Home > REPORTS > ボックスファイト > 保住直孝、復帰戦は延長判定勝ち:12.1 新宿

保住直孝、復帰戦は延長判定勝ち:12.1 新宿

BOXFIGHT Vol.2 ~second wave~
2010年12月1日(水) 新宿FACE
  レポート&写真提供:BOXFIGHT事務局


 12月1日、開催されましたBOXFIGHT Vol.2 ~secondwave~は、全12試合中6試合がKO決着するなど、スピードパワー溢れる熱戦が繰り広げられました。メインイベントには、元プロボクシング東洋太平洋ミドル級チャンピオンの保住直孝選手が、約4年ぶりにリング復帰し、タイのラチャシー・ポーワラシン選手と対戦。4年ぶりのリングに上がった保住選手は、軽快なリズムでステップを刻むなど好調ぶりをアピール。試合になるとラチャシー・ポーワラシン選手のジャブを被弾するなどポイントをロスしたが、ベテランぶりを発揮し、最終3Rにはポイントを奪い返しての、本戦ドロー。延長R(2分)には終始前進を止めず、手数を出しきり判定勝利。約4年ぶりの勝利を手にした保住は、我龍真吾との対戦を熱望していた。

 また、来年2月12日(土)には、日本国内では初となるボクシングスタイル格闘技の、「65キロ1DAYトーナメント」を開催致します。8人で行う1DAYトーナメントで、「3分3R制」では、決勝戦まで勝ち上がっていく選手は、合計9R(延長Rも加算される)もの試合を行う事になり、長時間のパンチ被弾が続き脳へのダメージが懸念されます。BOXFIGHTで行う1DAYトーナメントは、1回戦「1Rマッチ」、準決勝「2Rマッチ」、決勝戦「3Rマッチ」と変則スタイルで行い、選手の安全面を考慮しています。(EXR・1分)
 この試合の優勝者にはチャンピオンベルトが授与され、優勝賞金20万円が贈られる。なお、トーナメント参加予定者には、BOXFIGHT参戦選手及び、来年1月9日(日)に、浅草メディカルスポーツセンターで行われる第4回トライアウトからも最終選考される。

◆戸田拳士統括プロデューサー「いよいよ来年2月12日(土)に、新宿FACEにて1DAYトーナメントを開催致します。旗揚げ戦前から考えていた事ですが、選手が集まってきた今、開催を決定致しました。 トーナメント出場選手には、これまでに参戦して頂いている選手はもちろん、1月9日(日)開催のトライアウトからも出場選手を決めたいと思います。1R(3分)マッチにおいては、試合時間が短過ぎて賛否両論ですが、僕は面白いと思います。 相撲は勝敗するまで「何秒」の世界です。 柔道も「3分」、「5分」の試合があります。短期決戦と言われている、BOXFIGHTの3R制試合でも、選手が互いに見合って手数の少ない試合もありますが、1Rマッチだと自分から攻撃しなければ勝てないですからね。 これまでに見た事の無いような打ち合いが展開されると思います。パンチに自信のある選手は是非トライアウトに来てほしいです」

▼第4回トライアウト開催
 1DAYトーナメント出場選手には、2011年1月9日(日)浅草・メディカルスポーツセンターで行われる、第4回トライアウト合格者からも選出されます。トライアウト募集締め切りは1月5日(火)。BOXFIGHTWEBサイトより申し込み受付中。男女、プロアマ問わず申し込み可能。 ※トライアウトは全階級開催致します



第12試合 メインイベント バックハンドブロー無し 74kg契約 3分3R(延長2分1R)
○保住直孝(H,s/元プロボクシング東洋太平洋ミドル級王者)
×ラチャシー・シッサイトーン(タイ)
4R 判定3-0
3R 判定1-0

第11試合 セミファイナル ライト級 3分3R(延長2分1R)
○藍田貴義(Combat Workout Diamonds)
×フェニックス・エイジ(チーム・フェニックス)
判定3-0

第10試合  女子フライ級 2分3R(延長2分1R)
○岡田敦子(team a2ko/元M-1ミニフライ級王者)
×ジェット・イズミ(M-16ムエタイスタイル/元J-GIRLSミニフライ級王者)
2R 0'19" TKO

第9試合 67kg契約 3分3R(延長2分1R)
×中井光義(尾下塾)
○濱道亮太(リベル)
判定3-0

第8試合 スーパーライト級 3分3R(延長2分1R)
○川中清史(TEAM SunLight)
×岩間通修(水戸ボクシングスクール)
4R 判定3-0
3R 判定1-0

第7試合 フェザー級 3分3R(延長2分1R)
×悪餓鬼(悪餓鬼)
○志藤頼孝(チーム魔天楼)
判定1-2

第6試合 ライト級 3分3R(延長2分1R)
×勝田邦裕(チームリアル)
○緒方 惇(リアルディール)
2R 2'07" KO

第5試合 バンタム級 3分3R(延長2分1R)
×本間隼人(隼)
○義元得憲(タイガー)
3R 2'37" KO

第4試合 ライト級 3分3R(延長2分1R)
×カマル・フェルナンド(スリランカ/翔拳道)
○中山裕之(峯心会)
2R 0'39" KO

第3試合 ライト級 3分2R(延長2分1R)
×菊池英二朗(デットライン)
○廣井悠人(CBボクシングジム)
判定1-2

第2試合 60kg契約 3分2R(延長2分1R)
○藤沢彰博(トイカツ道場
×外村 元(アストラルジャパン)
1R 2'56" KO

第1試合 フェザー級 3分2R(延長2分1R)
×石山 慧(翔拳道)
○菅野善史(リアルディール)
1R 1'43" KO

Home > REPORTS > ボックスファイト > 保住直孝、復帰戦は延長判定勝ち:12.1 新宿

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

格闘技医学会
有楽町線・副都心線直通 東武東上線「朝霞」南口 徒歩1分
強くなるを、医学する。現場で役立つ格闘技医学を研究/公開/実践中!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について