーオブドリーム)
判定0-3 (都鳥=宮下/小路=宮下/足立=宮下)


ケージ全景

Home > REPORTS > DREAM > アリスター、エディ、桜庭が初ケージ大会で快勝

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について