北斗旗全日本空道体力別選手権 九州・沖縄地区予選

2009北斗旗全日本空道体力別選手権予選 第32回九州・沖縄大会 及び交流大会
2009年3月22日(日) 福岡・粕屋町総合体育館 かすやドーム・武道場
  レポート&写真提供:池田博紀(福岡格闘技.com

九州・沖縄地区予選 入賞者



軽重量級以上の部 1位/佐藤和浩(那覇) 2位/服部宏明(九州)
中量級 1位/巻 礼史(筑紫野) 2位/長谷川朋彦(北九州)
軽量級 1位/花田元誓(九州) 2位/中村要四郎(北九州)

軽量級



決勝戦(第29試合)
×中村 要四郎(北九州)
○花田 元誓(九州)
延長判定(花田に効果1)
 互いに距離を取ってから、ローなど蹴り主体で攻防。中村は自分から寝技へ持ち込み、下から腕十字を狙うが、失敗。終盤は打ち合いをし、再度寝技で一本を狙うが、試合終了で引き分け、延長戦。花田がローとジャブで攻める、試合途中で中村が爪を負傷した為に、一時試合がストップ、テーピングで応急処理をしてから、試合が再開される。中村が寝技を狙ってからタックルをするが、花田が膝蹴りをカウンターで合わせて効果を奪う。延長戦で効果ポイントをとった花田が軽量級を制した。



※当動画の掲載は大道塾総本部の承認をうけています。

準決勝(Bブロック)第23試合
×水落 信次(筑紫野)
○花田 元誓(九州)
延長判定(花田に効果1)
 花田は飛び込んでから攻めに入る。水落はフックから首相撲、膝蹴り。延長戦で花田の膝蹴りがボディに入り、効果を取る。試合終了間際には花田がマウントポジションを奪うなど、花田に判定で軍配が上がった。

準決勝(Aブロック)第22試合
×岩見 廣和(筑紫野)
○中村 要四郎(北九州)
一本(おくり襟絞め)


2回戦(Bブロック)第14試合
×宮崎 幹雄(筑紫野)
○花田 元誓(九州)
一本(膝蹴り)

2回戦(Bブロック)第13試合
×新井 猛士(北九州)
○水落 信次(筑紫野)
効果優勢勝ち(水落に効果1)
 立ち上がりは様子を見て互いの出方を見る展開だが、水落が大振りのフックで前に出てから、打撃がヒットし効果を取る。新井もフックを掻い潜りながらパンチで攻めるが、パンチで効果を取った水落が効果優勢勝ち。

2回戦(Aブロック)第12試合
○中村 要四郎(北九州)
×小松 浩二(松山拳友会)
判定
 小松が打撃で前に出てくる。中村も寝技で下から腕十字を狙い、その次はマウントポジションからの寸止め突きで効果を狙うが、ブリッジで返される。
中村は組み付いて、顔面膝蹴りを浴びせてから、更に寝技では腕十字、膝十字を狙って行く。判定で中村の勝利。

2回戦(Aブロック)第11試合
○岩見 廣和(筑紫野)
×福原 和也(九州)
判定

1回戦(Aブロック)第3試合
○中村 要四郎(北九州)
×野崎 允裕(筑紫野)
一本(腕ひしぎ十字固め)


中量級



決勝戦(第30試合)
○巻 礼史(筑紫野)
×長谷川 朋彦(北九州)
延長判定
 本戦では巻寝技からの寸止め突き(極め)で効果を取るが、判定は引き分けで延長戦へ。延長戦では立ち技の攻防で、掴んでからの互いに頭突き応酬をする。判定で巻が中量級を制した。


総当たり戦(第25試合)
○長谷川 朋彦(北九州)
×吉濱 実哲(那覇)
延長判定

総当たり戦(第17試合)
○清原 隆介(九州)
×吉濱 実哲(那覇)
延長判定

総当たり戦(第4試合)
○長谷川 朋彦(北九州)
×清原 隆介(九州)
有効優勢勝ち(長谷川に有効1)

総当たり戦
長谷川 朋彦(北九州)決勝進出


トーナメントブロック2回戦(第24試合)
×小田 政司(筑紫野)
○巻 礼史(筑紫野)
一本(腕ひしぎ十字固め)
 小田の蹴り足を掴んでから、寝技へ持ち込み、腕ひしぎ十字固めを極め、一本勝ちにて決勝へコマを進めた。

