Home > REPORTS > CAGE FORCE > 星野がフェザー級、水垣がバンタム級王者に

星野がフェザー級、水垣がバンタム級王者に

CAGE FORCE 09
2008年12月6日(土) ディファ有明
 各団体で王座が新設され選手層が厚くなり、より面白くなってきたフェザー〜バンタム級戦線。CAGE FORCEでも星野勇二と水垣偉弥が初代王座に君臨し、2009年の世界水準での活躍に期待を抱かせた。
  レポート:本庄功志  写真:ひっとまん大場。


第9試合 CAGE FORCEフェザー級初代王座決定トーナメント決勝 5分3R
○星野勇二(和術慧舟會GODS)
×ウィッキー聡生(シューティングジム横浜)
判定3-0 (松本=星野/大藪=星野/芹澤=星野)
※星野が初代フェザー級王者に



 スタンドで最初に仕掛けたのは星野。バックハンドブローで奇襲をすると、ワンツーをふるって果敢に前に出る。するとその後、ウィッキーは飛び膝の距離を誤ったか? 中途半端に星野に飛び込んでいきグラウンドで下になってしまう。グラウンドで上になった星野はやはり強い。じっくりパスをしていくと、最後はマウントに移行し肩固めの流れを作っていくなどウィッキーを完全にコントロールする。
 2Rに入ると星野が片足タックルでテイクダウンに成功。試合前ウィッキーは「タックルに膝を合わせるから、どんどんタックルしてきてください」と話していたが、狙い過ぎたのか、棒立ちのままタックルを受け全く反応できない。1Rのようにキープは許さず、スタンドに戻すものの、スタンドでの手数が極端に少ないウィッキー。プレッシャーはかけるが、カウンター待ちの状態が続き最終ラウンドへ。

 3Rは星野の独壇場に。中盤タックルでテイクダウンを奪うと3分近くマウント状態で過ごす。「距離を開けると返される恐れがあるから、くっつくようにした」と、その分パウンドで明確なダメージは与えられなかったものの、終始上でキープを続けインパクトは十分。星野はウィッキーの強打を完全に封じ込め、判定で勝利しフェザー級の初代王者に輝いた。

 星野は今後について「大きな舞台に挑戦したい」「アメリカも視野に入っている」と話し、「金網は自分に合っていると思う」との言葉も。昨年のウェルター級トーナメントを制した吉田善行は現在UFCを戦場としているが、GCMの久保豊喜代表の話によるとWECへのルートも確保されているということで、今後の星野はWECも含めた“上の舞台”を目指していくことだろう。

◆星野「守山さん(6月に亡くなった慧舟會のトレーナー)に指導してもらっていたことを全部出し切ろうと思っていました。良い報告ができたことに満足しています。(『ウィッキーがタックルに膝を合わせる』と言っていたが?)自分のタックルの方が速いと思っていたので、特に気にならなかったです。試合では相手警戒していましたけど、手数が少なかったので入りやすい印象はありましたね。(WECについては?)金網の本場なので、やってみたい気持ちはあります」


第8試合 CAGE FORCEバンタム級初代王座決定トーナメント決勝 5分3R
×大石真丈(K'z ファクトリー)
○水垣偉弥(シューティングジム八景)
2R 0'57" TKO (レフェリーストップ:パウンド連打)
※水垣が初代バンタム級王者に





 選手の怪我による日程変更に対戦相手の変更、さらには1回戦が消滅してしまうなどゴタゴタの続いたバンタム級のトーナメントが、開催10ヶ月が経ちようやく決勝戦をむかえる。水垣は1回戦で藤原大地相手に豪快なKOで勝利したものの、2回戦の相手である中原太陽が負傷により欠場。繰り上げで決勝進出を果たすことになった。
 反対の山では、すでに「おやじ」の域に達した大石が熱い試合を繰り広げ決勝へ進出。トーナメントから漂う不穏な雰囲気は、トーナメント出場者の各々の試合内容が救ってきた。
 トーナメント決勝戦においても、スタンドで主導権を握った水垣が2Rに膝でダウンを奪い、その後パウンドの連打で完勝し、「世代交代」をきっちり印象付ける内容となった。
 波乱のバンタム級トーナメントを制し、ベルトを手にした水垣。60kg戦線も国内外ともに選手層がどんどん厚くなってきている。フェザー級の星野同様、来年は世界水準でCAGE FORCE王者の威厳を示す。



