Home > REPORTS > 空道 > 第4回世界選手権 中村知大が-230優勝。他階級はロシア勢が制覇:11.15-16 代々木

第4回世界選手権 中村知大が-230優勝。他階級はロシア勢が制覇:11.15-16 代々木

国際空道連盟「第4回世界空道選手権大会」
2014年11月15日(土)~16日(日) 代々木競技場第二体育館
  レポート&写真:井原芳徳 (J SPORTS 3にて12/14(日)17~19時に放送)


◆男子-230
○中村知大(大道塾総本部)
×エドガー・コリアン(ロシア)
不戦勝 (コリアンが左腕を負傷)

3位 目黒雄太(大道塾長岡)
4位 末廣智明(大道塾吉祥寺)


◆男子-240
○ゲガム・マナヴァシアン(ロシア)
×アンドレイ・グリシン(ロシア)
一本

3位 ニコラス・ヌニェ(チリ)
4位 バトムー・ダンディンスレン(モンゴル)


◆男子-250
○ルスラン・ケレサエフ(ロシア)
×清水亮汰(大道塾総本部)
延長判定5-0 (効果1-0)

 2001年から4~5年間隔で開催された世界選手権も今回が4度目。選手人口の多い日本とロシアの選手が決勝に多数残る構図となり、日本対ロシアの試合では場内には「ニッポン」「ロシア」コールが混ざって鳴り響く。
 空道では身長と体重を足した「体力指数」による階級分けがなされ、清水は72.9kg、ケレサエフは74.9kg。ジュニで実績を重ねた19歳の清水に対し、序盤からケレサエフが圧力をかけ、右のパンチと左右のハイを当て続ける展開で、何度も清水は後退して場外に落ちる。本戦3分で決着がつかず3分の延長になってもその流れは変わらず、効果1を獲得したケレサエフが優勝した。

3位 アレクサンダー・ストレチェンコ(ウクライナ)
4位 アレクセイ・コノネンコ(大道塾東北本部)


◆男子-260
○アダム・カリエフ(ロシア)
×アレクセイ・カリトノフ(ロシア)
再延長5-0

3位 加藤和徳(大道塾吉祥寺)
4位 平塚洋二郎(大道塾仙南)


◆男子-270 
○コンスタンティン・カラウニク(ロシア)
×ユリ・パノフ(ロシア)
延長5-0 (効果2-1)

3位 シャークハン・イスマイロフ(アゼルバイジャン)
4位 辻野浩平(大道塾岸和田)


◆男子270+
○ジャロマエフ・エヴジィニ(ロシア)
×野村幸汰(大道塾札幌西)
本戦 一本

 野村は188cm、124kgの22歳で、柔道は14年の経験があり三段を持つ。春の全日本体力別では260+で準優勝している。野村の体力指数は312、エヴジィニは283.5と大差があるが、エヴジィニは打撃スキルの差でカバー。左ジャブからの右ローを連打すると、右フックでダウンさせ技有りを奪い、最後は既にフラフラの野村を右フックと右ハイの連打でノックアウト。下がった野村は試合場の下に背中から落ちてしまうほどのダメージだった。




◆女子
優勝  アリナ・レゼプキナ(ロシア)
準優勝 イリナ・ビコヴァ(ロシア)

Home > REPORTS > 空道 > 第4回世界選手権 中村知大が-230優勝。他階級はロシア勢が制覇:11.15-16 代々木

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について