Home > REPORTS > DEEP > 横田一則、地元オートレース場大会のメインで判定勝ち:5.9 船橋

横田一則、地元オートレース場大会のメインで判定勝ち:5.9 船橋

FUNABASHI BOM-BA-YE!
2015年5月9日(土) 千葉・船橋オートレース場特設会場
  レポート&写真:井原芳徳


第5試合 ライト級 5分2R
○横田一則(フリー/DEEPフェザー級王者)
×大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)
判定3-0



 船橋在住の島田裕二レフェリーが主導し、船橋で生まれ育った横田がメインの赤コーナーを務めた今大会。会場はオートレース場の脇の屋外の広場で、リングサイド席は有料だが、周辺での立見は無料で、オートレースの合間にも試合を眺める人たちが多数おり、独特な雰囲気に。知人が多数見守る中で登場した横田は「負けられないプレッシャーで大晦日の時よりも緊張した」という。

 1R、長身のストライカー・大原の右のパンチをもらった横田だが、組み付いてブレイク。大原の左ミドルのタイミングで再び組み付くと、コーナー際で投げ倒し、ロープ際の逃げにくいポジションでマウントを奪い、サイドからアームロックを狙った後に、残り時間を気にしながら腕十字を極める。



 普通ならタップしてもおかしくない極まり具合だったが、耐えた大原は、2R開始すぐにも再び右のストレートをヒット。腰が落ちた横田は「一瞬記憶が飛んだ」というが、そのまま組み付いて押し込むと、再びテイクダウンに成功。「負けられないから打撃を警戒して寝技で行こうと思った」といい、終了時間まで上から大原をコントロールし続け、地元メインで手堅く判定勝ちを果たした。
 試合後マイクを持った横田は、健闘した大原を称え自身の試合運びを反省しつつも「フロイド・メイウェザーを目指しているんで、この勝ち方でいいです」と話して笑いを取ると、「船橋を盛り上げるため、もう少し格闘技をやりたいです」と宣言し、大会を締めくくった。
 試合後のインタビューでは「もう少し格闘技をやりたい」という発言について「やってあと1~2年です。ボロボロになる前に辞めます。子供もいるんで」と補足。今後は引退を見据えた戦いになることを明かした。




第4試合 フライ級 5分2R
○小林聖人(津田沼道場)
×丸岡拓也(INFIGHT JAPAN)
1R 3'39" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

 横田同様、地元勢の一人の小林が、序盤からテイクダウンを奪い、コーナー際でパウンドと肘を落とす。丸岡も下から足を登らせて、膠着ブレイクがかかるが、前に出る小林を嫌って丸岡が中途半端なタックルを仕掛けてしまうと、そのまま背後に倒れ再び小林が上に。小林は強気にパウンドを連打し、丸岡の動きを止めレフェリーストップ勝ち。観客の喝采を浴びた。


第3試合 バンタム級 5分2R
×恒村俊範(リバーサルジム新宿Me,We)
○安部路人(漢塾)
判定0-2

 1R、序盤はグラウンド、終盤はスタンドで、両者ほぼ互角の展開。2Rは序盤に安部が左ストレートを当てるが、恒村が上になると、サイド、マウント、バックと移動してチョークを狙ってチャンスを作り反撃。だが安部はこのピンチを脱すると、ロープ際でうまくバックを取り返し、鉄槌を連打し再び攻勢に。結局この最後の攻撃が決め手となり、安部が勝利した。




第2試合 DEEP JEWELSスペシャルエキシビション
―富松恵美(パラエストラ松戸)
―V.V Mei(Riki Gym/武徳会)
勝敗無し


第1試合 フライ級 5分2R
○中山ハルキ(GRABAKA)
×永谷駿也(和術慧舟會船橋道場)
1R 2'02" 腕ひしぎ十字固め


 公式戦開始前には地元出身の平直行氏のエキシビションが行われた。


Home > REPORTS > DEEP > 横田一則、地元オートレース場大会のメインで判定勝ち:5.9 船橋

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について