Home > REPORTS > DEEP > 北岡、菊野に判定勝ち。中村大介がライト級王者に:6.15 後楽園

北岡、菊野に判定勝ち。中村大介がライト級王者に:6.15 後楽園

DEEP 58 IMPACT
2012年6月15日(金) 後楽園ホール
 昨年大晦日の「元気ですか!!」以降、DREAMが半年近く行われていない状況下、青木真也に続くDREAMライト級日本人トップ勢である菊野克紀と北岡悟がDEEPの後楽園大会で激突。超満員の観衆が見守る中、北岡が菊野の得意の打撃を封じ判定勝ちを果たした。DEEPライト級王座決定戦では中村大介が岸本泰昭と大会ベストバウトを繰り広げた末に勝利し、初のベルトを獲得した。
  レポート&写真:井原芳徳


第11試合 メインイベント ライト級 5分3R
×菊野克紀(ALIANCE/元DEEPライト級王者)
○北岡 悟(LOTUS/元戦極ライト級王者)
判定0-3



 タックルを繰り返す北岡が、コーナーやロープを背にしながらテイクダウンを奪おうとしたり、ギロチンを仕掛ける。だが菊野は一個一個の動きに対処しブレイクに持ち込み続ける。離れるとオーソドックスの構えから、サウスポーの北岡に右の前蹴りを当てるが、北岡の動きは落ちない。パンチの攻防では北岡が重みのある左フックを時折叩き込み、観客を驚かせる場面も。



 なかなか互いに得意のフィールドに持ち込めない状態が続いたが、3Rは完全に北岡ペースに。開始まもなくからタックルを仕掛け、そのまま引きこむと、菊野にトップキープさせる時間を与えず、すぐさまリバーサルに成功。ハーフガードとマウントを行き来しながら上をキープし、ギロチンを狙い続ける。体力の落ちてきた菊野は防戦一方。残り30秒には北岡がガブリの状態から最後のギロチンをトライし、その体勢のまま試合終了。同時に北岡はガッツポーズで勝ち誇り、判定が読み上げられ、勝利が宣告された後も興奮状態が続いていた。
 
 マイクを持った北岡は「俺が初代戦極ライト級王者の北岡悟です。俺はさいたまスーパーアリーナで五味隆典や青木真也と戦ってきた男です。なめんじゃねえぞ! 日本の格闘技、面白いでしょ? DREAMもまだ終わってないと思うので、僕がどことも契約してなかったらオファー下さい。DREAMもDEEPもパンクラスも、日本の格闘技、最高です。明日また生きるぞ!」と絶叫した。

◆北岡「一本は取れなかったけど、自分がダメだったというよりも、相手が頑張った感じでしたね。向こうは『斬り合う』と公言してたけど、斬られたくなかったからもっと攻めて来れなかったんじゃないですか? 相手の蹴りはもらうイメージが出来上がってて、もらっても構わないと開き直って、自分の特長を崩さないことを心がけました。蹴りは痛かったけど想定の範囲内で、僕が削られるということは無かったですね。大晦日は青木に必死さで負けたと思うので、今日は必死さで負けないようにしました。これが勝因です。
(試合後のマイクについて)試合前から『チケット完売でうれしい?』とか、『メインイベントですね?』とか何度も聞かれたけど、当たり前じゃないですか。それを俺に聞くのっておかしくないですか? 僕のワールドですよ。僕の世界ですよ。DEEPに上がったのにしても、毎日DEEPジムで練習してて佐伯(繁・DEEP代表)さんと毎日顔を合わせていたから自然の流れでしたね。
(次の試合は?)休みまーす。青木とシンガポールに行くつもりだったけど、試合前に右膝を怪我してたんで、状態を見てから決めます。先週末の追い込み中にやっちゃったんですけど、そのおかげで休めたので、逆にコンディションがいい状態でリングに上がれました。素晴らしいトレーナーがいて、感謝の気持ちでいっぱいですね。これでまた僕がのさばって生きていけるんで、まだ戦いますよ。その場その場で一生懸命戦っていきます」


第10試合 セミファイナル DEEPライト級王座決定戦 5分3R
○中村大介(U-FILE CAMP)
×岸本泰昭(総合格闘技道場コブラ会)
判定5-0
※中村が新王者に

 廣田瑞人の返上で空位になったライト級王座を巡って中村と岸本が激突。中村は2月のTDCホール大会で郷野聡寛に判定勝ちし、王座戦線で浮上。岸本は昨年9月の大阪大会で中尾受太郎を破り、DEEP戦績13勝1敗1分、8連勝と絶好調だ。
 1R、岸本が再三組み付いてテイクダウンを狙おうとするが、先に上になったのは中村のほう。ハーフガードからのアームロック、外されて下になってからのアキレス腱固めと、寝技で優位に立つ。2Rも得意の腕十字でタップアウト寸前まで追い込むが、岸本がうまく回転して脱出。場内はこの日一番の歓声に包まれる。中盤以降は岸本が中村をガッチリと固め、バックマウントやマウントを奪うが、絞め技・関節技・パウンドといった攻撃にはなかなかつながらない。
 動きの多い試合となり、両者消耗が激しく、3Rはしばらく大振りのパンチの打ち合いが続いたが、寝技になるとお互いバックを奪い合い、またもめまぐるしい動きの攻防に。終盤に中村がアキレス腱固めを仕掛ければ、岸本もパウンドをお返しして中村を苦しめる。結局裁定は判定にもつれ込んだが、サブミッションでチャンスを多く作った中村に軍配。プロ10年目にして念願の初タイトルを獲得した。
 なお、この試合は大会のベストバウト賞も獲得した。今大会はDREAMのファン層も多く会場に訪れたが、まだ知名度の低い岸本の動きにも大きな歓声が飛び、ハートをつかんでいたのが印象的だった。




