Home > REPORTS > DEEP > 横田一則&和田竜光、完勝で年末?の大舞台向けアピール:8.29 有明

横田一則&和田竜光、完勝で年末?の大舞台向けアピール:8.29 有明

DEEP CAGE IMPACT 2015
2015年8月29日(土) ディファ有明
 フェザー級王者の横田一則はマッハ道場所属の10連勝中の新鋭・高橋憲次郎を右の前蹴りで翻弄し判定勝ち。元フライ級王者の和田竜光は韓国のRoad FCを主戦場とする選手をサッカーボールキックで1R KO。横田は「次、大きい場所でやりたい思いもあります。UFCじゃありません」、和田は「上の団体、あれば、さっさと声かけてください。12月かわかんないけどお願いします」と噂される年末の大会に向けてアピールした。
  レポート&写真:井原芳徳


第10試合 メインイベント フェザー級(ノンタイトル戦) 5分3R
○横田一則(フリー/DEEPフェザー級王者)
×高橋憲次郎(マッハ道場)
判定3-0

 横田は大晦日のDEEP DREAM IMPACTでパンクラスの元ライト級王者のISAOに判定勝ちし、5月の地元船橋大会で大原樹里に勝利し、現在13連勝中。高橋はROAD TO UFC JAPANに出演した上迫博仁にも昨年10月のTDC大会で勝利し10連勝中の新鋭だが、横田は問題にしなかった。

 1R、横田はサウスポーの高橋の蹴りをかわし、押し込んでアームロックをスタンドで狙い、中盤以降は右の前蹴り、ミドルを度々当てて主導権を握る。2Rも同様に、右ミドルから右フックのコンビネーションを決めると、高橋は左まぶたから出血する。
 ドクターチェック後、高橋も左右のミドル、右ロー、右の膝蹴りをお返しするが、横田は崩れず、右のミドル、右のボディストレートを返し続け、五分の状態をキープ。3Rは序盤からテイクダウンを奪い、高橋に立たれると左のミドルと膝をもらってしまうが、タックルから金網に押し込んで流れを作らせず。中盤以降はボディ狙いの右のストレートと前蹴りを当て続け主導権をキープする。フィニッシュに近づくような場面は最後まで無かったものの、試合の大半の時間の主導権を握り続け、判定3-0で完勝した。



 マイクを持った横田は、船橋から応援に来たファンに礼を述べた後、「今日で14連勝、丸々5年負けなしです。KO・一本じゃなくて面白くないと思われるでしょうが、フロイド・メイウェザーを崇拝しているので、もらわずに戦うことを徹底しました。正直、ROAD TO UFCに出ている選手は誰も俺にはかなわないと思います。UFCに行ってないフェザー級の選手で俺が断トツ1位です。37歳でもまだ強いんです。でも、お酒は弱いんです。お酒で何度失敗したか。何度失禁したか。だけどもうちょっと頑張りたいと思います。あと1年と思っています。次勝って15連勝にしたいです。次、大きい場所でやりたい思いもあります。UFCじゃありません。DEEPはまだ頑張りたい団体です」と、途中笑いを取りつつ、次戦に向け自己主張した。


第9試合 セミファイナル フライ級 5分3R
○和田竜光(吉田道場/元DEEPフライ級王者)
×ソ・ジェヒョン(韓国/CMA KOREA/somissions jiujitsu)
1R 4'13" KO (サッカーボールキック)

 ジェヒョンは2010年のSRC ASIAバンタム級トーナメントに参戦していた選手で、杉田一朗に判定勝ちし、井上学に判定負け。その後は韓国のRoad FCを主戦場にし、ADCC韓国大会で優勝しているグラップラーだ。5年ぶりの日本での試合でも、自分から下になって、上から押さえ込みたい和田の足をつかんだり、腕をつかもうとしたりして、ねちっこくサブミッションを狙う。



 だが和田は落ち着いた様子で対処すると、DEEPルールで許されるサッカーボールキックを放ち、上から押さえ込んで肘を当てると、ジェヒョンは一瞬動きが止まる。すると和田は腰を上げ、再びサッカーボールキックを放つとクリーンヒット。ジェヒョンは意識が飛び、すぐさまレフェリーがストップした。

 マイクを持った和田は「上の団体、あれば、さっさと声かけてください。とにかくもっと上の強い奴とやりたいです。12月かわかんないけどお願いします」と、横田同様に噂される年末の大会に向けてアピールした。


第8試合 フェザー級 5分3R
○今成正和(Team-ROKEN/元DEEPバンタム級&フェザー級王者)
×ヤン・ムンファン(韓国/CMA KOREA/チルゴックMMAジム)
1R 0'21" アキレス腱固め

 今成は当初、コブラ会の別府克祥との試合が組まれていたが、2週間前に別府が怪我で欠場と発表され、代役はCMAの韓国人選手となった。今成は開始すぐ、右ミドルを当てると、そのまま倒れ、アキレス腱固めへ。ムンファンは対応できずタップ。今成が得意パターンで快勝した。