第7試合 ライト級 5分3R
○鹿又智成(パラエストラ八王子)
×エリヤ(TEAM坂口道場)
1R 0'30" 腕ひしぎ十字固め

 試合開始序盤から、エリヤが左ハイから首相撲の膝と勢いのある攻撃で鹿又を攻め立てる。バランスを崩した鹿又はグラウンドで下になるも、完全に勢いに乗ったエリヤのパウンドを冷静に捌き腕十字を極めた。




第6試合 ウェルター級 5分3R
○宮澤元樹(和術慧舟會東京本部)
×岩瀬茂俊(T-BLOOD)
3R 1'47" TKO (ドクターストップ:肘による額のカット)

 試合開始前に「宮澤がファールカップ未着用」というアナウンスがされ、宮澤が控え室に付けに戻るというハプニング。宮澤には「進行の妨げにより反則1」と告げられ、会場から失笑が起きる。
 試合では宮澤はグラウンドで下になる場面が多かったが、下から肘を当てて岩瀬のカットを誘うなどダメージの面で有利に試合を進める。2Rにはタックルで上になり、岩瀬の動きに合わせバックを奪取。そこからアームロックに捕まってしまうが、バックからパウンドをコツコツ当て再びドクターチェックに。最終ラウンドには引き込みで下になった宮澤が、そこから1R同様肘を当てていきドクターストップで勝利した。



第5試合 フェザー級 3分3R
○美木 航(和術慧舟會RJW)
×長谷川雅彬(KRAZY BEE)
3R 1'40" 腕ひしぎ十字固め


第4試合 フライ級 3分3R
○廣野剛康(和術慧舟會GODS)
×松永“ちゃいるど”義弘(空手道禅道会)
判定3-0 (松本=廣野/大藪=廣野/芹澤=廣野)

第3試合 ウェルター級 3分3R
×圭太郎(和術慧舟會RJW)
○高木健太(REDIPS)
1R 1'30" TKO (レフェリーストップ:パウンド連打)

第2試合 フェザー級 3分3R
○高橋 渉(Laghter7)
×日吉伸尊(KRAZY BEE)
判定3-0 (松本=高橋/大藪=高橋/梅木=高橋)

第1試合 ライト級 3分3R
×外山慎平(和術慧舟會東京本部)
○高橋“Bancho”良明(パラエストラ八王子)
判定0-2 (松本=高橋/大藪=高橋/梅木=ドロー)


[プレリミナリーファイト]

第4試合 ミドル級 3分3R
○森川修次(チーム・クラウド)
×鶴巻伸洋(フリー)
2R 0'37" TKO

第3試合 ライト級 3分3R
○安藤晃司(和術慧舟會東京本部)
×市川ランデルマン(フリー)
2R 2'17" チョークスリーパー

第2試合 バンタム級 3分3R
-西村広和(和術慧舟會A-3)
-佐藤将光(TEAM坂口道場)
ノーコンテスト
※当初発表は佐藤の2R 1'42" TKO勝ちだったが、西村陣営の提訴によりノーコンテストに変更となった。

第1試合 バンタム級 3分3R
×斎藤 良(和術慧舟會TLIVE)
○佐々木亮太(B-CLUB)
3R 1'21" チョークスリーパー

Home > REPORTS > CAGE FORCE > 星野がフェザー級、水垣がバンタム級王者に

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

格闘技医学会&ISAMI共同開発 KO養成サンドバッグ