第9試合 フェザー級 5分3R
○長倉立尚(吉田道場)
×門脇英基(和術慧舟會東京道場/元修斗世界ライト級(65kg)王者)
1R 3'35" TKO (レフェリーストップ:左ストレート)

 松本晃市郎戦、昇侍戦と連敗していた長倉だが、ストライカー相手に好勝負を繰り広げてきた経験が活きる結果に。序盤からスタンドでプレッシャーをかけ、右のロングフックで門脇をダウンさせる。その後しばらくお見合い状態が続いたものの、左アッパーで門脇をひるませてから上になると、顔面にパウンドを正確に連打。最後は立ち上がって逃げる門脇をコーナーに詰めて、左ストレートでマットに沈めた。


第8試合 バンタム級 5分3R
△DJ.taiki(フリー)
△釜谷 真(Team TOURI)
判定1-0 (芹沢=DJ/大城=DJ/梅木=DJ)



 DJは4月の有明大会でTAISHOと対戦し、両者カットによる負傷判定でいったんは勝利となったが、その後のTAISHO側の抗議で裁定がドローに変更。不満を示したDJがDEEPの佐伯代表とケンカになったが、その後和解し、8連勝中と好調の釜谷との、タイトル挑戦につながる試合が用意された。ところが今回もDJにとっては波乱の内容に。
 DJは構えをめまぐるしくスイッチしながらパンチと蹴りの機会をうかがい、釜谷もその動きに対処できず、お見合い状態が長く続いたが、2R終盤から試合が一気に動く。釜谷が右と左のフックを連打しDJをひるませるが、これで奮起したDJが逆にパンチを当て返して釜谷をダウンさせ、パウンドのラッシュでレフェリーストップ寸前まで追い込む。
 3Rも序盤はDJが優勢。中盤には首相撲で釜谷を振り回してテイクダウンを奪うなど、DJの力強さが目立つ状況が続いたが、終盤の釜谷の左フックでDJがまさかのダウン。DJは試合終了のゴングに救われる。結局この最後の劣勢が響き、判定はドロー。裁定が下されると同時に、DJは膝から崩れ落ち、不満げな表情のままリングを降りた。




 ベルナール・アッカ(コートジボアール/フリー)の引退エキシビジョンは、野地竜太(TEAM GARO)とキックルール、佐藤豪徳(Laughter 7)とグラップリングルール、桜井隆多(R-BLOOD)と総合ルールで1Rずつ争う内容。相手の3選手とも容赦ない攻めでアッカのラストファイトを飾った。


第7試合 フェザー級 5分2R
○北田俊亮(パラエストラ千葉)
×津田勝憲(総合格闘技津田沼道場)
2R 1'26" フロントチョークスリーパー

 1R、先に北田が上になったが、津田は脱出するとパンチの連打で北田をダウンさせ、バックからチョークを狙ってチャンスを作る。だが2R、序盤から得意のギロチンを仕掛けて反撃。脱出を許したものの、下から足関を仕掛けて再びペースを握る。これも外されてバックを取られかけるが、頭をマットにつけて回転して脱出すると、再びギロチンを仕掛けてタップアウト。試合後のマイクでは「2年半ぶりの試合で凄く不安だったけど、勝てて凄く幸せです。絶対ベルト取りに行くんで応援お願いします」とアピールした。




第6試合 ウェルター級 5分2R
×伊藤有起(ALLIANCE)
○寒川直喜(バンゲリングベイ・スピリット/M-1ライトヘビー級王者)
判定0-3

 寒川のセコンドには帯谷とガイ・デルモがつく。1R、寒川がサバ折り等を駆使して2度テイクダウンに成功するが、その先の攻めが続かない。だが2R、伊藤にコーナーに押し込まれた後にすり抜けると、素早くバックに回りこんで伊藤を押さえ込み、パウンドと鉄槌を何発もヒット。DEEPで07年7月に総合に初挑戦して以来、5年ぶりに総合での白星をもぎ取った。


第5試合 ライト級 5分2R
×パーキー(韓国/CMA KOREA)
○梅田恒介(R-BLOOD)
判定0-3

 兵役から戻ったパーキーが1年半ぶりのリング。開始早々、長い足を活かした前蹴りで梅田を脅かすが、梅田は落ち着いて組み技勝負に持ち込むと、中盤にテイクダウンに成功。マウント、バックと移行し、パウンドでダメージを与える。2Rもグラウンド主体の攻防で優位。パーキのアームロックも凌ぎ、終盤にはジャーマンスープレックスで観客を沸かせ判定勝ち。試合後のマイクで現在40歳だということを語ると、観客からはどよめきの声が起こった。


第4試合 ウェルター級 5分2R
△岩瀬茂俊(T-BLOOD)
△九十九優作(和術慧舟會横浜道場)
判定1-0

第3試合 バンタム級 5分2R
×堀 友彦(フリー)
○原田ヨシキ(マッハ道場)
1R 3'58" KO (右フック) 

第2試合 ライト級 5分2R
○永瀬 功(GRABAKA)
×秀虎(AK)
判定3-0

第1試合 ライト級 5分2R
○川崎泰裕(R-BLOOD)
×大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)
判定2-1

Home > REPORTS > DEEP > 北岡、菊野に判定勝ち。中村大介がライト級王者に:6.15 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について