Home > REPORTS > DEEP JEWELS > ライト級王座決定戦は魅津希×富松恵美に。ハム・ソヒが防衛:11.4 新宿

ライト級王座決定戦は魅津希×富松恵美に。ハム・ソヒが防衛:11.4 新宿

DEEP JEWELS 2 ~第2代DEEP JEWELSライト級王座決定GP 1回戦~
2013年11月4日(月/祝) 新宿フェイス

  レポート&写真:井原芳徳


第8試合 第2代DEEP JEWELSライト級(52kg)王座決定GP 1回戦 5分2R
×長野美香(CORE) 
○富松恵美(パラエストラ松戸)
判定0-3

 ライト級王座は浜崎朱加(AACC)が怪我の治療に専念することを理由に返上。9月28日の抽選会で富松が長野を相手に選んだ。両者は3月の新木場大会で戦い長野が判定勝ちしているが、今回は富松のワンサイドゲームとなる。



 1R、スタンドの展開で、サウスポーの長野に対し、富松が右のストレートを随所で的確にヒット。合間にコーナーでの差し合いとなるが、どちらもテイクダウンを許さない展開が続く。
 2Rに入ると長野は富松のプレッシャーを前にやや疲れてきた様子を見せ、富松をロープに押し込んで右の膝を一発ボディに当てたが、その足の上がった隙を逃さず富松がテイクダウンに成功。ハーフガードで押さえ込み、鉄槌とパウンドをコツコツと落とす。長野のアームロックの仕掛けも難なく防御すると、外した直後にバックマウントを奪いチョークを仕掛けてチャンス。最後は下になったが三角絞めを狙って長野の反撃を封じ、文句なしの判定勝ちで長野へのリベンジと決勝進出を果たした。




第7試合 第2代DEEP JEWELSライト級(52kg)王座決定GP 1回戦 5分2R
○魅津希(空手道白心会) 
×藤野恵実(和術慧舟會GODS)
判定3-0

 魅津希は高1の2010年7月、J-GIRLSでのプロキックデビュー戦で戦ったのが藤野で、ジャッジ3者とも30-27とつける形で魅津希が完勝している。両者とも3年間で数多くの修羅場をくぐり抜け、3年前とは別人といっていいぐらいの成長を遂げた。
 1R、スタンドの展開で魅津希がワンツーのコンビネーションを当てるが、打ち終わりに藤野もパンチを返して右のローにつなぐパターンで応戦。スタンドでは互角の展開が続いたが、終盤に魅津希が差し合いの攻防から引きこむと、下から腕十字を狙い好印象を残す。



 2Rもスタンドでなかなか均衡が崩れなかったが、クリンチの展開で魅津希が空手仕込みの左のローや右のアッパーを駆使。離れると右ストレートもヒットも増え、藤野が鼻血をうっすらと出すように。藤野のタックルを切って突き放し、終盤の藤野のパンチラッシュも落ち着いてブロックして試合終了。圧勝とまではいかないまでも、魅津希がきっちり好印象を残すファイトで勝利し、決勝に駒を進めた。



 富松の勝利後は魅津希もリングに上がり「ここまで来たからには絶対にベルトを取りたいです」と決勝への抱負を語った。富松は「長野選手にリベンジできて自信になりました。魅津希選手は一回り若いんで、コラーゲンをいっぱい取ります」とマイクアピールで笑いを取り、「ベルトを取って必ずチャンピオンになります」と宣言した。


第6試合 DEEP JEWELSフェザー級(48kg)タイトルマッチ 5分3R
○ハム・ソヒ(韓国/CMA KOREA/王者)
×サダエ・マヌーフ(総合格闘技道場コブラ会/挑戦者)
判定3-0
※ソヒが初防衛



 サダエは8月の新宿大会での挑戦者決定戦でセリーナに判定勝ちし挑戦権を獲得した。1R、ソヒが先にテイクダウンを奪い、バックマウントを取りに行き攻勢。サダエはスタンドに戻すが、両者サウスポーの構えの展開でソヒがパンチと右ハイを的確に当てて優位を維持する。2Rもソヒがタックル際の小攻防でもつれてバックに回ると、腕十字を極めてギブアップ寸前までサダエを追い詰める。



 ソヒのワンサイドゲームといった様相だったが、サダエは耐えて外すと、上になってバックに回り、チョークを狙って反撃。ラウンド終盤にはアキレス腱固めの奇襲でソヒを脅かす。3Rも序盤にソヒの右の蹴りをすくってすぐさまバックマウントを奪ってチョークを極めて大逆転のチャンスを作るが、ソヒはポイントをずらして脱出。ソヒはスタンドに戻るとパンチと蹴りでサダエに反撃する。1Rはソヒ、2Rはドロー、3Rはサダエのラウンドとなり、トータルに見ればドローに近い内容だったが、マスト判定でよりフィニッシュに近づいたソヒに軍配。辛うじて王座防衛に成功した。




第5試合 フェザー級 5分2R
○スギロック(和術慧舟會AKZA/元JEWELSフェザー級女王)
×吉田正子(FIGHT CHIX)
判定3-0



 1R、スギロックがパンチの連打から吉田をコーナーに詰めてテイクダウンに成功するとそのままマウントポジションに。パウンドのラッシュでレフェリーストップ寸前まで追い詰める。2Rもテイクダウンを奪い続け主導権。終盤には右ストレートで豪快にダウンを奪い、文句なしの判定勝ちで王座奪還へ前進した。


第4試合 53kg契約(パウンド無し) 5分2R
×杉本 恵(AACC)
○藤森祥子(Brightness門馬道場)
判定1-2



 前回8月大会でデビューし勝利した選手同士の戦い。開始すぐ、藤森がパンチのラッシュで杉本をぐらつかせ、タックルに来た杉本を下から捕まえての腕十字でもチャンスを作る。以降は杉本が度々得意のタックルからテイクダウンを奪い主導権を握るが極めあぐねる状況が続き、最初の攻勢が評価された藤森が勝利となった。


第3試合 フェザー級 5分2R
○関友紀子(FIGHT CHIX)
×♂ha@THE♀(パラエストラ柏)
判定3-0


第2試合 グラップリング ライト級 4分2R
×小寺麻美(リバーサルジム川口リディプス)
○三浦彩佳(TRIBE TOKYO M.M.A)
判定1-2


第1試合 フェザー級(パウンド無し) 5分2R
×谷山尚未(和術慧舟會HEARTS)
○臼井 環(リバーサルジム川口リディプス)
判定0-3

Home > REPORTS > DEEP JEWELS > ライト級王座決定戦は魅津希×富松恵美に。ハム・ソヒが防衛:11.4 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