Home > REPORTS > DEEP > 宮沢元樹&トイカツ、ブラジル強豪に完敗

宮沢元樹&トイカツ、ブラジル強豪に完敗

BULL TERRIER presents DEEP X 04
2009年7月11日(土) 東京・新木場1stリング
  レポート&写真:久保与志


チョークを極めかけるマルキーニョス
第8試合 メインイベント 80kg契約 4分2R+2分1R
×宮沢元樹(和術慧舟會東京本部)
○マルキーニョス・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)
7-42 (競技6-37/オーディエンス1-2/レフェリー0-3)

 1R、マルキーニョスが片足を取ると、豪快にリフトアップして宮沢からテイクダウンを奪う。マルキーニョスはそのままパスガードしてサイドに付きポイントを加算する。宮沢はバックに付きながら立ち上がるりチョークをしかけるが、マルキーニョスが振り落として再び下になる。宮沢はラバーガードから足を効かせ、マルキーニョスの右腕をオモプラッタで捕らえる。宮沢は体を起こし極めに行こうとするが、マルキーニョスは腕を抜いて立ち上がる。スタンドに戻り、両者がタックルに行こうとしたところで頭がぶつかってしまい、一時中断となる。再開後、マルキーニョスが引き込んで下になると、宮沢は手、肘をマルキーニョスの口元に押し付けてプレッシャーをかける。
 2R、宮沢がタックルに行くとマルキーニョスがギロチンチョークで切り返す。宮沢はチョークを外して上になる。宮沢はパスガードの機会を伺うが、マルキーニョスはリバーサルに成功すると、パスガードからマウント、バックと次々にポジションを移行してポイントを重ね、バックからチョークを極めにいく。宮沢は向き直って上になろうとするが、マルキーニョスは宮沢の動きに合わせて何度もバックに回り、執拗にチョークを狙っていく。
 3R、ポイントで大きくリードしたマルキーニョスがタックルでテイクダウンを奪うと、パスガード、マウント、バックと2Rと同様に怒涛のパスガードでポイントを積み重ねる。宮沢は何とかマルキーニョスのバックポジションから逃れると、タックルでテイクダウンを奪い一矢報いる。ハーフガードからパスを試みながら肩固めをしかけるが、マルキーニョスは足を抜かせずにそのままタイムアップ。持ち味の下からの仕掛けは随所に見せたものの、大差のポイント差をつけられて宮沢にとっては悔しさの募る敗戦となった。


第7試合 セミファイナル 67kg契約 4分2R+2分1R
×戸井田カツヤ(和術慧舟會トイカツ道場
○ハファエル・メンデス(ブラジル/ATOS)
1R 0'58" チョークスリーパー

足を取りあう両者フィニッシュのチョークの場面

 前回の初参戦では、後にADCCアジア予選覇者となった八隅孝平を大差の判定で下し、今年5月にアブダビで開催されたワールド・プロフェショナル柔術で4年間無敗を誇ったフーベンス・シャーレスに土をつけた柔術界の新星・ハファエル・メンデス。この日も戸井田カツヤを相手に圧倒的な強さを見せ付けた。
 メンデスはすぐに引き込んで下から足を効かせてリバーサルを狙うが、戸井田もポジションを与えずに、両者めまぐるしく動きまわる。メンデスは足をたぐって戸井田のバランスを崩しながらバックにまわると、チョークを狙っていく。戸井田は何とか振り落とすと、足関節をしかけようとするが、メンデスは素早くバックを奪いポイントを先取し、すかさずチョークに捕らえると、戸井田は逃れられずにタップアウト。
 日本屈指のグラップラーを相手に、圧巻の秒殺劇で世界の頂を見せつけたメンデス。試合後には「(DEEP Xに向けて)1週間前からノーギの練習をしてきた。これからはADCCまでノーギに集中して練習する」と、9月にスペイン・バルセロナで行われるADCC世界大会制覇に向けて、磐石の態勢で臨む意気込みを示した。


パスガードを狙う八隅
第6試合 69kg契約 4分2R+2分1R
○八隅孝平(パラエストラ東京)
×TAISHO(チームバルボーザジャパン)
18-1 (競技13-0/オーディエンス2-1/レフェリー3-0)

