Home > REPORTS > BOUT > TOMONORI、ISKA世界王座挑戦も英国人選手に3R KO負け:6.13 札幌

TOMONORI、ISKA世界王座挑戦も英国人選手に3R KO負け:6.13 札幌

ノースエリア格闘技イベント BOUT 20
2015年6月13日(土) 札幌テイセンホール
 今月一杯で閉館が決まっている“北の聖地”札幌駅前のテイセンホールで、6月13日、『BOUT20』が開催され、800名(超満員札止め)というBOUT史上最多の観客数を記録する中、好勝負が続出した。

 記事提供:BOUT実行委員会 (レポート:布施鋼治  写真:長尾迪)


第8試合 ISKAオリエンタルルール世界フライ級王座決定戦 3分5R
×TOMONORI(OGUNI GYM/WBCムエタイ日本統一フライ級王者、WMCインターコンチネンタル・スーパーフライ級王者、UKF世界バンタム級王者)
○パウロ・ダ・シルバ(英国/クリーリー・マーシャルアーツアカデミー/WPKL世界バンタム級王者、WMC欧州52kg級王者、IMKO欧州バンタム級級王者)
3R 1'32" KO (左フック)
※シルバが新王者に

 記念興行のトリを務めたのは、札幌生まれで現在は現地でジム『Grabs』を運営しながら現役活動を続けるTOMONORIとイギリスからやってきた“THE ROCK”パウロ・ダ・シルバの間で争われたISKA世界フライ級王座決定戦(オリエンタルルール)。
 1R、攻勢に出たのはTOMONORIの方だった。地元の家族や友人の熱い声援を背にいきなり思い右ミドルを打ったかと思えば、左右のローを打ちながら揺さぶっていく。パウロの相手の蹴り足を掴んでからのストレートで反撃に転じようとするが、なかなか掴ませてもらえない。そんなパウロが後退するタイミングを見計らって、TOMONORIはボディストレートも有効だった。さらにラウンド終了間際には左ミドルをクリーンヒットさせ、大きな拍手を受けた。ISKAの世界タイトルマッチはマストシステムで裁かれる。明らかにTOMONORIが優勢に進めたラウンドだった。
 しかし、このラウンドでTOMONORIのリズムとタイミングを計ることができたのか、2Rからパウロは逆襲に転じた。TOMONORIの蹴りに合わせて力強いワンツーを返していく。何度かローが効いている素振りを見せたが、TOMONORIが左手で「来いよ」と挑発すると、タイミングよく右フックを見舞う。クライマックスは唐突に訪れた。終盤TOMONORIが右ローを打ち込もうとするや、パウロはそれに合わせて右ストレート一閃。これが相手のアゴを打ち抜いたのだろう。TOMONORIは思い切りキャンバスに頭を叩きつけるように大の字になって倒れ込んだ。

 万事休すと思われたが、レフェリーのダウンカウントが進む中、TOMONORIは立ち上がった。その直後、ラウンド終了のゴング。TOMONORIはゴングに救われた格好になったが、わずか1分間のインターバルで頭を打ちつけたダメージから回復することは難しかった。
 3Rになると、大逆転を狙って得意の飛びヒザ蹴りを狙うが、クリーンヒットするまでには至らない。逆にパウロの痛烈な左フックを食らって二度目のダウンを喫してしまう。なんとか立ち上がったが、ダメージの蓄積は誰の目にも明らか。このチャンスをパウロが見逃すはずがない。とどめの左フックを打ち込んで、地元の英雄をキャンバスに沈めた。ダウンカウントが進む中、TOMONORIはまたも立ち上がったが、ISKA公認レフェリーの和田良覚は試合を止めた。ISKA世界戦はフリーノックダウン制を採用しているが、妥当なストップに思えた。3R1分32秒、パウロのKO勝ちだ。
 試合後、真新しいチャンピオンベルトを巻いたパウロはヒーローインタビューに応じ、「私の夢だった日本での試合に勝ててうれしい。応援してくれてありがとう」と結んだ。一方、TOMONORIは控室で「もうダメかもしれない」と肩を落とした。


第7試合 ムエタイルール 3分5R
△永山敬之(士道館札幌道場/RISEフェザー級8位)
△ナロンチャイ・ファンパサート(タイ/元ラジャダンナム認定フライ級8位)
判定1-0

