Home > REPORTS > DEEP > 中村“アイアン”浩士、王者・今成から金星:2.25 後楽園

中村“アイアン”浩士、王者・今成から金星:2.25 後楽園

10th Anniversary DEEP 52 IMPACT
2011年2月25日(金) 後楽園ホール
 DEEPバンタム級王者・今成正和(Team-ROKEN)は、2年半前に日沖とも引き分けた実績のある中村“アイアン”浩士(東京イエローマンズ) とノンタイトル戦を行ったが、得意の関節技を封じられて劣勢が続き判定負け。ライトヘビー級王者の中西良行(Team M.A.D)は、ミドル級への減量に失敗し、元同級王者の桜井隆多(R-BLOOD) に逆転一本負けした。
  レポート:井原芳徳  写真:神谷渚


第11試合 DEEPメガトン級(体重無差別)王者決定戦 5分3R
×桜木裕司(掣圏会館/パンクラス・ライトヘビー級1位)
○田澤和久(THUG LIFE香和)
2R 0'54" チョークスリーパー
※田澤が新王者に

 1R、柔道出身で体格でも上回る田澤が、序盤から桜木をロープに押し込んでテイクダウンに成功すると、あっさりとバックマウントを奪取。パウンドを落とし続け、チョークを狙い、主導権を握る。だが3分ほどその状態が続き、フィニッシュに持ち込めないでいると、残り1分、桜木は体を反転させて脱出し、猪木アリ状態からのサッカーボールキックで反撃する。ブレイク後、田澤のタックルに合わせてバックスピンキックを当てると、そのまま田澤を倒し、踏みつけとパウンドのラッシュ。踏みつけはロープをつかみながらで反則だったが、最後に田澤を追い詰め、流れを変える。



 2Rも序盤、桜木が左ミドルを当て、先手を取ったが、田澤は組み付いて豪快に倒すと、すぐにバックマウントを奪い、桜木の体を伸ばしてチョークを極めタップアウト。苦しみながらも初のタイトル奪取に成功した。




第10試合 ミドル級 5分3R
○桜井隆多(R-BLOOD)
×中西良行(Team M.A.D/DEEPライトヘビー級王者)
3R 3'48" 腕ひしぎ十字固め

 一階級落としての試合となった中西は、計量で950gオーバーし、イエローカード2枚からスタート。だが1R、サウスポーの構えから左の膝蹴りをきっかけに、パンチも当てて先手。終盤にはタックルからテイクダウンに成功し、サイドからアームロックを狙う。2Rにもスタンドの攻防の後、片足タックルからテイクダウンに成功。立ち上がってサッカーボールキックを放ったり、パウンドを落としたりと、優位に試合を運ぶ。
 だが終盤、足関を狙いに行くと失敗し、スタンドに戻され隆多のパンチを浴びて鼻血を出してしまう。残り20秒には隆多がタックルでテイクダウンに成功。中西は減量失敗の影響か、2R終盤から動きが落ち、3Rは開始すぐに隆多がタックルでテイクダウンに成功。パウンドを落とし、ハーフガードからボディに膝を当てる等しつつプレッシャーをかけ、アームロックを狙いながらマウントを奪取。最後は腕十字を極めてタップを奪い、見事逆転勝利を果たした。




第9試合 バンタム級(ノンタイトル戦) 5分3R
×今成正和(Team-ROKEN/DEEPバンタム級王者)
○中村“アイアン”浩士(東京イエローマンズ)
判定0-3 (小路=中村/芹澤=中村/千葉=中村)

 今成はいつもの試合同様、スタンドで距離を取り、変則のタックルから組み付いて、関節技を狙う展開を繰り返す。アイアンは不用意に近づかず、今成のタックルを切って猪木アリ状態にし、ブレイクを誘い続ける。2R中盤には、今成のタックルを潰して上になると、サイド、マウントと移行し、肩固めを仕掛ける。今成は体を反転させて脱出するが、印象を悪くする。



 3R、開始いきなり今成はカニ挟みで組み付き、下から腕十字を仕掛けるが、アイアンは一個一個の動きに反応して極めさせず。パワーを活かしたリフトも駆使し、脱出に成功する。アイアンはそのまま今成をコーナーを背中にさせると、ハーフからパウンドを連打。今成も下からアームロックを狙うが、アイアンは難なく防御。その後もアイアンはマウントを奪うなど、優勢を維持する。ブレイクがかかると、残り1分、今成がタックルから引き込んできたが、アイアンは防御。最後はスタンドに戻ると、タックルから足を掛けてテイクダウンに成功する場面も作る。判定の結果、優勢な場面の多かったアイアンに軍配。タイトル戦につながる金星を奪った。