第7試合 ライト級 5分3R
×岩瀬茂俊(T-BLOOD)
○下石康太(BLOWS)
判定0-3

 下石は4月の大阪大会で吉田善行に完勝。続く相手も6月に40歳になったばかりの岩瀬だ。1R、開始早々から岩瀬がテイクダウンから素早くバックに回ってチョークを仕掛けるが、下石はセコンドの中蔵隆志会長の声を聞きながらアゴを引いて防御を続ける。2Rも岩瀬が右の飛び膝を当ててから、テイクダウン→バックコントロールで主導権を握る。
 だが下石はチョークの展開に持ち込ませず、中盤過ぎに反転して上になると、パウンドと右肘を落とし続け反撃。ポイント的には五分に戻すと、3Rにはサウスポーからの左ミドルを効かせ、岩瀬のパンチに合わせてタックルを仕掛けテイクダウンに成功する。



 すると下石は上から左のパウンドと肘を連打し、岩瀬は左まぶたを切り血だるまに。最後は下石が立ち上がってサッカーボールキックでも追い打ちをかけて試合終了。エグさも見せつけ、王者・北岡悟が独走中のライト級戦線で存在感を示した。




第6試合 バンタム級 5分3R
×遠藤大翼(和術慧舟會IGGY HAND'S GYM)
○五月女健(R-BLOOD)
判定0-3

 8戦負けなしの13年DEEPフューチャーキング優勝者・五月女が、T-BLOODのOB・石田光洋を思い出させる、しぶといタックルとグラウンドコントロールで終始主導権。遠藤も脱出して打撃を狙うがすぐタックルを合わせられ続ける。勝ち名乗りを受けた五月女は雄叫びをあげて大喜びした。


第5試合 ライト級 5分2R
△LUIZ(禅道会)
△田村ヒビキ(パラエストラ大阪)
判定1-0


第4試合 ライト級 5分2R
×川崎泰裕(R-BLOOD)
○江藤公洋(和術慧舟會HEARTS)
判定0-3

 プロ6連勝後、LUIZと引き分け、岡野裕城にKO負け、ABと引き分けと壁にぶつかっていた江藤だが、1年8か月ぶりの試合の川崎を相手に、両ラウンドともマウントを奪い、最後は腕十字を狙う流れで完勝。再び上位陣に食い込む流れを作った。


第3試合 フェザー級 5分2R
○オーロラ☆ユーキ(KIBAマーシャルアーツクラブ)
×新居“コンバ王子”卓(マッハ道場)
判定3-0


第2試合 フライ級 5分2R
×小田切勇(和術慧舟會東京道場)
○安谷屋智弘(総合格闘技道場闘心)
1R 3'42" 腕ひしぎ十字固め

 パンクラス、TENKAICHI、ライジングオン、アウトサイダー等に出場経験のある安谷屋(あだにや)がDEEP2連勝を狙う戦い。開始すぐからバックを奪ってチョークを狙うと、スタンドに戻ってからの打撃戦でも、大振りながらもアグレッシブな攻めを見せ、最後はアームロックでグラウンドに引きずり込んでそのまま極めてタップを奪った。


第1試合 ライト級 5分2R
×熊殺しの成田(GRABAKA)※ライガー成田 改め
○新里佳彦(総合格闘技道場MAKUGAN)
1R 4'49" 腕ひしぎ十字固め

オープニングファイト フェザー級 5分2R
○小川顕広(CAVE)
×中野 謙(リバーサルジム東京スタンドアウト)
1R 2'46" KO


特別試合 武蔵村山さいとうクリニック提供 小池秀信引退試合 体重無差別 5分2R
×佐々木有生(GRABAKA)
○小池秀信(GRABAKA)
1R 4'40" チョークスリーパー

 メインイベント終了後、小池が同門で同じ北海道出身で同学年の盟友・佐々木を相手に引退戦。開始すぐ、佐々木がテイクダウンを奪うと、ハーフ、マウントと移行して小池を圧倒する。小池がシザースを仕掛けると、佐々木はさっと立ち上がるが、再びタックルに行って倒すと、すぐバックを取り、最後はチョークを極め、小池を介錯した。



 佐々木は「小池さんとは中学から一緒で、感謝の気持ちしかないです。GRABAKA若手の面倒も見てくれてありがたいです。これからもGRABAKAのことよろしくお願いします」とマイク。GRABAKAの菊田早苗総帥をはじめ、OBを含めた仲間たちで記念撮影をした後、小池は関係者に感謝の言葉を述べると「自分はこれからレフェリーとしてこのリングに上がっていきますので、こちらの方を応援してもらえればと思います」とメッセージを残し、10カウントゴングを聞いた。


Home > REPORTS > DEEP > 横田一則&和田竜光、完勝で年末?の大舞台向けアピール:8.29 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について