Home > REPORTS > DEEP > 帯谷&DJ、逆転TKO勝ち。中西&昇侍が判定負け

帯谷&DJ、逆転TKO勝ち。中西&昇侍が判定負け

ファイティングロードpresents DEEP 39 IMPACT
2008年12月10日(水) 後楽園ホール
 メインでは元ライト級王者の帯谷信弘が、2年ぶりの試合を逆転TKOで制し感激の涙。DJ.taikiは植松を下し、三島の持つフェザー級王座にまた一歩近づいた。同級の昇侍は大塚隆史に完敗。ミドル級は王者・中西裕一が敗れ一層混沌としてきた。
  レポート&写真:井原芳徳


第11試合 メインイベント ライト級 5分3R
○帯谷信弘(木口道場/元DEEPライト級王者)
×Barbaro44(クラブバーバリアン)
2R 2'35" TKO (レフェリーストップ:右ストレート→グラウンドパンチ)



 1R、Barbaroが右フック、右アッパーを炸裂させ、帯谷に鼻血を出させ、左目の視界をふさぐ。帯谷は距離感が狂い「Barbaro選手の顔とボディがズレて見えた」といい、Barbaroの左ボディと左フックの連打、右ロー等ももらい続け劣勢を強いられる。
 しかし帯谷は「修羅場をくぐってきた数で上回っているから、絶対にどっかで倒せると思っていた」といい、2Rに入ると、それまで闇雲に振り回すだけだった右フックが、コンビネーションの中でヒットするように。Barbaroのローやミドルをもらっても前に出て、最後はロープに詰めて一気にパンチラッシュ。ダウンしたBarbaroにパウンドで追い討ちをかけたところでレフェリーがストップした。
 2年ぶりの試合で勝利をもぎ取った帯谷は、リング上で涙。休業中は「格闘技をやらなくても他の仕事で食えるのに、何で格闘技をやっているのが悩んだ」日々もあったことを明かし、今後については「格闘技が強いのは9年もやってれば当たり前だから、人間として大きくなりたいですね」と話した。


第10試合 セミファイナル ミドル級 5分3R
×中西裕一(フリー/DEEPミドル級王者)
○白井祐矢(TeamM.A.D)
判定0-3 (竹村=白井/芹澤=白井/梅木=白井)



 両者ともスタンドで攻撃を出すが、単発止まりで決め手に欠く。2Rには中西のバッティングで白井が右まぶたをカット。さらに3Rには中西の蹴りがローブローになり、白井が2分近く休む場面も。だが白井はフラフラになりながらも、終盤にギロチンでチャンスを作る。結局、白井に軍配が上がったものの、佐伯繁DEEP代表も評すように「決定打があったかというと微妙」な内容。佐伯氏は「タイトルマッチで再戦させたい気持ちもあるけど、福田・隆多・柴田ら他にも選手がいるので考えないといけない」と、ダンゴ状態のミドル級戦線に頭を抱えた。


第9試合 フェザー級 5分3R
×昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)
○大塚隆史(AACC)
判定0-3 (竹村=大塚/芹澤=大塚/木村=大塚)



 大塚が昇侍の得意とする打撃を封じ、たびたびタックルでテイクダウン。サイド・上四方から押さえ込み、マウントを奪うが、パウンドを落とそうとすると昇侍が脱出し、なかなかダメージを与えられない。昇侍もリバースして上になってからの攻めに持ち込めず、すぐにリバースを許す。
 3R後半には、相手のお株を奪う右フックで大塚は昇侍をひるませる。その後も体力消耗の気配を見せずに攻め続け、終了間際にはチョークを仕掛ける。惜しくも時間切れとなったが、完勝を印象づけるラストだった。
 大塚は公約通り、実績で上回る昇侍を逆に踏み台にすることに成功。「昇侍選手はDREAMを目指している元パンクラスのチャンピオン。今日は情けない試合ででしたけど、勝ったんで、来年はDREAMのフェザー級トーナメントを目指したい」とマイクアピールした。佐伯代表も「DREAMがフェザー級トーナメントをやるのなら、大塚選手が抜け出た」と高く評価した。


第8試合 63.7kg契約 5分3R
○DJ.taiki(フリー)
×植松直哉(クロスポイント吉祥寺)
1R 2'30" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)