 北海道生え抜きのキックボクサーとしては初めてWPMF日本ランカーとなった永山敬之が三度目の打倒ムエタイに挑んだ。試合は5ラウンドのムエタイルールらしく、ラウンドが進むにつれ、熱くなってくる展開に。攻撃を散らして試合の主導権を握りたい永山だったが、ナロンチャイは海千山千の大ベテラン。のらりくらりと試合を進め、永山に試合の主導権を渡さない。
 そして相手と組むと、大きく弧を描くようなヒザ蹴りを打ち込む。白眉は組み際や離れ際の攻防だ。ナロンチャイのヒジ打ちが永山の顔面をかすめると、場内から何度もどよめきが起こった。それでも、スタミナに絶対の自信を持つ永山は勝負を諦めない。3R以降はスタミナ切れが目立ち始めたナロンチャイに対してワンツーやローを武器にシーソーゲームに持ち込む。5R、ナロンチャイのヒジ打ちを外して、永山はパンチの3連打を見せると場内から大きな拍手が起きたが、詰めきるまでには至らない。しかも、お互い決定打はなし。1-0(ナロンチャイ)のドローが告げられた瞬間、観客席からは失意のため息がもれた。


第6試合 RISE公式戦 ライト級 3分3R(延長1R)
○AKINORI(蹴空ジム/RISING ROOKIIES CUP2014ライト級優勝)
×石澤大介(パラエストラ札幌/ RISEスーパーフェザー級6位)
判定3-0

 札幌在住者同士の一騎討ちというシチュエーションだけでも盛り上がるのに、最初から打ち合う展開になったため、会場を熱くさせた一戦となった。
 1R、AKINORIが右ローを打てば、石澤は左ミドルを返す。石澤が左から右ローの連打で攻めれば、負けじとAKINORIも右フックからの左ミドルで応戦する。そうした中、AKINORIは右アッパーや右ストレートでじわじわと試合の主導権を奪うが、2Rになってもシーソーゲームは終わらない。石澤は反撃の狼煙に左ミドルをヒットさせれば、AKINORIも左ローで応戦する。一方が攻めても、もう一方が下がらずに反撃するのだから盛り上がらぬわけがない。
 3R、AKINORIは連打で勝負をかける。ワンツーからの右ロー、ローのダブル。昨年RISEの新人王を獲得したホープの猛攻に石澤は守勢を余儀なくされてしまう。熱狂と興奮が渦巻く中、試合終了のゴングが鳴り響く。判定は3-0でAKINORI。試合後、石澤が潔くAKINORIを讃えていたのが印象的だった。


第5試合 キックボクシングルール 70kg契約 3分3R
○バッカシット・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック札幌)
×長谷川豊(KFG URAWA)
1R 2'47" KO

 ウィラサクレックジム札幌の門番として現地でトレーナーとして活動するパッカシット・ウィラサクレックが念願のBOUTデビュー。札幌出身で現在は関東圏で活動する長谷川豊と激突した。
 KOすればボーナスでも約束されていたのだろうか、1Rからパッカシットはやる気満々。タイ人としては珍しく、ローの連打で長谷川を追い込む。しかも、長谷川はローのカットをしなかったため、最後は棒立ちとなり、心を折られたかのようにダウンするしかなかった。そのまま動けない長谷川を見て、レフェリーは試合をストップした。1R2分47秒、パッカシットのKO勝ちだ。試合のブランクを感じさせない勝利に、パッカシットのセコンドも大喜びだった。


第4試合 RISE公式戦 ライト級 3分3R
×獅・センチャイジム(センチャイムエタイジム
○吉田 敢(ゴールデングローブジム)
判定0-2

第3試合 RISE公式戦 フェザー級 3分3R
○出口智也 (忠和會)
×永井健太郎(KICK BOX)
判定3-0

第2試合 シュートボクシング公式戦 スーパーウェルター級 3分3R(無制限延長R)
×蓑方 弘(福知山ジム)
○アローイ石橋(パラエストラ札幌)
判定1-2

第1試合 REBELS公式戦 55kg級 3分3R
△ZAWA3 [中澤弘志](スクランブル渋谷)
△充志(RIKIX)
判定1-1

オープニングファイト第3試合 RISE公式戦 ライト級 3分3R
△GO(蹴空ジム)
△中井 奏(士道館札幌道場)
判定1-0

オープニングファイト第2試合 RISE公式戦 フェザー級 3分3R
○畑中健太(蹴空ジム)
×千羽裕樹(スクランブル渋谷)
判定3-0

オープニングファイト第1試合 RISE公式戦 56kg契約 3分3R
○哲也(蹴空ジム)
×平田“パラケート”修(TRY-EX)
判定3-0

Home > REPORTS > BOUT > TOMONORI、ISKA世界王座挑戦も英国人選手に3R KO負け:6.13 札幌

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について