Home > REPORTS > CAGE FORCE > 弘中、ライト級初戦は完勝。K太郎判定勝ち

弘中、ライト級初戦は完勝。K太郎判定勝ち

CAGE FORCE
2009年6月27日(土) 東京・ディファ有明
 ウェルター級から本格転向初戦の弘中邦佳は、パワー&テクニックで永田克彦を圧倒し1Rで快勝。今後のライト級戦線での快進撃を予感させた。中村K太郎は極めどころを逸したものの、岩見谷智義に圧勝した。
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志


第8試合 メインイベント ライト級 5分3R
○弘中邦佳(アカデミアAz)
×永田克彦(新日本プロレス)
1R 3'41" TKO (レフェリーストップ:左フック→グラウンドパンチ)

 弘中がレスリング銀メダリストの永田を押し込んでテイクダウンに成功。ハーフの体勢で永田を金網に押し付け、パウンドと肘を叩き込む。本場アメリカのUFCでの経験が活きる。さらにパスガードを狙いながら永田を立たせると、カウンターでがぶりながらギロチンを仕掛けようとするが、永田は防御する。スタンドに戻ると、肘で左眉を切られた永田にドクターチェック。再開後、永田が左ミドルを放った際、ローブローとなってしまい試合が一時中断する。再び再開後、永田のタックルを切った弘中が、鋭い右ローを当てて下に意識を向けた後、右ストレートをヒット。一瞬間を置いて永田の腰が崩れると、弘中はさらに左フックを当てて永田をダウンさせ、最後はパウンドの連打で豪快に試合を終わらせた。

 勝利者インタビューで弘中は「練習したことをもうちょっと最初から出せないと、まだまだこれじゃ上のほうでは勝てない。でもライト級に落として、リーチ等の長所は活かせた。本当は寝技で倒した後、肘かパウンドか関節技で一本を取りたかった。永田選手が立ち上がったところでガブったけど抜けてしまった。やっぱりメダリストは違う。野木(丈司)トレーナー(※内藤大助やHAYATOの指導者)にボクシングを習って上達した。廣田(瑞人)選手の(ケージフォース・ライト級)ベルトをいただいて、10年ぐらい防衛を続けて安らかに死にたい。男として生まれたからには、常に最強を目指したい」とアピールした。
 控え室のインタビューでは「ウェルター級の体の大きさと圧力を活かせた。今後はリング、金網も関係なく、ライト級での経験を積み、上につながる試合をしていきたい。今回はまだ減量がキツかった。日常から節制すれば、ベストの体調を作れると思う」とコメントした。


第7試合 ウェルター級 5分3R
○中村K太郎(和術慧舟會東京本部)
×岩見谷智義(髙田道場/パンクラス・ウェルター級1位)
判定2-0 (豊永=中村/松本=中村/松宮=中村)



 1R、K太郎が2度目のタックルの後、岩見谷の脇を抱えながらテイクダウンに成功。すぐさま背後に回って得意のチョークを狙い続けるが、岩見谷は防御し続ける。2RもK太郎はタックルからのテイクダウンを狙いつづけるが、レスリング出身の岩見谷の防御が堅く、思うようにならず。3Rは打撃主体で攻め、左のテンカオと左のストレートをヒットさせてチャンスを作り、文句なしの判定勝ちをおさめたものの、岩見谷に光を消される試合内容に。マイクでは「すいません、しょっぱくて。最近、総合でチョークを極められていないので、もっと練習します」と反省した。インタビュースペースで今後戦いたい相手を聞かれると、「三浦(広光)選手、長南(亮)選手、郷野(聡寛)選手とか、日本人とやりたい。日本一になってから、『世界のK』になりたい」と展望を語った。


第6試合 ミドル級 5分3R
○高瀬大樹(フリー)
×森川修次(チームクラウド)
判定2-1 (芹澤=高瀬/松本=森川/松宮=高瀬)

 高瀬はサウスポー、森川はオーソドックスに構え、互いにインローを当てあう。高瀬は伸びのある左ハイ、森川は右フックも駆使。だが2R中盤に入ると、お見合いの時間が長くなるように。寝技に持ち込みたい高瀬だが、開始時から右足の動きがぎこちなく、タックルの威力も今ひとつ。なかなかテイクダウンを奪えない。2R中盤からは再三、胴回し回転蹴りで猪木アリ状態になり、寝技に誘い込もうとするが、森川は付き合おうとしない。3R中盤に高瀬が首相撲で森川を倒した動きは見事だったが、森川を金網に押し込んだまま膠着し、その後が続かない。それでも3R前半には、左のパンチと蹴りで主導権を握り、判定勝ちをもぎ取ったものの、過去5戦2勝2敗1分の森川に大苦戦の内容。3分近いマイクアピールでは「実力3割、マネージメント7割の日本人を全員ぶっ倒す」と吠えたが、その道のりは険しそうだ。


第5試合 ミドル級 5分3R
○瓜田幸造(掣圏会館)
×アバソフ・シャハリヤー(アゼルバイジャン/APG)
2R 1'11" TKO (レフェリーストップ:パンチによる左眉のカット)

 サンボ、柔術の経験があるというシャハリヤーは、豪快な裏投げで瓜田を倒すと、腕十字を極めかけるが、瓜田は回転して脱出。今度は瓜田がハーフガードから左のパウンドをクリーンヒットさせて効かせると、スタンドでも左ボディ、左フックでシャハリヤーを苦しめる。両者持ち味を発揮する好勝負だったが、2R、シャハリヤーの蹴り足をすくった瓜田が右フックを当てると、シャハリヤーが左眉をカット。ドクターチェックの後に再開したが、出血が止まらずレフェリーが試合をストップし、不完全燃焼に終わった。


第4試合 バンタム級 5分3R
○寺田 功(ALLIANCE)
×根津優太(和術慧舟會東京本部)
3R 0'13" チョークスリーパー

 1R、両者ともオーソドックスの構えながら、左主体のパンチと蹴りを駆使し、スピードのある攻防で観客を沸かせる。2Rに入ると、互いに打撃のヒットが減り、寺田が外掛けからのテイクダウンを2度成功させるが、根津はすぐさま立ち上がってペースを握らせない。勝負所の3Rだったが、開始すぐに根津が右ストレートを放った際、肩を痛めた様子を見せる。あわててタックルでしのごうとするが、寺田はすぐさま背後に回り込んでチョークを極め一本を奪った。


第3試合 ウェルター級 5分3R
○久保輝彦(空手道禅道会)
×圭太郎(和術慧舟會RJW)
1R 3'04" TKO (レフェリーストップ:右フック→グラウンドパンチ)


第2試合 ライトヘビー級 3分3R
×坂下裕介(チームクラウド)
○中村勇太(和術慧舟會若杉道場)
1R 0'16" TKO (レフェリーストップ:左フック→グラウンドパンチ)


第1試合 フェザー級 3分3R
×宮路智之(和術慧舟會TLIVE)
○市川ランデルマン(フリー)
1R 0'14" TKO (レフェリーストップ:右フック→グラウンドパンチ)


[プレリミナリーファイト]

第2試合 バンタム級 3分3R
○小林聖人(総合格闘技津田沼道場)
×川名伸夫(和術慧舟會GODS)
判定3-0 (梅木=小林/芹澤=小林/大藪=小林)

第1試合 ウェルター級 3分3R
○井上雄策(REDIPS)
×堀本裕介(フリー)
2R 終了時 TKO

Home > REPORTS > CAGE FORCE > 弘中、ライト級初戦は完勝。K太郎判定勝ち

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について