第8試合 フェザー級 5分2R
○昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)
×加藤友弥(BONDS)
1R 1'27" TKO (ドクターストップ:パンチによる右まぶたのカット)



 スタンドの攻防で、足を止めての打ち合いの後、両者笑顔で「来い」とアピール。再び打ち合いになると、昇侍の左フックで加藤の腰が落ちる。加藤は片足タックルに行って防御するが、昇侍は片足立ちで下がりながら加藤の右まぶたにパンチを連打。これで加藤のまぶたが切れ、ドクターストップとなった。昇侍は「加藤選手も『まだやれる』と言ってたので、お互いメジャーになって、デカいリングで戦えたらうれしいです」と加藤に呼びかけた。




第7試合 女子52kg契約 5分2R
×石岡沙織(禅道会)
○ハム・ソヒ(韓国/CMA KOREA)
判定0-3



 開始すぐから、サウスポーのソヒが左ミドル、左ハイ、左フックを度々ヒット。攻撃が単発ではなく、右ミドル、右ハイも当て、上下左右にうまく散らされており、石岡は手も足も出ない状態が続く。2R中盤には左ミドルを効かされ動きが止まる。終盤にはタックルを潰され、グラウンドでバックを奪われるなど攻め込まれ続け、リベンジマッチは完敗に終わった。



宮下トモヤチャリティーエキシビジョンマッチ
-勝村周一朗(リバーサルジム横浜グランドスラム/修斗世界フェザー級王者)&KEI山宮(GRABAKA/パンクラス・ウェルター級3位)
-砂辺光久(TEAM reversal/パンクラス・フライ級1位)&石井大輔(クレイジータイガージム)
勝敗無し

 昨年11月からガンのため入院している宮下へのチャリティエキシが行われ、プロレスのタッグマッチのような内容で場内を盛り上げた。終了後、勝村が宮下から届いたメールを代読。「先日ガンの手術が終わりました。今のところ順調です。僕のかかったガンは若い人に多いガンで、みんなにガンのことを知ってもらいたいので、早くリングに復帰したいです」といった内容だった。




第6試合 フェザー級 5分2R
○山崎 剛(GRABAKA)
×津田勝憲(総合格闘技津田沼道場)
1R 1'33" 腕ひしぎ十字固め



 開始すぐから上になった山崎は、逃げようとする津田を捕まえ続け、1分足らずでサイドポジションをキープ。そこからアームロックを狙いつつ、腕十字に移行し、クラッチを切る。津田は耐え続けたものの、セコンドの田村彰敏がタオルを投入した。1年ぶりの総合の試合で快勝した山崎はマイクを持つと、練習仲間の宮下トモヤのガン手術成功を祝い「あいつがリングに戻ってきた時に、やる気出るように、格闘技を盛り上げていきます」と決意を示した。


第5試合 ウェルター級 5分2R
○岩瀬茂俊(T-BLOOD)
×渡辺良知(AACC) 
1R 2'42" TKO (レフェリーストップ:左フック→グラウンドパンチ)

第4試合 無差別級 5分2R
×NORI(バトラーツ竜司ウォルター RYUJI TEAM)
○長谷川賢(BAD SECURITY)
1R 1'15" アームロック

第3試合 バンタム級 5分2R
○和田竜光(吉田道場)
×粕谷 栄(木口道場)※粕谷さかえ 改め
判定3-0

第2試合 59kg契約 5分2R
○小林聖人(総合格闘技津田沼道場)
×益田 亮(蒼天塾)
判定3-0

第1試合 ライト級 5分2R
○Barbaro44(クラブバーバリアン)
×LUIZ(禅道会)
2R 4'56" TKO (レフェリーストップ:マウントパンチ)

 昨年5月の地元・富山での松本戦でのフェザー級減量失敗以来となるBarbaroが、第1試合からの出直し戦。1R、LUIZの右ミドルとパンチに攻め込まれる場面もあったが、打ち合いで右フックを当ててLUIZをダウンさせ反撃。2Rも序盤こそLUIZの勢いに押されたが、LUIZは先にガス欠。Barbaroが度々グラウンドになった後、終盤にLUIZの首投げを潰して上になり、マウントパンチの連打でレフェリーストップ勝ち。ライト級での再浮上に向けまずまずのスタートを切った。

Home > REPORTS > DEEP > 中村“アイアン”浩士、王者・今成から金星:2.25 後楽園

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について