トーナメントブロック1回戦(第16試合)
×田代 将之(九州)
○巻 礼史(筑紫野)
判定

トーナメントブロック1回戦(第15試合)
○小田 誠司(筑紫野)
×小田 悠介(那覇)
技あり優勢勝ち(小田(誠)に技あり1、有効1)
 小田(誠)はパンチで技ありを取る。互いにフックの連打を出す、小田(悠)も首相撲から膝蹴りを出すが、再度小田(誠)の打撃で有効を取られる。判定で小田(誠)の勝利。


軽重量級以上の部



決勝戦(第31試合)
○佐藤 和浩(那覇)
×服部 宏明(九州)
延長判定
 佐藤はスピードのあるジャブからインローで、服部は圧力をかけてパンチで前進してくる。延長にて佐藤はジャブ、インロー、服部のローキックにパンチを合わせるが、服部もパンチの圧力で前に出てくる立ち技の攻防を見せる。判定で佐藤が軽重量級以上の部を制した。


総当たり戦Bブロック(第27試合)
×細木 政戴(広国大)
○佐藤 和浩(那覇)
判定
 佐藤が細木のタックルを上から潰してから、細木は足を掴んでいる為、無防備となっているボディへ佐藤がパンチの連打を浴びせる。

総当たり戦Bブロック(第19試合)
×池田 祐樹(筑紫野)
○佐藤 和浩(那覇)
判定(佐藤に効果1)
 延長戦にて佐藤が寝技でニー・オン・ザ・ベリーからの寸止め突き(極め)を入れて、効果を奪う。判定で佐藤の勝利。

総当たり戦Bブロック(第6試合)
×細木 政戴(広国大)
○池田 祐樹(筑紫野)
有効優勢勝ち(池田に有効1)
 互いにパンチとローで攻める展開。池田が掴みから顔面膝蹴りを浴びせ、細木のタックルも切ってから、潰してから、立ち技でのラッシュで有効1を奪い。試合終了間際には左フックを当てるなど、全体的に池田が試合のペースを握り、判定で勝利。

総当たり戦Bブロック
佐藤 和浩(那覇)決勝戦進出


総当たり戦Aブロック(第26試合)
○服部 宏明(九州)
×森 卓也(九州)
判定
 森は蹴りを主体として攻め、後ろ蹴りなどを見せる。服部はミドルを受けるが、掴んだ状態からでの前蹴り、パンチのコンビネーションで攻める。森もミドルを返すが、判定で服部の勝利。

総当たり戦Aブロック(第18試合)
○森 卓也(九州)
×西中川 元秀(宗像)
判定

総当たり戦Aブロック(第5試合)
○服部 宏明(九州)
×西中川 元秀(宗像)
一本(腕ひしぎ十字固め)
 西中川がローキックから入ってから、立ち技での打撃の攻防となる。西中川が投げようとするが、投げが潰されてから、バックポジションを服部に取られてから、続いて腕ひしぎ十字固めで関節技を取られる。一本勝ちにて服部の勝利。

総当たり戦Aブロック
服部 宏明(九州)決勝戦進出



交流戦


一般白・青・黄帯の部
1位/八嶋輝直(徳山) 2位/矢田義典(広国大)

少年部
小学1・2年生の部
1位/釘本 陸(朝倉) 2位/石丸楓宇太(朝倉)
3位/鬼丸太一(筑紫野) 4位/大城琳太郎(朝倉)
小学3年生の部
1位/岡田優輝(朝倉) 2位/吉田進之介(宗像)
3位/中山雄介(大野城) 4位/橋山 尋(朝倉)
小学4年生の部
1位/高橋隆生(大野城)
小学5・6年女子の部
1位/井上琴美(朝倉)
小学5・6年生の部
1位/西崎竜生(宗像)

※交流大会の詳細は福岡格闘技.comに掲載しています。

今後のスケジュール



3月29日(日) 西日本地区 愛知県スポーツ会館
4月5日(日) 関東地区 東京都中央区スポーツセンター
4月12日(日) 東北地区 岩手県奥州市水沢武道館
4月19日(日) 北海道地区 札幌市東区体育館

2009全日本空道体力別選手権大会(日本代表選手最終選考試合)
5月17日(日)仙台市青葉体育館・仙台市武道館

2009北斗旗第三回世界空道選手権大会
11月15日(日)国立代々木競技場第二体育館

海外における各国の代表選手は7月末までに選出される予定です。
現時点では約50ケ国の参加を見込んでいます。
大道塾オフィシャルサイト: http://www.daidojuku.com/

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

おすすめジム欄へのジム広告掲載について