Home > REPORTS > DEEP > 横田一則、フェザー級王座防衛。中村和裕がミドル級王者に:2.16 後楽園

横田一則、フェザー級王座防衛。中村和裕がミドル級王者に:2.16 後楽園

イーストアンドウエストpresents DEEP 61 IMPACT
2013年2月16日(土) 後楽園ホール
 DEEPフェザー級王者の横田一則は2年前に1度勝利している昇侍を相手に初防衛戦。大きなチャンスには持ち込めなかったが、度々テイクダウンを奪って主導権をキープし判定勝ちした。ミドル級では中村和裕がRYOを破り、初の王座を獲得して涙。バンタム級ではDJ.taikiが北田俊亮を下し、パンクラス時代からの宿敵・前田吉朗の持つ王座への挑戦権を獲得した。
 
  レポート&写真:井原芳徳


第10試合 DEEPフェザー級タイトルマッチ 5分3R
○横田一則(フリー/王者/65.7kg)
×昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ/挑戦者/65.6kg)
判定5-0
※横田が初防衛

 横田と昇侍は2011年6月の54 IMPACTで対戦し、横田が判定勝ち。横田は昨年2月のTDCホール大会で門脇を破って王座を獲得し、昇侍も横田戦以降は鍵山、長倉、キム・ホジュン相手に3連勝し、タイトル挑戦に辿り着いた。入場ではいつものように「よっしゃあ漢唄」を唄いながら登場。会場を盛り上げる。




 前日計量で昇侍は「前回横田選手と戦った時はテイクダウンを安易に許したところがありました。距離感や打撃の技術も格段に上がってる自信もあります」と語り、テイクダウン対策に自信を示していた。だが試合がはじまると、1Rから度々横田にテイクダウンを許すことに。倒されなくてもロープやコーナーに押し込まれる時間が長い。それでも昇侍は横田に上を長時間キープさせず、ロープを背にしながらスタンドに戻し続け、パンチを効かせる場面もあったが、すぐに組まれて攻撃が寸断される。ラウンドが進むにつれ、横田がタックルから昇侍を捕まえる時間が長くなり、結局最後までそのパターンが変わらないまま試合終了。横田が文句なしの判定勝ちで王座初防衛に成功した。




◆横田のリング上でのマイク
「(10時を過ぎてるため足早に帰る観客を見て)まだ帰っちゃダメですよ!勝ちにってすみませんでした。昇侍選手、強かったです。ボディめちゃくちゃ効きました。結構危なかったです。けど今日はたくさん応援しに来てくれたおかげで勝つことができました。とりあえず、アイム・チャンピオン! それと、1年前に宮下トモヤ君が亡くなって、宮下君の上からの力と、自分の義理のお父さんも昨年亡くなってしまって、大変寂しいことだったんですけど、今はお父さんも応援してくれてると思うんで、格闘技できてます。今回はプレッシャーで涙出そうなぐらいキツかったんですけど、ホント勝てて、これからも格闘技やってく自信がつきました。しょっぱい試合だったかもしれないけど、今日は勝ててうれしいです。マイク長かったけど、今年もDEEPをお願いします!」

◆インタビュースペースでの横田
「KO負けかと思ったです。ボディがマジで効いて。気持ちで途中が折れました。パンチや前蹴りが結構当たってるんだけど、ひたすら前に出てくるんで。やりにくかったです。もっとテイクダウンに来るとは思わなかったです。あの距離からのボディは想像してなかったんで。(これで防衛成功しました)前回防衛に失敗してたんで(※ライト級王者時代にハン・スーファンに負けた)、今回子供も来てたんで、子供の前で負けられなかったですね。そこで今回気持ち強くできました。(チェ・ドゥホ選手は気になりますか?)タイトルマッチはやりたくないですね。また来ない可能性があるから(※昨年2月の王座決定戦はドゥホが直前に行方不明になった)。普通のワンマッチだったらいいですよ。」



第9試合 第6代DEEPミドル級王者決定戦 5分3R
○中村和裕(吉田道場/83.9kg)
×RYO(ランズエンド・ZERO-ONE MAX/83.7kg)
判定5-0
※中村が新王者に

 PRIDE、UFC、戦極、DREAMで活躍した中村は昨年10月の60 IMPACTでDEEP初参戦を果たし、元ミドル級王者の桜井隆多に判定2-0で勝利し、2戦目で王座挑戦。RYOについては「自分の相手では無いなって感じですね」と言い放っていたが、意外にも苦戦を強いられる。
 1R、リーチで勝るRYOは随所で左ジャブをヒット。中村は時折一気に距離を詰め、右のパンチをお返しする。終盤にRYOの蹴り足をすくって上になったが、すぐに立たれてしまい、ほぼ五分で1Rを終える。
 2Rもスタンドの攻防が続き、中村が左右のフックを連打すると、RYOが手を広げて効いていないとばかりにアピールする場面があったものの、中村の攻勢が続かない。
 3Rは序盤から中村が足を掛けてテイクダウンを奪いに行くが、逆に上になったのはRYOのほう。スタンドに戻ると、中村の左フックでRYOの右まぶたの周りが腫れ、ようやく目に見える形でのダメージを与えることに成功。その後はRYOも右のアッパーやフックをお返しし、ほぼ五分の展開に戻り試合終了。判定勝利を告げられた中村は、涙を流して勝利を喜んだ。




◆中村「もうちょっと投げれて、展開の作れる試合ができるかなと思ったんですけど、打撃の展開ばかりで。セコンドと決めてた感じには行かなかったです。向こうの指示も投げに対するのが多かったし、警戒してるんだなって感じましたね。(王者になって)想像と試合のギャップがまだまだあるんで、チャンピオンということよりも、自分のスキルをまだまだ上げていきたい気持ちですね。(試合後の涙について)感極まったですね。ああいう感情出るだな、と。結構冷静なんで。うれしかったですね。」