 1R、八隅が片足タックルですかさずテイクダンを奪うが、TAISHOはすぐに立ち上がる。再びスタンドの展開に戻り、八隅が今度は両足タックルでテイクダウンに成功して、2点を先取する。TAISHOはまたすぐに立ち上がりスタンドに戻すが、八隅が遠い間合いから低空タックルをしかけ再びテイクダウンに成功して2点追加する。八隅はガードから脇を差してパスガードを試みるが、TAISHOの足を越えられない。
 2R以降も、TAISHOは八隅の鋭いタックルに対応出来ず、テイクダウンで着々とポイントを重ねられる。一方の八隅も、常にトップをキープする展開が続くが中々パスガード出来ず。セコンドの青木真也からは「(一本は)取られないから、もっとリスク背負えよ!」と厳しい声が飛ぶ。
 八隅は3R終盤にハーフガードから肩固めをしかけつつ、ようやくパスガードに成功するが、残り時間わずかで極めきるには至らず。得意のタックルで着実にポイントを重ね大差の判定で勝利したが、寝かせてからの展開には9月のADCC世界大会に向けての課題として残った。


バックを取る徹
第5試合 69kg契約 4分2R+2分1R
△徹肌ィ郎(和術慧舟會岩手支部)
△廣瀬貴行(パラエストラ葛西) 
7-7 (競技4-4/オーディエンス2-1/レフェリー1-2)

 1R、廣瀬が引き込んで腕十字を仕掛けるが、徹はすぐに潰してパスガードを試みる。お互いにパスガード、リバーサルを狙って目まぐるしく上下が入れ替わるが、共に動き続けてポジションを与えない。ラウンド終盤、徹が足関節からアームロックを狙うが、廣瀬はこれを凌ぐと、バックを伺いながらトップポジションをキープしてリバーサルに成功し、2ポイント先取する。
 2R、廣瀬はテイクダウンを警戒してか、すぐに寝てガードからの展開に持ち込もうとする。徹は首を抱えながらパスガードを試みるが、廣瀬がガードワークで足を効かせてパスを許さない。廣瀬は虚を突くように下から足を取ってタックルを仕掛けるが、これは徹がしっかりと潰す。徹はグラウンドの展開から胴をクラッチして廣瀬をめくると、バックをキープして4点を奪いポイントで逆転。そこからチョークを狙うが廣瀬が凌ぐ。
 最終の3R、ポイントで劣勢の廣瀬は下から腕を狙いながらリバーサルの機会を伺う。徹は腕を抜くと、廣瀬の頭を洗濯バサミに捕らえて、腕、足をたぐっていく。徹の仕掛けに冷静に対処した廣瀬は、頭を抜いてトップポジションをキープして、リバーサルで2点を獲得してポイントをイーブンに戻す。さらにハーフガードからパスを狙いながら肩固め、アームバーと積極的に仕掛けていったところで試合終了のゴング。
 最後まで動きの落ちなかった熱戦は、オーディエンスは2-1で徹を支持、レフェリーが1-2で廣瀬を支持して痛み分けのドローに終わった。


足関節を狙う湯浅
第4試合 女子無差別級 4分2R
×闘牛・空(フリー)
○湯浅麗歌子(ポゴナ・クラブジム)
1-13 (競技0-8/オーディエンス1-2/レフェリー0-3)

 開始直後、空がロープで勢いをつけてタックルにいくが、湯浅が上手く切り返して上になりテイクダウンで2ポイント先取する。湯浅はバックを伺いながらチョークを狙うが、空が振り落として上になる。ボトムから足関節、ヒップスローでリバーサルを試みる湯浅に対し、空もきっちりと仕掛けを潰してポイントを与えない。
 2R、湯浅がタックルでテイクダウンに成功して2ポイントを加点。空が下からオモプラッタを仕掛けるが、湯浅は体の位置を変えてハーフガードに戻すと、バックを奪い4点を加え、そこからチョークスリーパーを狙っていく。空が向き直って上を取り、腕十字をしかけようとしたところでタイムアップ。切れのある動きで着実にポイント重ねた湯浅が判定勝利を収めた。


