Home > REPORTS > DEEP > 滑川×柴田はドロー。桜井隆多、大類に辛勝

滑川×柴田はドロー。桜井隆多、大類に辛勝

ファイティングロードpresents DEEP 38 IMPACT
2008年10月23日(木) 後楽園ホール
(レポート:井原芳徳)
第10試合 86kg契約 5分3R
△滑川康仁(Team M.A.D)
△柴田勝頼(ARMS)
判定0-0 (森山=ドロー/梅木=ドロー/芹澤=ドロー)



 滑川は1Rにアキレス腱固め、2Rにマウントからの腕十字でチャンスを作るが、タイミングがずれ柴田に脱出を許す。腕十字の後、柴田はパウンドのラッシュで反撃。しかし3Rは両者とも体力を切らし、スタンドで攻めあぐねドロー。煮えきらないメインイベントとなってしまった。


第9試合 ミドル級 5分2R
○桜井隆多(R-BLOOD)
×大類宗次朗(SKアブソリュート)
判定2-1 (芹澤=桜井/森山=大類/野口=桜井)



 大類がたびたび上になり、パウンドを落とすが、クリーンヒットが少ない。隆多もアームバーや腕十字で応戦するが、極めには至らず。シーソーゲームで評価が割れたが、かろうじて隆多が元王者の威厳を守った。


第8試合 無差別級 5分2R
○川口雄介(BLUE DOG GYM/DEEPメガトン級(+100kg)王者)
×星龍 [せいりゅう](モンゴル/日出ノ国)
判定2-0 (木村=ドロー/森山=川口/芹澤=川口)

 ベルト奪取後初の試合で期待のかかった川口。星龍をパンチラッシュでたびたび追い詰めるが、逆に星龍のパンチもコツコツもらい続けるうちに失速。2Rは殴り合い、押し込みの繰り返される、典型的なメガトン膠着に陥り、川口はスッキリしない勝利に終わった。



第7試合 女子ライト級(48kg) 5分2R
○しなしさとこ(フリー/DEEP女子フライ級(45kg)王者)
×関友紀子(巴組)
1R 1'32" 腕ひしぎ十字固め



 最初のテイクダウンの直後にバックを取られかかったしなしだが、冷静に脱出。その後も度々関を倒して主導権を維持し、最後はテイクダウンの後、ポジションをキープすることなく速攻で腕十字を極め快勝した。



 休憩明け、元ライト級王者の帯谷信弘と元ミドル級王者の長南亮がリングイン。帯谷は12/8後楽園大会で2年ぶりに復帰すること、長南は12/27のUFCに出場予定であることを明かした。
 また、今大会を負傷欠場した植松直哉がリング上で謝罪。対戦予定だったDJ.taikiは「収入源が無くなって困っている。怪我や病気で休まない選手とやりたい。僕も色々怪我しながら戦っている。あらかじめ補欠の選手を用意して欲しい」と不満を述べた。DEEPの佐伯繁代表は、12月大会で両者の試合を組み直すとし、「万一のことを考えておく」とも付け加えた。


第6試合 ミドル級 5分2R
○福田 力(GRABAKA)
×ジェイソン・ジョーンズ(オランダ/マイクスジム)
判定3-0 (森山=福田/木村=福田/野口=木村)

 福田は1R、バックマウントを奪いチョークを極めかけるが一本に至らず。2Rもマウントを度々奪うがジョーンズの馬鹿力で引っくり返されてしまう。勝ったものの、極めの弱さは今回も課題として残った。


第5試合 フェザー級 5分2R
×金原正徳(パラエストラ八王子 / チームZST)
○大塚隆史(AACC)
判定1-2 (野口=大塚/木村=金原/森山=大塚)



 1R前半は金原のペース。オンブの状態からチョークを狙い、下になってもアームロックを狙う。だが中盤のブレイク後、大塚が右フックを当てると反撃。タックルで上になりマウントを奪う場面も。2Rもグラウンドでパンチを当てつづけ、金原は体力を消耗。大塚はロープ掴み、ローブローと反則が続き、終了間際にも右アッパーを浴びてしまったが、トータルの攻勢の時間の差で勝利。日本復帰は幸先よいスタートとなった。


第4試合 ウェルター級 5分2R
○石川英司(GRABAKA)
×シメオン・ソーレセン(ノルウェー/チーム・ヘルボーイ)
判定2-0 (森山=石川/野口=石川/木村=石川)



 手足が長く、顔もいいソーレセンは存在感があったが、下からの柔術的な攻めにこだわり過ぎ、石川のパウンドと上からのプレッシャーを受けるうちにスタミナを消耗。MMAへの適応が不十分な印象が残る。石川も決め手に欠いたが、終始主導権を維持し勝利した。


第3試合 ライト級 5分2R
○ISE(PUREBRED大宮)
×奥出雅之(ゴールドジムサウス東京 / チームZST)
判定3-0 (野口=ISE/森山=ISE/梅木=ISE)

 奥出が再三タックルを仕掛けるが、ISEが潰し、パウンドを落とすという展開が繰り返される。奥出は2R、リバースして腰を浮かした場面でも、パウンドを打ちあぐねており、ZSTルールがパウンド無しのためか、攻守に渡ってパウンドへの対応に課題が残った。



第2試合 無差別級 5分2R
×誠悟(フリー)
○小阪俊二(ファイテングマスター)
1R 3'30" TKO (レフェリーストップ:スタンドパンチ連打)

 アームロックで先手を取った誠悟だが、小阪に脱出されると、右フックでグラリ。最後は小阪がパンチラッシュで逆転勝利を奪った。



第1試合 ライト級 5分2R
×雷暗 暴(雷道場)
○松本晃市郎(今田道場)
判定0-3 (芹澤=松本/梅木=松本/森山=松本)

 松本がスタンドで左ボディを当てつづけ、左フックで雷暗をダウンさせる。だが松本は上になってから追い討ちをかけず、スタンド勝負を望んでしまい、チャンスを逃す。2Rも松本がスタンドで優勢だったが、雷暗もタックルで再三上に。終了間際にマウントを奪うが、エンジンがかかるのが遅すぎ、新鋭の松本に5連勝を許した。

【フューチャーファイト】

第2試合 73kg契約 5分2R
△岸本泰昭(総合格闘技道場コブラ会)
△徳久宜生(マッハ道場)
時間切れ

第1試合 ライト級 5分2R
△川崎康裕(R-BLOOD)
△徳重祐樹(ALLIANCE)
時間切れ

Home > REPORTS > DEEP > 滑川×柴田はドロー。桜井隆多、大類に辛勝

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について