Home > REPORTS > CAGE FORCE > 浜中、無念の反則勝ち。谷口、高橋渉に完勝

浜中、無念の反則勝ち。谷口、高橋渉に完勝

CAGE FORCE
2009年7月12日(日) 東京・ディファ有明
  レポート&写真:久保与志 [→女子の試合記事]


第9試合 ミドル級 5分3R
×ガジエフ・アワウディン(ロシア/ALIEV-GYM)※APGから所属名変更
○浜中和宏(Laughter 7)
3R 1'04" 反則(グラウンド状態での頭部への膝蹴りによる反則)

ケージに指をひっかけるガジエフダメージの大きい浜中

 1R、スタンドでお互いの出方を伺う静かな立ち上がりから、浜中がタックルを仕掛けテイクダウンに成功。ガジエフは強引に立ち上がり、スタンドに戻すと強烈な膝蹴りを放つが、浜中はカウンターのタックルでガジエフを倒すと、サイドからアームロックをしかける。ガジエフが下から浜中の頭部に膝を入れてしまい、口頭注意が与えられる。ガジエフは体を起こそうとするが、浜中はポジションをキープして執拗にアームロックを狙っていく。
 2R、右ロングフックを強振して前に出るガジエフに対し、浜中は組み付いてテイクダウンを奪おうとする。ここでガジエフがモロに金網を掴んで防ごうとしたため、反則1が課される。スタンドに戻り、ガジエフが膝蹴りを放つが、浜中は冷静にディフェンスしてタックルでテイクダウンを奪う。下になったガジエフは再び頭部に膝蹴りを入れてしまい、反則2となってしまう。浜中はハーフからアームロックを狙うが、ガジエフが強引にめくって上になると、亀になった浜中に鉄槌、パンチを落としていく。浜中が足を取ってガジエフを倒し上を取り返すと、サイドからコツコツとパウンドを落とす。
 3R、反則も取られ後がないガジエフ。前に出て強振した右フックがクリーヒットして浜中の腰が一瞬落ちるが、しがみつくようにタックルをしかけてガジエフを組み倒す。パンチのダメージの影響もあるのか、ガジエフが下から暴れると、浜中をポジションをキープ出来ずに亀の体勢に。ここでガジエフがまともに浜中の頭部に膝蹴りを見舞ってしまい、ドクターチェックが入る。浜中のダメージも大きく、ガジエフには再三、口頭注意、反則が与えられていたにも関わらず、再び反則行為を犯したためガジエフに反則負けが宣告された。


谷口の蹴りで高橋が顔をしかめる
第8試合 フェザー級 5分3R
×高橋 渉(Laughter 7)
○谷口智則(マッハ道場)
判定0-3

 右ハイからタックルでテイクダウンの機会を伺う高橋に対し、谷口はしっかりと潰しながら左右のフックを振るって前に出る。高橋が右ロングフックをヒットさせて谷口を下がらせ、すかさずタックルに行くが、谷口は素早く反応してテイクダウンを防ぐ。ラウンド終盤、谷口が左ストレートをクリーンヒットさせて高橋を後退させると、さらに金網際に追い込みパンチの連打を浴びせる。打撃を嫌った高橋のタックルもしっかりと潰してトップからパウンドを落としていく。
 2R、高橋は右の蹴りを見せながら何度もタックルを試みる。高橋が組み付いて金網際まで押し込んだところで、谷口が金網を掴んでしまい口頭注意が与えられる。高橋のタックルを谷口がしっかりと切りながらプレッシャーをかける展開が続く中、谷口の飛び込んでの左オーバーハンドが高橋の顔面を捉える。谷口は片足タックルを潰して上になると、亀になった高橋にパウンドの連打を浴びせる。
 3R、谷口がタックルに合わせるように右アッパーを強振してきたところを、高橋がバックに回り倒そうとするが、それでもテイクダウンを奪えない。パンチの打ち合いから、高橋の左ロングフックで谷口が一瞬グラつく。高橋はバックから足をかけて倒そうとするが、これも谷口に堪えられてしまいグラウンドの攻防に持ち込めない。谷口は細かいショートのパンチを着実にヒットさせていき、左ハイでダウンを奪うなど打撃で高橋を圧倒。タックルもことごとく切り続けて高橋に寝技の展開を作らせず、文句なしの判定勝利を収めた。


一慶のパンチラッシュ
第7試合 ミドル級 3分3R
○一慶(チーム・クラウド)
×鶴巻伸洋(フリー)
1R 0'37" TKO(レフェリーストップ:グラウンドパンチ連打)

 一慶はワンツーでプレッシャーをかけて鶴巻を金網際まで下がらせると、右オーバーハンドをフルスイング。打撃を嫌がって頭を下げた鶴巻に右アッパーから返しの左フックをヒットさせて鶴巻をダウン寸前まで追い込む。さらに一慶はしがみつくように片足タックルにきた鶴巻にパンチの連打。仰向けになった鶴巻にパウンドの連打を浴びせ、鶴巻の動きが完全に止まったところでレフェリーが試合をストップした。


瀬戸のマウントパンチ
第5試合 ウェルター級 5分3R
○瀬戸哲男(極真会館)
×サップ西成(強者)
判定3-0

 大阪発のアマチュア総合格闘技イベント「強者(つわもの)」の看板選手、サップ西成がケージフォースに参戦。D.O.G、ケージフォースと金網で着実に総合のキャリアを積み重ねてきた極真会館の瀬戸哲男との対戦となった。大量の「強者」のノボリと共に入場してきたサップに、大阪から駆けつけたファンから声援が飛び、場内は試合前から異様な熱気に包まれる。
 1R、サップが豪快な一本背負いでテイクダウンに成功するが、すぐに瀬戸が上を取り返す。瀬戸はハーフガードから左膝でサップの右手を殺して固定して、コツコツとパウンドを落としていく。
 2Rに入ると、スタンドの展開から瀬戸がプレッシャーをかけ、右ロー、右ストレートを的確にヒットさせていく。サップもショートフックから膝を突き上げ反撃を試みる。さらにサップが遠い距離から右アッパーを強振すると、瀬戸も負けじと右フックを返して応戦する。
 3R、打撃の攻防から瀬戸がバックに回り、そのまま押し倒すようにテイクダウン。さらにマウントを奪い、肘、パウンドを落としていく。サップは何とか体勢を変えようと暴れるが、しっかりとマウントをキープされてパンチを落とされ防戦一方に。
 ここで試合終了のブザーが鳴るが、運営本部のミスとわかり残り時間1分から再びマウントの体勢で再開される。その後も状況は変わらず、瀬戸がポジションをキープしてパウンドを落とし続けて試合終了。瀬戸がフルマークの判定で勝利を収めた。


第4試合 フェザー級 3分3R
×西野 聡(和術慧舟會TLIVE)
○TAG(MMA G-SPIRITS)
1R 2'05" TKO (ドクターストップ)

第3試合 バンタム級 3分3R
△清水隼人(アンプラグド国分寺)
△横山真樹(和術慧舟會東京本部)
判定0-1

Home > REPORTS > CAGE FORCE > 浜中、無念の反則勝ち。谷口、高橋渉に完勝

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について