ホベルトがマウント奪取
第3試合 ブラジリアン柔術特別マッチ 75kg契約 8分1R
○ホベルト・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)
×山内康悦(AXIS柔術アカデミー)
3'03" 送り襟絞め

 ホベルトは引き込んで下になると、山内の足を持って立ち上がり片足タックルのような形で山内を倒し2ポイントを先取する。さらにパスガード、ニーオンザベリー、マウントと次々にポジションを移行してポイント重ね、最後は山内の上半身を殺しながら送り襟絞めを極めてタップを奪い、鮮やかな一本勝ちを飾った。


セコンドにはMIKU
第2試合 無差別級 4分2R
○福本吉記(クラブバーバリアン代表)
×尾薗勇一(ジュエルス代表)
2R 0'38" チョークスリーパー

 尾薗勇一ジュエルス代表のセコンドにはジュエルス出場選手の面々、福本クラブバーバリアン代表のセコンドにはMIKUがセコンドに付く。試合は尾薗がタックルでテイクダンに成功し、2ポイント先取する意外な幕開けに。福本は下から何度もリバーサルを試みるが、尾薗が必死に凌いでポイントを与えない。1R終盤にようやく福本がリバーサルに成功して、ポイントを2-2のイーブンに戻す。2R、福本が引き込むと、リバースからマウントを奪い一気に6ポイントを加点し、すかさずチョークスリーパーに捕らえると尾薗はたまらずタップ。1Rは尾薗の健闘が光ったが、柔術黒帯の福本が力の差を見せつけ、代表対決を制した。


山田が足関節を仕掛ける
第1試合 80kg契約 4分2R+2分1R
○山田崇太郎(Brave)
×マテウス・イリエ・ネキオ(ブラジル/PUREBRED大宮)
17-2 (競技11-2/オーディエンス3-0/レフェリー3-0)

 引き込んだ山田が下から積極的に仕掛け、ギロチンチョークに捕らえるがネキオが何とか抜く。さらに山田は足関節を仕掛けながらリバーサルに成功すると、パスガードしてマウントを奪い6ポイント加点する。山田が再び足関節をしかけたところをネキオがリバーサルして上になり2ポイント返す。
 2Rも山田が引き込んで下からしかけるがポイント獲得には至らず。3Rにリバーサルからパスガードしてサイドにつき5ポイント追加した山田が、オーディエンス、レフェリージャッジも全て獲得して大差の判定で勝利した。


[オープニングファイト]

第4試合 オープニングメイン 65kg契約 5分1R
○村田卓実(和術慧舟會A-3)
×レアンドロ・“カスカオン”・ヤマシタ(ブラジル/Jaws柔術)
2-0

第3試合 無差別級 5分1R
×江口信一郎(DOBUITA)
○山本康之(DEEPジム)
2-4

第2試合 70kg契約 5分1R
△嶌崎公次(クラブバーバリアン)
△伊勢谷岳広(パラエストラ松戸)
0-0

第1試合 64kg契約 5分1R
△西林浩平(GRABAKA柔術クラブ)
△木内 康(名古屋ブラジリアン柔術クラブ)
0-0

[フューチャーファイト]

第4試合 62kg契約 5分1R
○平尾悠人(エクストリーム柔術アカデミー)
×木内崇雅(和術慧舟會駿河道場)
9-0

第3試合 無差別級契約 5分1R
△荒井勇二(MAX柔術アカデミー&ヨガスタジオ)
△関根秀樹(ボンサイ柔術)
0-0

第2試合 77kg契約 5分1R
×森 雄大(パラエストラ吉祥寺)
○ジュニオール・ハンダ(ブラジル/Jaws柔術)
0-2

第1試合 63kg契約 5分1R
×菊池辰悟(リバーサルジム)
○榎本 悟(PUREBRED川口REDIPS)
2-6

Home > REPORTS > DEEP > 宮沢元樹&トイカツ、ブラジル強豪に完敗

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について