Home > REPORTS > ボクシング > センチャイ会長の娘・リカがデビュー戦でTKO勝ち:8.10 タイ

センチャイ会長の娘・リカがデビュー戦でTKO勝ち:8.10 タイ

カンチャナブリ・ゴーギャットプロモーション興行
2012年8月10日(金) タイ・カンチャナブリ県フアイクラチャ郡サムンファイル・プロムピールアン公園特設リング
  レポート&写真提供:シンラパムエタイ・早田寛



第4試合 108ポンド(48.9kg)契約
×ベンツ・コンポンヌン95(タイ)
○リカ・ゴーギャットジム(センチャイムエタイジム
4R TKO (ボディ連打)



 6月6日にバンコク・MBKファイトで勝利を収めたリカ・トングライセーンがタイに戻ってきた。今回は国際式ボクシング・ゴーギャットプロモーション興行への参戦だ。ゴーギャットプロモーションは多くの世界王者を輩出してきた、タイの大手プロモーション。今回の試合内容によっては、今後のボクシング活動での道もひらけてくる。とはいっても、リカは今回がボクシングデビュー戦だ。試合10日前からタイに入り最終的な調整に臨んだ。
 
 初回、リカは前に出て距離を詰めるが、ベンツは後ろに下がりジャブを連打。このジャブがリカのガードを突き破り顔面まで届く。それでもリカはかまわず前に出る。
 2ラウンドに入り、リカの右ストレートが多数ヒットしはじめた。ベンツはこのリカの攻撃に笑顔で応じジャブを返す。しかしベンツは疲れてきたのか、初回に比べると大分手数が減ってきた。
 3ラウンドに入りセコンド陣から「ボディーを打て」と指示が飛ぶ。リカはジャブ→ボディーへの右ストレートを多数当てた。それでもベンツはしぶとくジャブからの右強打で応戦。
 4ラウンドが始まり、ベンツはリカのしつこいボディー攻撃が効き始めたのか、ベンツの攻撃が一気に失速する。リカはここで距離を詰めボディーアッパーを5連発。ここでベンツはうずくまり試合終了となった。



 リカは今回、ボクシング初戦という事だったが、本人はこれまで闘ってきたムエタイとの相違点の戸惑いはなかったものの、闘志全開で前に出るがゆえに、相手のパンチを正面から受ける場面もあった。タイ・ボクシング界の名トレーナー、プイ氏の「練習ではもっといい動きができていたので、次回に期待する。」という言葉を頂き、あとには引き下がれない様子。ムエタイとボクシング活動の両立は大成なるか、今後に期待したい。

Home > REPORTS > ボクシング > センチャイ会長の娘・リカがデビュー戦でTKO勝ち:8.10 タイ

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

センチャイムエタイジム
JR中央線・東京メトロ東西線「中野」徒歩9分
ラジャダムナン&ルンピニーの元ランカーが本物のムエタイを個人指導。親子でムエタイを学べるコースも土曜昼オープン!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について