Home > REPORTS > DEEP > 長倉立尚、上迫博仁との激闘制す。今成正和、ナム・ファンを秒殺:4.23 有明

長倉立尚、上迫博仁との激闘制す。今成正和、ナム・ファンを秒殺:4.23 有明

DEEP CAGE IMPACT 2016
2016年4月23日(土) ディファ有明
  レポート&写真:久保与志


第2部



第9試合 メインイベント フェザー級 5分3R
○長倉立尚(吉田道場)
×上迫博仁(チームクラウド/和術慧舟會HEARTS)
判定3-0

 1R、左の前蹴りとジャブで先手を取っていく上迫。長倉も頭を低くして左フックで詰めていくが、長倉が入ってきたところに上迫がカウンターの右ストレートをヒットして腰が落ちる。追撃に来た上迫に長倉も左右のフックを当て返すと、上迫がパンチに合わせてタックルに入る。尻餅をつかされてものの、すぐに立ち上がりバックにつく長倉。ジャブの応酬で長倉の指が目に入ったか、上迫が目をしばたたかせながらサミングをアピールする。上迫はスイッチも交えながら前蹴りを蹴り、そこから左ハイを浅くヒットさせるが、長倉は蹴り足を掴んで叩きつけるようにして上迫を投げる。



 2R、上迫が右ストレートから喉元に左ミドル、さらに右ストレートをヒットさせる。長倉は頭を低くして左ジャブ、フックで入っていくが、上迫はジャブでストップしつつ右ストレートを狙っていく。上迫のリードに阻まれて長倉は距離を詰めきれなくなり、上迫が自分から圧力をかけつつジャブで先手を取り始める。



 3R、左右の前蹴りから右のパンチを狙う上迫に、長倉も左フックで前に出て、インファイトでの激しい打ち合いに。長倉が左フックをヒットして上迫を下がらせると、タックルを決め、上迫をケージ際から引きづりだすようにしてテイクダウンを奪う。上迫はバックを許しながらも立ち上がりスタンドに戻すが、長倉が渾身のダブルレッグで再びテイクダウンを奪う。立て続けにテイクダウンを奪われ、消耗させられたか動きの止まった上迫。残り30秒のところでブレイクがかかり、上迫はKOを狙って飛び膝を放つと、長倉もバックブローで応戦。最後は打ち合いになるが互いにクリーンヒットはなくタイムアップ。



 判定は3-0、3Rに2度のテイクダウンを決めた長倉が激闘を制した。勝利した長倉はマイクを持つと「もっと普通に勝ちたかった。ごめんなさい。吉田道場には和田竜光、小島壮太って奴らもいて、年内に3本のベルトを吉田道場に持って帰ります」と、ストロー級トーナメントに参戦する小島、フライ級タイトルマッチが決定した和田、そして自身のフェザー級の吉田道場によるDEEP 3階級制覇を宣言した。


第8試合 フェザー級 5分3R
○今成正和(Team-ROKEN/元DEEPフェザー級&バンタム級王者)
×ナム・ファン(米国/パラエストラ八王子/パンクラス3位・元王者)
1R 0'35" ヒールホールド

 1R、奇襲を警戒して距離を取るナムに、今成はすぐ組みにいくがナムが押し放す。今成は右ローを蹴ると、ナムのサイドに出てからローリングで潜り込み左足を捕らえる。今成は両足でナムの股を開かせると、ナムのバランスが崩れたところでヒールホールドを仕掛ける。これが完璧に極まり、ナムはなすすべなくタップ。今成が得意の形にナムを陥れ、見事な秒殺一本勝ちを収めた。






◆津田勝憲(総合格闘技津田沼道場)引退式

 盟友の田村彰敏、高谷裕之、妻である藤野恵実らから花束を贈呈された津田は、マイクを渡されると「09年の終わりにケージでデビューして6年ちょっと、偶然か引退もケージですることになりました。試合は一試合一試合、全部を出し切りました。選手として格闘技はできなくなりましたが、これからも格闘技を止めるつもりはありません。これからも津田沼道場の仲間をサポートしていきたいです。最後に、格闘技をやったおかげで少しだけまともな人間になれた気がします」とコメント。惜別の10カウントゴングを聞くと、プロデビューの場所でもあったディファ有明のケージを後にした。