 開始すぐ、DJとの距離を詰めて引き込んだ植松は、下から素早い動きで腕十字を仕掛ける。DJの腕のフックが切れて極まったかに見えたが、DJはうまくポイントをずらしつつ振りほどくと、豪快にパウンドのラッシュ。再び植松が腕十字で捕獲しそうになったが、DJはそれを防ぐと、鬼気迫る表情でパウンドをラッシュし、植松を葬った。前回の対戦が植松の怪我で延期となり、収入面で苦しくなった恨みがリング上で爆発した。
 試合後のマイクでは、今回ノンタイトル戦だった練習仲間の中西裕一のミドル級タイトル挑戦を要求し、独自の空気に会場を包み込む等、三の線を貫いたDJ。しかし佐伯代表も三島の持つフェザー級タイトル挑戦にDJが「近づきましたね」と、実力の高さを認めざるをえなかった。なお、体格差のある試合を承諾した植松に関しても、佐伯代表は高く評価し「負けても持ち味を出した選手は使っていきたい」と話した。


第7試合 ライト級 5分2R
○菊野克紀(ALLIANCE)
×キム・ジャンヨン(韓国/CMA KOREA KTT)
判定3-0 (竹村=菊野/芹澤=菊野/梅木=菊野)

 極真空手がベースの菊野が、右ミドルと右フックを当てつづけ、終始優位を維持。試合後は「来年4月、ライト級のベルトを巻いているのは僕です」とアピールした。

第6試合 65kg契約 5分2R
×孫 煌進 [ソン・ファンジン](スクランブル渋谷)
○ジョン・チャンソン(韓国/CMA KOREA KTT)
1R 0'17" KO (左フック)

 開始すぐ、チャンソンがリーチを活かして左フックをヒット。これ一発で試合を終わらせ、センスの高さを印象づけた。

第5試合 ライト級 5分2R
○井上誠午(和術慧舟會GODS)
×ISE(PUREBRED大宮)
判定3-0 (竹村=井上/芹澤=井上/木村=井上)

 1R、ISEがテイクダウンに成功するとパウンドを落とし攻勢。だが2R、誠午がスタンド状態でのアームロックでISEの左腕を破壊。ISEはドクターストップを拒否して戦いつづけたが、反撃できなかった。

第4試合 無差別級 5分2R
△井上俊介(吉田道場)
△田澤和久(THUG LIFE香和)
判定1-0 (竹村=ドロー/木村=井上/芹澤=ドロー)

 1R、テクニックで勝る井上が右フックを当て田澤をKO寸前に追い込む。だが2R、体重で勝る田澤が重みのあるパンチのラッシュで反撃。ドローに持ち込んだ。

第3試合 DEEP対和術慧舟會対抗戦 ミドル級 5分2R
×渡辺悠太(ALLIANCE)
○内藤征弥(和術慧舟會A-3)
1R 1'25" TKO (レフェリーストップ:右ストレート→グラウンドパンチ)

 渡辺の右フックで先手を取られた内藤だが、直後に右ストレートを返すと一気に反撃。豪快な攻めで対抗戦を慧舟會の勝ち越しで締めくくった。

第2試合 DEEP対和術慧舟會対抗戦 ウェルター級 5分2R
×小池秀信(GRABAKA)
○九十九優作(和術慧舟會TIGER PLACE)
1R 終了時 TKO (タオル投入:左膝の負傷)

 石川英司の代役で急遽出場した小池だったが、九十九のローを数発もらうと苦痛の表情。その後もパウンドラッシュで劣勢を強いられ、インターバル終了後に佐々木有生がタオルを投入した。

第1試合 DEEP対和術慧舟會対抗戦 ライト級 5分2R
○LUIZ(禅道会)
×三浦 忍(和術慧舟會TIGER PLACE)
判定2-0 (梅木=LUIZ/竹村=ドロー/木村=LUIZ)

 LUIZが1Rから右の蹴りで主導権。2Rもパンチとテイクダウンで攻め完勝した。

フューチャーファイト 5分2R
×坂原康弘(DEEPジムIMPACT)
○稲葉 聡(秋本道場Revo龍tion)
2R 1'48" TKO (レフェリーストップ:グラウンドパンチ)

Home > REPORTS > DEEP > 帯谷&DJ、逆転TKO勝ち。中西&昇侍が判定負け

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について