第8試合 第4代DEEPメガトン級(無差別)王者決定戦 5分2R
○長谷川賢(キングダム・エルガイツ)
×誠悟(TEAM東京CLUTCH)
判定5-0
※長谷川が新王者に

 誠悟は12月に行われた王者決定トーナメント準決勝で藤沼弘秀にTKO負けしたが、藤沼の負傷欠場で敗者復活した。長谷川は2011年10月に誠悟と対戦し判定勝ちしている。今回も長谷川ペースで試合が進み、左右にステップしながら右ロー、左のインローを的確にヒット。次第にパンチのヒットも増え、2Rも打撃で攻勢をキープし完勝。DEEP 6戦全勝で初のタイトルを獲得した。




第7試合 バンタム級 5分2R
○今成正和(Team-ROKEN/61.9kg)
×伊藤健一(チームZST/62.0kg)
判定3-0

 開始すぐ、今成がグラウンドに引き込むと、3分近く足関で伊藤を捕まえ、1R終盤にはオモプラッタでもチャンスを作る。2Rは今成も引き込みを失敗し続けてチャンスに持ち込めなかったが、伊藤も大振りのパンチの空振りが続き反撃の糸口をつかめず、今成の完勝に終わった。




第6試合 DEEPバンタム級次期挑戦者決定トーナメント決勝戦 5分3R
○DJ.taiki(フリー/62.0kg)
×北田俊亮(パラエストラ千葉/61.9kg)
判定3-0



 12月8日のCAGE IMPACTでトーナメント一回戦が行われ、DJは原田ヨシキに、北田は釜谷真に、いずれもTKO勝ちし決勝進出。DJと北田は10月の60 IMPACTで引き分けており、決着戦というテーマも含まれる。
 1R、北田が飛びついてのギロチンや、オンブになってのチョーク狙いでチャンスを作り主導権。2Rも小外刈りなどでテイクダウンを奪う。だが中盤以降、北田のタックルにDJが対応し出し、終盤にはタックルを潰して上になるように。



 そして3R、北田を首相撲で捕まえると、膝蹴りを顔面にクリーンヒット。北田は腰から崩れ、DJがパウンドのラッシュで反撃し、サイドポジションを奪う。スタンドに戻ると、今度はDJの首相撲の膝のタイミングを読んで、北田がDJを潰して上になり、サッカーボールキックを放って反撃。だがタックルを潰されると、DJにサイドポジション、バックマウントを奪われるなど再び劣勢に。判定勝ちを確信したDJは、試合終了と同時に両手を上げて喜びを表した。



 DJは「試合内容は僕の大好きな塩漬けで。この後の横田さんのマイクが長くなると思うので手短に。おい、(前田)吉朗!4月26日、ギャラ総取りマッチ、和田(竜光)選手でやるんだったら、俺でもやれよ!」とマイクアピール。TDCホール大会での王座挑戦と、勝者ギャラ総取りマッチを要求した。




第5試合 フェザー級 5分2R
×長倉立尚(吉田道場/65.6kg)
○チェ・ドゥホ(韓国/CMA KOREA/65.8kg)
2R 4'14" TKO (タオル投入:グラウンドパンチ)

 昨年2月の王座戦、10月の昇侍戦と、直前の欠場でイメージを悪くしていたドゥホだったが、今回は前日計量も一発でクリアし、試合でもコンディションの良さを発揮する。1Rは長倉の右フックとアッパーでぐらつく場面もあったが、2Rは右ストレートで長倉をダウンさせると攻勢に。長倉も下からアキレス腱固め等で必死に抵抗し、会場を沸かせるが、パウンドを何十発も浴び続け、最後はセコンドがタオルを投入した。




第4試合 ウェルター級 5分2R
○白井祐矢(TRIBE TOKYO M.M.A/DEEPウェルター級王者/77.0kg)
×岡野裕城(マッハ道場/77.0kg)
判定3-0

 1R、白井が右ストレートを当てた後、コーナーに押し込んでテイクダウンに成功。立たれると、以降はテイクダウンを奪えなかったものの、パンチを当てて押し込む展開を繰り返し、主導権をキープし判定勝ちした。


第3試合 ウェルター級 5分2R
○悠太(ALLIANCE/76.8kg)
×寒川直喜(バンゲリングベイ・スピリット/78.4kg→77.0kg)
1R 4'01" TKO (レフェリーストップ:マウントパンチ)

 1R、寒川の蹴り足をすくって上になった悠太が、ハーフガードから肩固めを狙いながらマウントへ。パウンドを連打してあっさりと勝利を奪うと、「今年は何が何でもDEEPのチャンピオンになります」とマイクで宣言した。


第2試合 バンタム級 5分2R
○遠藤大翼(和術慧舟會駿河道場/62.0kg)
×直撃我聞(フリー/62.0kg)
1R 2'23" TKO (レフェリーストップ:右フック→グラウンドパンチ)


第1試合 ライト級 5分2R
×小池秀信(GRABAKA/70.2kg)
○秀虎(AK/69.9kg)
判定0-3


オープニングファイト第2試合 フェザー級 5分2R
○咲田ケイジ(パラエストラ千葉/65.4kg)
×チャップリン木山(木山道場/65.8kg)
判定3-0

オープニングファイト第1試合 ライト級 5分2R
○友實たつや(IMPACT GYM/69.5kg)
×加藤貴大(BRAVE/69.8kg)
判定3-0

Home > REPORTS > DEEP > 横田一則、フェザー級王座防衛。中村和裕がミドル級王者に:2.16 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について