Home > REPORTS > ボックスファイト > 藍田貴義、65kg1DAYトーナメント優勝:2.12 新宿

藍田貴義、65kg1DAYトーナメント優勝:2.12 新宿

BOXFIGHT Vol.3 ~ 65kg以下 1DAY TOURNAMENT ~
2011年2月12日(土) 新宿フェイス
  レポート&写真:井原芳徳


65kg以下1DAYトーナメント



第14試合 メインイベント 決勝戦 3分3R(延長1分2R)
○藍田貴義(Combat Workout Diamonds)
×フェニックス・エイジ(チーム・フェニックス)
2R 1'25" KO (パンチ連打)
※藍田が優勝

 BOXFIGHTが初開催したトーナメントの決勝は、旗揚げ大会から出場している両者の対決に。藍田はプロボクシング9戦7勝(5KO)1敗1分、フェニックスはアマボクシング全日本社会人選手権'09準優勝の実績がある。昨年12月のVol.2のセミファイナルで両者は対戦しており、藍田が判定3-0で勝利している。



 再戦となる今回、フェニックスが開始すぐから前に出て、大振りのフックで攻める。だが藍田は落ち着いてかわし続けると、フェイントを駆使して左ストレートなどをヒット。フェニックスは次第に体力を消耗し、クリンチを多用してしまい減点1を宣告される。そして2R、フェニックスの大振りの右フックをかわすと、コーナーに詰めてパンチを連打。レフェリーがストップし、藍田の優勝となった。

第11試合 準決勝 3分2R(延長2分1R)
×川中清史(TEAM Sun Light)
○フェニックス・エイジ(チーム・フェニックス)
1R 2'14" KO (左フック)



 準決勝の組み合わせは、一回戦の勝者4名がリング上で、2本のロープの4端を選び、ロープが引き合った者同士が試合を行う「ロットロープシステム」により決定。川中とフェニックスの一戦は、お互い序盤から激しくパンチを振り回す戦いとなり、フェニックスがKO勝ちした。



第10試合 準決勝 3分2R(延長2分1R)
○藍田貴義(Combat Workout Diamonds)
×アウトロー・ナオト(Get Your Dream/プロボクシング元日本ライト級1位)※鷹条直人 改め
1R 負傷判定3-0 (10-9/10-9/10-9)

 元プロボクサー同士の対戦は、スイッチを駆使するアウトローの優勢でスタートしたが、終盤に藍田がタイミングを合わせて左フックを連打して反撃。見ごたえある試合となったが、2Rに偶然のバッティングでアウトローが額を負傷しドクターストップ。2R1分30秒以内のストップのため、1Rの点数のみで集計され、藍田の決勝進出となった。



第7試合 一回戦 3分1R(延長1分1R)
×濱道亮太(リベル)
○アウトロー・ナオト(Get Your Dream/プロボクシング元日本ライト級1位)
2R 判定0-3 (9-10/9-10/9-10)
1R 判定1-1 (9-10/10-9/10-10)

第6試合 一回戦 3分1R(延長1分1R)
○フェニックス・エイジ(チーム・フェニックス)
×緒方 惇(フリー)
2R 判定2-1 (10-9/9-10/10-9)
1R 判定0-0 (9-9/9-9/9-9)
※1Rクリンチの多用でフェニックスに減点1

第5試合 一回戦 3分1R(延長1分1R)
○川中清史(TEAM Sun Light)
×水戸岩間(水戸ボクシングスクール)※岩間通修 改め
判定3-0 (10-8/10-8/10-8)

第4試合 一回戦 3分1R(延長1分1R)
○藍田貴義(Combat Workout Diamonds)
×カマル・フェルナンド(スリランカ/翔拳道)
1R 1'19" KO (左フック)

第3試合 リザーブファイト(1) 3分1R(延長1分1R)
×マジンブー大谷(真神風)
○ルード(Grow)
判定0-3 (8-10/9-10/8-10)

第2試合 リザーブファイト(2) 3分1R(延長1分1R)
○工藤一郎(フリー)
×宮崎 博(フリー)
判定3-0 (10-9/10-9/10-9)

第1試合 リザーブファイト(3) 3分1R(延長1分1R)
○岩崎正義(武田拳)
×不動 慧(翔拳道)
判定3-0 (9-8/9-8/9-8)

ワンマッチ



第13試合 セミファイナル バンタム級 3分3R(延長2分1R)
○義元徳憲(フリー)
×ATSUSHI(CBボクシングジム)※古賀敦志 改め
判定3-0 (30-28/29-28/30-28)


第12試合 ミドル級 3分3R(延長2分1R)
○平林隼人(TEAM・H)
×杉山功一(フリー)
1R 1'13" KO (右フック)


第9試合 ライト級 3分2R(延長2分1R)
○英二(デットライン)※菊池英次朗 改め
×外村 元(team SUDO)
判定2-0 (20-19/19-19/20-19)

第8試合 フライ級 3分2R(延長2分1R)
×布川大志(フリー)
○高野 匠(TEAM 悪餓鬼)
1R 1'50" KO (2ダウン:右フック)

Home > REPORTS > ボックスファイト > 藍田貴義、65kg1DAYトーナメント優勝:2.12 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について