Home > REPORTS > CAGE FORCE > 高木、修斗環太平洋王者に肘で勝利:11.28 有明

高木、修斗環太平洋王者に肘で勝利:11.28 有明

CAGE FORCE
2010年11月28日(日) 東京・ディファ有明
  レポート&写真:久保与志


第9試合 ウェルター級 5分3R
×佐藤洋一郎(グレイシー・バッハ東京/修斗環太平洋ミドル級王者)
○高木健太(REDIPS)
1R 0'42" TKO(ドクターストップ:右肘打ちによるカット)

 1R、高木は左ローから、鋭い左ハイを佐藤のガード上から叩き込む。これでスイッチが入ったか、佐藤は強引に距離を詰めて得意の右ストレート。高木はそこに右肘を合わせるが、佐藤はかまわずパンチで前に出て高木を金網に詰める。高木はサークリングして距離を取り直すと、逃がすまいと右ストレートで追いかけてきた佐藤にカウンターの右肘を一閃。これで佐藤の左目尻を切り裂くと、ドクターチェックが入り、傷を見たドクターはすぐに試合をストップ。村山戦ではスイング肘で豪快にKOした高木だが、今回は相手の目尻をカットするテクニカルな一撃で見事なTKO勝利を飾った。



 日本では顔面への肘打ちが許されている総合格闘技団体はほとんどないが、それが可能なケージフォースでは2試合連続となる肘打ちでの秒殺勝利。ケージフォースでも、今までスタンドの肘打ちを狙う選手は皆無に等しかったが、本人も「ほとんどの選手にとって未知数だからこそ、それが逆に大きな武器となる」と話すように、金網での戦いでの新たな脅威となるかもしれない。


第8試合 フライ級 5分3R
○江泉卓哉(総合格闘技道場武門會/パンクラス・フライ級4位)
×タイガー石井(パラエストラ吉祥寺)
1R 0'36" TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ連打)

 1Rは両者慎重に距離を計りながらローを蹴り合う展開が続き、タイガーが江泉のミドルをキャッチしてテイクダウンを奪う。コツコツとパウンドを落とすが、江泉も下からパンチを返す。2Rもローの蹴り合いから、タイガーが再び江泉の蹴りをキャッチするが、ここは江泉がこらえて押し戻すと、タイガーは引き込み気味に下に。江泉は体を起こして、一気呵成にタイガーの顔面にパンチ、鉄槌を連打。しっかりとガードポジションを取れなかったタイガーは、頭を抱えるようにガード一辺倒になってしまい、完全にタイガーの動きが止まったところでレフェリーが試合をストップした。




第7試合 バンタム級 5分3R
○赤井太志朗(ノヴァ・ウニオン・ジャパン/パンクラス・バンタム級2位)
×直撃我聞(PUREBRED大宮)
判定3-0

 1R、互いにサウスポー。ミドル、ローを交えながらパンチでプレッシャーをかける赤井に対し、直撃は素早い出入りから、右フック、左ストレートを合わせる。赤井の左ミドルをキャッチした直撃が細かい連打をまとめるが、赤井はかまわず前に出てローを蹴っていく。



 2R、直撃のワンツーがヒットして赤井の動きが止まるが、追撃に来た直撃を赤井が右フックから返しの左フックで迎え撃ち、直撃がダウン。一気に試合を決めようとパウンドを落とすが、直撃が距離を潰して何とか凌ぐと、立ち上がってスタンドに戻す。直撃はさらに出入りを激しくしながら、右ジャブ、フックをリードブローを的確にヒットさせるが、赤井はさらに圧力を強め、力強い左フック一発ですぐに試合の流れを引き戻す。終了間際には、赤井がスタンドでバックに回り、チョークをしかけながらグラウンドに持ち込むがここは時間が足りず。
 3Rも細かいステップから直撃が右リードをヒットさせるが、赤井のプレッシャーは弱まらず、前に出ての左フックで直撃を下がらせる。直撃もタックルをしかけるなど攻撃に変化をつけようとするが、赤井はこれもしっかりとディフェンス。2Rに大きな見せ場を作った赤井が判定3-0で直撃を下した。


第6試合 フェザー級 3分3R
×岡田孔明(PUREBRED大宮)
○市川ランデルマン(FREEDOM@OZ)
2R 2'49" TKO(レフェリーストップ:左フックからグラウンドパンチ連打)

 市川はノーガードから飛び込んでの左フックで再三岡田を脅かすと、2Rには下がりながら右フックでダウンを奪い、追い討ちのパウンドをまとめる。さらに市川はダメージの残る岡田に左フックをクリーンヒット。この一発で崩れ落ちた岡田にパウンドの連打を浴びせてレフェリーストップを呼び込んだ。



第5試合 ライト級 5分3R
○安藤晃司(和術慧舟會東京本部)
×佐久間博彰(フリー)
1R 0'26" TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ連打)

第4試合 ライトヘビー級 3分3R
○スチュワート・フルトン(フリー)
×松本光正(フリー)
1R 0'35" KO

第3試合 フライ級 3分3R
×金内裕哉(グレイシーバッハ東京)
○三上アスカ(フリー)
判定0-3

第2試合 バンタム級 3分3R
○魚井 守(総合格闘技ゴンズジム)
×杉島大輔(和術慧舟會東京本部)
1R 0'38" KO(左フック)

第1試合 フェザー級 3分3R
×佐々木郁矢(T-Pleasure)
○稲葉 聡(秋本道場 Revo龍tion)
判定0-2

Home > REPORTS > CAGE FORCE > 高木、修斗環太平洋王者に肘で勝利:11.28 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について