Home > REPORTS > DEEP > 上迫博仁、住村竜市朗、ロッキー・マルティネスが新王者に:7.15 後楽園

上迫博仁、住村竜市朗、ロッキー・マルティネスが新王者に:7.15 後楽園

カー・エイドpresents DEEP CAGE IMPACT 2017 in KORAKUEN HALL
2017年7月15日(土) 後楽園ホール
 DEEPフェザー級王座決定戦では上迫博仁と石司晃一が一進一退のパンチの攻防を繰り広げたが、3Rに上迫がサッカーボールキックで激闘に終止符。ウェルター級王座決定戦はバッティングでフィニッシュした可能性があるため正式な裁定は保留となったが、規定により住村竜市朗が新王者に認定された。
  レポート&写真:井原芳徳


第8試合 DEEPウェルター級王座決定戦(DEEPウェルター級GP決勝) 5分3R
×長谷川賢(フリー/元DEEPメガトン級(+100kg)王者/77.1kg)
○住村竜市朗(フリー/77.1kg)
1R 3'48" 事故判定0-3 (福田=住村/梅木=住村/芹沢=住村/小池=ドロー/梅田=ドロー)
※住村が新王者に
※フィニッシュ直前に偶発的なバッティングが発生した可能性があるため、当日の正式な裁定は見送られた。後日、ビデオ検証の結果、バッティングが認められ、事故判定により住村が正式な勝者となった。審判代の説明はこちらの記事参照

 昨年10月からスタートした8選手参加によるDEEPウェルター級GP。3月の後楽園の準決勝で長谷川は片平“なぎさ”吉幸を1R左ミドルでKOし、住村は奥野“轟天”泰舗に判定勝ちし、決勝に駒を進めた。GP開幕時から、優勝者の位置づけのはっきりしない状態だったが、UFC参戦中の中村K太郎が今大会の直前にウェルター級王座を返上し、第9代王座決定戦として行われることになった。



 長谷川は準決勝同様にシューズを履き、左肩をテープで固めた状態。住村の右足の親指の周りをテープで固めており、お互い万全とは言い難い様子だ。1R、長谷川がサウスポー、住村がオーソドックスに構え、フェイントを互いにかけ慎重に探り合う状態が続く。パンチの打ち合いの後、長谷川が住村を押し倒す場面もあったが、すぐ住村は立ち上がり打撃戦に戻る。次第に動きがほくれてきた住村は、右フック、右ローのヒットを増やすように。逆に長谷川はパンチのスピードが遅く、簡単に見切られてしまう。すると終盤、軽く当たった住村のパンチで長谷川がバランスを崩し尻餅。立とうとする長谷川に対し、住村はパンチラッシュで追い詰める。立った後も長谷川は下がり続けると、住村のパンチが当たったか?長谷川は再び真後ろに倒れ、住村が追い打ちをかけようとしたところでレフェリーがストップした。




 だがその後、福田レフェリーが審判団と話し合ってからマイクを持ち、最後の長谷川のダウンの場面で偶発的なバッティングがあった可能性があるため、映像で確認するまで正式な裁定を保留すると発表。場内は騒然とする。他団体では全体の半分未満のラウンドでアクシデントで試合が終わった場合は試合不成立となるのが通例だが、DEEPの場合は開始のゴングが鳴った時点で試合が成立する。そのため、終了時点までの内容でのジャッジによる採点がその場で行われ、梅田・小池はドロー、梅木・梅田・福田は住村を支持し、負傷判定扱いになった場合でも3-0での住村の勝利が確定し、住村にはベルトが贈呈された。DEEPではタイトルマッチのみ5人でジャッジが行われる。
 住村は「ルール上、判定で勝ちになったんで良かったです。最近みんなUFC出たいと言っているんですけど、僕は日本で活躍したいんで、絶対に面白い試合をする自信があるんで、K-1かRIZINさん使ってください」とアピールした。