第7試合 ライト級 5分3R
○宮崎直人(総合格闘技津田沼道場)
×チャンタモ(Honey Trap)
1R 4'27" ヒールホールド

 1R、サウスポーの両者、蹴りを交えながら宮崎がステップインしてきたところにチャンタモの左フックがクリーンヒット。宮崎の腰が大きく落ちると、チャンタモは左右のフック、アッパーを振り回して仕留めにかかる。宮崎はタックルで凌ごうとするが、チャンタモは宮崎を離してパンチをフルスイングしていく。宮崎は足元がふらついたままで、眼下が大きく腫れてドクターチェックが入る。
 再開後、ピンチを免れた宮崎は落ち着きを取り戻すと、ステップワークで距離を取りながら蹴りを放ち、距離が詰まるとチャンタモをケージに押し込んでボディに膝蹴りをヒット。これで腹を効かされたか、動きの止まったチャンタモに組み膝をボディ、太腿に連打すると、チャンタモの虚を突くような形でチャンタモの足元に潜ってヒールホールドの体勢に。これが極まり、チャンタモは苦悶の表情を浮かべながらタップ。宮崎が逆転の一本で勝利し、先輩・津田の引退に華を添えた。




第6試合 ライト級 5分2R
○岩瀬茂俊(T-BLOOD)
×LUIZ(禅道会)
判定3-0



 1R開始すぐに岩瀬が右フックをヒットさせてダウンを奪うが、追撃のパウンドはLUIZのガードに阻まれ思うようにヒットすることは出来ない。ブレイクでスタンドに戻ると、蹴りを中心に攻撃するLUIZに、岩瀬が何度か右フックをヒットさせる。ダウンを挽回しなければいけないLUIZだが、2Rに入ってもロー中心であまり積極的な攻めは見せず。そのローをキャッチされてテイクダウンを奪われると岩瀬がトップキープを続ける。残り30秒でLUIZがようやく立ち上がるが、ケージに押し込まれたまま試合が終わり、岩瀬が判定勝ちを収めた。


第5試合 フライ級 5分2R
○石橋幸太(総合格闘技道場DOBUITA)
×小田切勇(和術慧舟會東京道場)
判定3-0




第4試合 フライ級 5分2R
○堀内佑馬(TANG TANG FIGHT CLUB)
×石神保貴(和術慧舟會東京道場)
判定3-0




第3試合 フライ級 5分2R
○井上直樹(空手道白心会)
×秋葉尉頼(TRIBE TOKYO M.M.A)
1R 4'32" チョークスリーパー




第2試合 ライト級 5分2R
○大山釼呑助(INFIGHT JAPAN)
×岡田充広(CB IMPACT)
判定3-0




第1試合 フェザー級 5分2R
○大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)
×ジン・テホ(韓国/RONIN CREW/CMA KOREA)
判定3-0


第1部



第9試合 ウェルター級 5分2R
○九十九優作(和術慧舟會横浜道場)
×米田奈央(ディープラス)
2R 2'28" フロントチョーク

第8試合 バンタム級 5分2R
×大越崇弘(TRIBE TOKYO M.M.A)
○城田和秀(足利ファイトクラブ)
判定0-3

第7試合 フェザー級 5分2R
○オーロラ☆ユーキ(KIBAマーシャルアーツクラブ)
×新里佳彦(総合格闘技道場MAKUGAN) 
1R 1'49" フロントチョーク

第6試合 フェザー級 5分2R
○大金剛(R-BLOOD)
×高塩竜司(KIBAマーシャルアーツクラブ)
判定3-0

第5試合 ウェルター級 5分2R
×三浦康彰(禅道会)
○真王 DATE(Team DATE)
1R 2'14" TKO

第4試合 フェザー級 5分2R
×DARANI DATE(Team DATE)
○笹川JP(ディープラス)
判定0-3

第3試合 バンタム級 5分2R
×金井卓也(Honey Trap)
○窪田泰斗(KIBAマーシャツアーツクラブ)
1R 5'00" TKO (ドクターストップ)

第2試合 フライ級 5分2R
△丸岡拓也(INFIGHT JAPAN)
△HPS DATE(Team DATE)
判定1-1

第1試合 フライ級 5分2R
○曽我英将(ALLIANCE)
×小龍 DATE(Team DATE)
1R 2'52" 腕ひしぎ十字固め

Home > REPORTS > DEEP > 長倉立尚、上迫博仁との激闘制す。今成正和、ナム・ファンを秒殺:4.23 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

府中ムエタイクラブ
京王線「東府中」徒歩30秒
元世界チャンピオンが教えるムエタイ、キックボクシングジムです。 見学、無料体験歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