Home > REPORTS > DEEP > チェ・ドゥホ、石田光洋を1R飛び膝葬:12.16 後楽園

チェ・ドゥホ、石田光洋を1R飛び膝葬:12.16 後楽園

「FIGHT FOR JAPAN」10th Anniversary DEEP 56 IMPACT
2011年12月16日(金) 後楽園ホール
 メインではDEEPウェルター級王者・白井祐矢が奥野“轟天”泰舗との打撃戦を制し、判定勝ちで2度目の王座防衛に成功。セミでは韓国の20歳の新鋭・チェ・ドゥホが10月の有明大会での帯谷信弘戦に続き、石田光洋を飛び膝蹴りでKOし、底知れぬ強さを見せつけた。
  レポート&写真:井原芳徳


第10試合 DEEPウェルター級タイトルマッチ 5分3R
○白井祐矢(Team M.A.D/王者)
×奥野“轟天”泰舗(CAVE/挑戦者)
判定5-0
※白井が2度目の防衛

 1R、ガードを下げて真っ直ぐ距離を詰めてくる奥野に、白井がパンチを当ててぐらつかせると、度々テイクダウンに成功してバックマウントを奪って攻勢。アームロック、ギロチンでフィニッシュを狙う。



 2Rは奥野の右ストレートでひるむ場面もあったが、真っ直ぐ突進してきた奥野に右フックを当ててダウンさせると、グラウンドで肩固めを狙って追い詰める。
 3Rも白井は奥野の右ストレートをもらってしまい、左まぶたから出血してしまうが、繰り返しテイクダウンに成功し主導権をキープ。ゾンビのようにしつこく前に出てくる奥野をパンチで苦しめ続け、文句無しの判定勝ちで王座防衛に成功した。




第9試合 フェザー級 5分3R
○チェ・ドゥホ(韓国/CMA KOREA)
×石田光洋(T-BLOOD)
1R 1'33" TKO (レフェリーストップ:右飛び膝蹴り→グラウンドパンチ)
※チェは計量900gオーバーでイエローカード2枚

 石田が2度目のタックルでテイクダウンを奪いそうになったが、ドゥホはロープをつかむ反則でテイクダウンを逃れる。レフェリーのブレイクは無く、口頭での注意のみで試合は続行する。
 その後、石田はコーナーに押し込んで再びテイクダウンを狙うが、離れ際にドゥホの右フックをもらってしまうと一瞬腰が落ちる。するとドゥホは隙を逃さず、帯谷を葬った飛び膝蹴り一撃。石田は苦しみながらもコーナーから逃れたが、左ストレートをもらって再びぐらつき、タックルで防御に行ったところに飛び膝を合わせられてダウンしてしまう。すぐさまドゥホはパウンドでラッシュしレフェリーストップ勝ちを果たした。




 計量オーバーとロープつかみの失態はあったものの、圧倒的な破壊力でインパクトを残したドゥホ。試合後のマイクでは「練習中に右足を怪我して、試合ができる状態では無かったですが、勝ててうれしいです」と語り、「もっと練習して、必ずDEEPのチャンピオンになります」とアピールした。


第8試合 バンタム級 5分2R
○中村“アイアン”浩士(東京イエローマンズ)
×赤尾セイジ(NEX-SPORTS)
判定3-0

 中村がタックルで度々テイクダウンに成功し、バックやマウントを奪って終始主導権をキープして完勝した。




第7試合 バンタム級 5分2R
×原田ヨシキ(マッハ道場)
○中村優作(総合格闘技スタジオSTYLE)
1R 終了時 負傷判定0-3

 中村が右フックで原田を度々ダウンさせて圧倒していたが、原田の突き出した指が中村の目に入ってしまい、1R終了後のインターバルでドクターストップ。そこまでの試合内容で判定が行われ、中村は白星を得たが、「もう1回、原田選手と試合やらせてください」とマイクアピールした。




第6試合 メガトン級 5分2R
○誠悟(TEAM東京CLUTCH)
×キム・チャンヒ(韓国/CMA KOREA)
1R 1'38" KO (左フック)


第5試合 フェザー級 5分2R
×加藤友弥(BONDS)
○佐藤宗幸(蒼天塾)
判定0-3


第4試合 ウェルター級 5分2R
○渡辺良知(AACC)
×窪田幸生(坂口道場 一族)
1R 0"17" TKO (レフェリーストップ:右ハイキック→グラウンドパンチ)


第3試合 フェザー級 5分2R
×寺田 功(ALLIANCE)
○遠藤大翼(和術慧舟會駿河道場)
判定0-3


第2試合 ライト級 5分2R
×大原樹里(KIBAマーシャルアーツクラブ)
○梶田高裕(GSB)
判定0-3


第1試合 ライト級 5分2R
×近藤秀人(マッハ道場)
○福本よう一(和術慧舟會/頂柔術)
1R 4'49" チョークスリーパー

Home > REPORTS > DEEP > チェ・ドゥホ、石田光洋を1R飛び膝葬:12.16 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について