第7試合 DEEPフェザー級王座決定戦 5分3R
○上迫博仁(チームクラウド/和術慧舟會HEARTS/65.8kg)
×石司晃一(フリー/65.3kg)
3R 2'29" TKO (レフェリーストップ:サッカーボールキック)
※上迫が新王者に

 今成正和が怪我のため長期欠場をする事となり王座を返上。上迫は3月の後楽園でパンクラス代表のガイ・デルモに2R TKO勝ち。石司は5月の有明でバンタム級王者の大塚隆史に挑戦し判定負けしたが、それまでプロ9戦無敗の素質が買われ、1階級上での王座戦のチャンスがさっそく用意された。今成は試合前のセレモニーでベルトを返上し「今年中にMMAに復帰できるよう頑張ります」と語った。

 1R、上迫が左ジャブと右ストレート、石司が右ローを当てる展開。上迫が少しずつヒットを増やす。ムエタイのようなローキック気味の崩しから、DEEPルールで認められるサッカーボールキックを当て脅かす場面も。だが終盤、石司の左フックが軽く当たると、上迫が一瞬膝をつく。すると石司が前に詰めてきたが、防御が甘くなったところで上迫の右ストレートが炸裂し、石司がダウン。上迫は鉄槌の連打で追い詰め、終了のゴングが鳴る。



 2Rも上迫が左ジャブ、右ストレートを当て続け攻勢。石司は右まぶたを腫らし、鼻血を出して苦しそうだが、リーチが勝る分、左ストレートも当たりやすく、少しずつ返していると、上迫は鼻血を出すようになり勢いが低下。すると中盤過ぎには石司が右ストレートの連打で上迫を後退させる場面も。両者パンチの打ち合いを続け、観客を沸かせる。
 3Rも打撃戦が続き、石司は右ローも絡めてパンチを当て、上迫もパンチで応じる。お互い疲れが見え、手数が落ちて来ると、上迫のセコンドの大沢ケンジ会長が「全部使え」とスタンド勝負にこだわらないよう指示する。すると上迫は足元に向かってタックルを仕掛ける。テイクダウンは奪えなかったが、一瞬石司を四つん這いにさせると、1Rから時折使っていたサッカーボールキックをアゴにクリーンヒット。石司は真後ろに倒れて伸び、レフェリーはすぐさまストップ。上迫が劇的な形で決着をつけた。石司はしばらく寝ころんだままだったが、立ち上がると観客からも暖かい拍手が巻き起こった。




 上迫は「ようやくベルトを巻いて凄く気持ちいいです。7月10日に妻が第一子、男の子を産んで、まだ会ってないんですよ。明日チャンピオンとして会いに行きます。俺の試合、面白かったでしょ?DEEPは国内フェザーじゃぶっちぎりで強いと思っているんで、どんどん試合していくんで」と嬉しい報告と、今後に向けてのアピールを繰り広げた。


第6試合 DEEPメガトン級(+100kg)タイトルマッチ 5分3R
×シング・心・ジャディブ(インド/フリー/王者/108kg)※初防衛戦
○ロッキー・マルティネス [Roque Martinez](米国/スパイク22/挑戦者、元PXCヘビー級王者/114kg)
判定0-5
※マルティネスが新王者に

 キックのJ-NETWORKの元王者のシングは13年からMMAに転向し、15年10月にカルロス・トヨタを破りメガトン王座を獲得。その成果を認められRIZINに参戦したが、ヒョードル、オークストリス相手に連敗。8月に30歳を迎える。マルティネスは09年に川口雄介、10年に田澤和久にDEEPで敗れたが、その後も経験を積み、グアムのPXCを主戦場に活躍している。
 1R、マルティネスが押し込んでから抱え上げて豪快に叩きつけて倒し、観客を沸かせるが、シングは金網を背にして立ち上がり、左ジャブでマルティネスの左まぶたを腫れさせ、首相撲からの膝蹴りでも好印象を残す。



