Home > REPORTS > CAGE FORCE > 藤井陸平、近藤有己に判定勝ち:9.26 有明

藤井陸平、近藤有己に判定勝ち:9.26 有明

CAGE FORCE
2010年9月26日(日) 東京・ディファ有明
  レポート&写真:久保与志


第11試合 メインイベント ミドル級 5分3R
×近藤有己(パンクラスism/パンクラス・ミドル級王者)
○藤井陸平(和術慧舟會RJW)
判定0-3

 1R、藤井はいきなり右ハイを放つと、さらに鋭い左ジャブで近藤を下がらせて右テンカオで追撃する。藤井はそこから四つに組んで近藤を金網に押し込むと、足をかけてテイクダウンを奪う。細かいパンチ、肘を落としながらパスガードしてサイドにつく藤井。近藤が立ち上がろうとするが、藤井はスタンドでバックにつくと、再び近藤をグラウンドに引きずり込む。
 2R、藤井はすぐに距離を潰して組み付くと、離れ際に右ストレートをヒット。さらにパンチで追撃し近藤は尻餅をつく。近藤はすぐに立ち上がるが、藤井がバックについてテイクダウンに成功。ケージの中央でトップポジションを奪うと、セコンドの岡見の「こっちに持って来い」という指示を冷静に聞いて、近藤をセコンド付近の金網に押し付ける。近藤は何度も立ち上がろうと試みるが、藤井の巧みなバックからのコントロールから逃れられず、すぐにグラウンドに戻されてしまう。残り30秒で藤井がサイドポジションからしかけたところで近藤が立ち上がるが、藤井はすぐに組み付いてテイクダウン。近藤がめくろうとしても、素早く反応して潰していく。



 3R、後がない近藤はテイクダウンを奪われる前に打撃で活路を見出したい。互いの右が交錯し、近藤がこの日初めての左ミドルを放つ。藤井はパンチから組み付いて金網に押し込むと、粘る近藤を組み倒してテイクダウン。バックからチョークのプレッシャーを与えつつ、パンチ、肘を入れていく。近藤は最後までスタンドに戻そうと試みるが、その都度、藤井のバックキープに阻まれほとんど何もさせてもらえず。藤井が最後までゲームコントロールし続けて試合終了のゴング。蟻地獄のようなバックキープで近藤の打撃を完璧に封じた藤井が、判定3-0で近藤を下し、パンクラスvs.ケージフォース対抗戦の初戦を制した。

 試合後、「傍から見ればワンサイドゲームだったかもしれないですけど、近藤さんはやっぱり見えない圧力のようなものが凄くて、最後は恐くて逃げちゃった」と決して楽勝ではなかったと試合を振り返った藤井。戦前は近藤を「生きた化石にする」と挑発していたが、「(近藤に勝つことは)ベルト以上に価値のある勝ちだと思う。伝説の男を倒した男を覚えてもらえたら」と近藤をリスペクトする発言をしていた。



第10試合 フライ級 3分3R
○タイガー石井(パラエストラ吉祥寺)
×ナロンチャイ・ドラゴンテールジム(タイ/元ラジャダムナン・フライ級8位)
1R 2'10" 腕ひしぎ十字固め

 ナロンチャイのセコンドには K'z FACTORYの阿部博之がついている。試合はお互いにローを蹴りあいながら相手の出方を伺う。ナロンチャイはサウスポー、タイガーはオーソドックスから時折スイッチしてハイキックも見せる。ラウンドも中盤に差し掛かろうかというところ、ナロンチャイが初めて左ミドルを蹴ると、タイガーは待ってましたとばかりにこれをキャッチしてそのままテイクダウン。すぐにサイドにつくとそのまま十字を極めてタップを奪った。




第9試合 フェザー級 3分3R
○市川ランデルマン(FREEDOM@OZ)
×長屋英一(和術慧舟會GODS)
1R 0'49" TKO(ドクターストップ:有効打による目の上のカット)

 スタンドでプレッシャーをかける市川に対して、長屋はタックルをしかけるが、市川がしっかりと潰して上になる。市川はトップから細かいパンチを落とすが、長屋はガードから潜りスイープで揺さぶり連打を許さない。ここで長屋が目の上をカットしておりドクターチェック。傷は思いのほか深かったようですぐにドクターストップ。やや消化不良の試合となってしまったが、勝利した市川はマイクを持つと、パンクラスとの対抗戦への出場を志願した。


第8試合 グラップリングルール 68kg契約 5分1R
○徹肌ィ郎(和術慧舟會ネイキッドマン柔術)
×村元宏基(X-ONE GYM戸塚/ノヴァウニオン・ジャパン)
1R 0'51" アームロック

 開始すぐ、村元のタックルを切った徹は首を取りながらテイクダウン。足を越えてパスガードを狙いながらバックにつくと、そこから横三角のような形に捕らえ、村元の上半身を固めてアームロック。これが完璧に極まり、村元はたまらずタップ。2日前に緊急参戦が決まった徹だが、持ち前のグラウンドテクニックを存分に発揮して秒殺一本勝ちを収めた。




第7試合 ライト級 3分3R
○橋本朝人(和術慧舟會RJW/HTW)
×堀本裕介(THUG LIFE)
判定3-0

第6試合 ライトヘビー級 3分3R
○辰巳豪人(フリー)
×鹿嶋浩勝(総合格闘技闇愚羅東京)
1R 2'22" TKO(レフェリーストップ:肘、パウンド連打)

第5試合 ライト級 3分3R
×近藤定男(BLUE DOG GYM)
○宮崎直人(パラエストラ千葉)
判定0-3

第4試合 フェザー級 3分3R
○咲田ケイジ(パラエストラ千葉)
×井関 遼(GRABAKAジム)
判定3-0

第3試合 ウェルター級 3分3R
×岡野祐城(マッハ道場)
○永木健二(レッスルウィン)
1R 0'54" TKO(レフェリーストップ:左ストレートからパウンド連打)

第2試合 フライ級 3分3R
○板谷一樹(GRABAKAジム)
×竹沢ひろあき(和術慧舟會RJW G2)
判定3-0

第1試合 ライトヘビー級 3分3R
○松本光正(フリー)
×土屋茂樹(和術慧舟會福岡若杉道場)
1R 1'15" TKO(レフェリーストップ:パウンド連打)

Home > REPORTS > CAGE FORCE > 藤井陸平、近藤有己に判定勝ち:9.26 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について