 マルティネスが金網に押し込む展開は1Rも繰り返されたが、2Rはその頻度が上がり、その都度膠着しブレイクがかかる。シングは次第に表情が曇り、マルティネスに前に出られると、真っすぐ下がって金網に詰められる状態を何度も見せてしまい、印象が悪い。
 3Rもシングは下がり続け、マルティネスは金網に詰めて右アッパー、右フックを当てて好印象。シングは無気力状態で、背中を見せて逃げる場面も。判定は文句なしでマルティネス。シングは期待を裏切るファイトを繰り広げてしまった。


第5試合 ライト級 5分3R
○江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)
×ジョン・ソクチャン(韓国/チーム・ホン・スンチョン)
1R 2'59" 肩固め

 江藤は元DEEPライト級王者の菊野克紀と戦う予定だったが、菊野が右足の中足骨(足の甲の骨)の骨折で欠場。韓国の選手との試合に変更となった。ソクチャンはROAD FCを主戦場とする23歳。1R、江藤のタックルを切り、ソクチャンが右フックを2連打するが、江藤は再びタックルを仕掛けテイクダウン。江藤は左まぶたを腫らすが、サイドからマウントに移り、ギロチンで追い詰め、最後は肩固めに移行しタップを奪った。


第4試合 女子47kg契約 5分2R
○しなしさとこ(フリー)
×太田千秋(フォーランバス)※川畑千秋 改め
1R 1'36" TKO (レフェリーストップ:マウントパンチ)

 かつてスマックガールに参戦し、05年には関友紀子、風香にも勝っている太田が、結婚と出産を経て12年ぶりにMMAに復帰。77年生まれのアラフォー対決となったが、格上のしなしが序盤から首投げで倒すと、簡単にマウントを奪い、パウンドを連打し、太田に何もさせず完勝した。


第3試合 バンタム級 5分2R
×高野優樹(和術慧舟會HEARTS)
○窪田泰斗(KIBAマーシャツアーツクラブ)
判定0-3

 窪田は15年のフューチャーキングトーナメント優勝者でDEEP 9連勝の新鋭。1R、首相撲から左肘を当てたり、タックルを切りながら頭に肘を連打したりと、肘を駆使する。2Rも高野のタックルを切り続け、カウンターでギロチンを仕掛けたり、バックに回り込んだりと好印象。高野がテイクダウン数で上回り、窪田は鼻血を出したが、全般に有効打とサブミッションのトライの多かった窪田が評価され判定勝ちした。



第2試合 フライ級 5分2R
○石橋幸太(総合格闘技道場DOBUITA)
×聡-S DATE(Team DATE)
判定3-0

 石橋は1年3ヵ月振りに怪我から復帰し、5月の有明大会で鮎田直人に1R TKO勝ちした聡-Sと対戦。聡-Sのトリッキーな打撃をかいくぐってテイクダウンを奪うと、2Rともサイドやマウントを奪うなど圧倒した。


第1試合 ストロー級 5分2R
×村元友太郎(ALIVE)
○川原波輝(総合格闘技スタジオSTYLE)
2R 1'42" TKO (レフェリーストップ:膝蹴り→グラウンドパンチ)

 村元は越智晴雄に敗れ、阿部博之と引き分け、上位進出を阻まれている。大阪出身の川原はDEEP 3連勝で東京初進出だ。試合は村元が再三タックルから倒し、金網際でバックコントロールをして優位に試合を進めていたが、2R中盤にスタンドに戻ると、村元のタックルに川原が膝蹴りを合わせてダウンさせると、鉄槌の連打で見事逆転TKO勝ちした。マイクを持った川原は「阿部選手と引き分けた村元選手に2Rで勝ったんで、これからストロー級王座目指します」とアピールした。


オープ二ングファイト バンタム級 5分2R
×小川顕広(CAVE)
○白川“Dark”陸斗(志道場)
判定0-2

Home > REPORTS > DEEP > 上迫博仁、住村竜市朗、ロッキー・マルティネスが新王者に:7.15 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