Home > REPORTS > 柔術 > BJJ-JAM TOKYOワンマッチ柔術オープン レポート:8.31 文京

BJJ-JAM TOKYOワンマッチ柔術オープン レポート:8.31 文京

日本ブラジリアン柔術連盟「BJJ-JAM TOKYOワンマッチ柔術オープン」
2014年8月31日(日) 東京・文京スポーツセンター

  記事提供:日本ブラジリアン柔術連盟


 BJJ-JAM TOKYOワンマッチ柔術オープンは文字通りトーナメント制ではなくワンマッチ大会であり、試合経験を積みたい白~青帯選手、また30歳以上のマスター世代が数多く参加。会場の柔道 場のマット一面だけで開催し、セコンドや参加者が大勢取り囲む中での試合は、日本柔術創世記の雰囲気を感じさせるものになった。一般の部終了後に、連盟側がマッチメイクしたスペシャルワンマッチを4試合行った。
 今後の日本ブラジリアン柔術連盟の予定は、9月15日(月・祝)に東京・文京スポーツセンターにて「第4回全日本柔術オープントーナメント」、9月21日(日)に香川県・坂出市民武道場にて「第6回四国 柔術選手権大会」と大会が続く。四国選手権では連盟会長・中井祐樹がセミナーも行う予定だ。


ノーギアダルトエキスパートフェザー級
○西林浩平(リバーサルジム新宿Me,We)
×伊藤健一(CARPE DIEM)
ポイント0-0(A1-0)

 ZST、GRANDSLAMを主戦場にし“戦うIT社長”の愛称でお馴染みの伊藤健一が、ノーギマッチで柔術黒帯の西林浩平と対戦。試合は伊藤が序盤から片足タックルを決めかけるなど攻勢に出るも、西林は柔術家らしく引き込みからの後転スイープでアドバンテージを得て西林が辛勝した。


アダルト茶帯フェザー級
○ヴァンダレイ高崎(IMPACTO JAPAN B.J.J)
×八巻 祐(X-TREME柔術アカデミー海老名)
ポイント4-0(A0-1)

 先日の全日本実業柔道個人選手権66kg級にて、あのロンドン五輪銀メダリストの平岡拓晃を一本で破り優勝した八巻祐が、日新進気鋭の日系ブラジリアン・ヴァンダレイ高崎と茶帯マッチで対戦。八巻の爆発的なパスガードを防ぐために、高崎が選んだ手段は相手の引き込んだ状態で相手の足首に絡みつく50/50。高崎が八巻のズボンをしっかり掴み動きを防ぎ、隙をみてスイープを決めてポイント4-0で勝利。世界レベルの柔道家の破り方を見せてくれた。


アダルト茶帯ライトフェザー級
×宮地一裕(修斗ジムroots)
○橋本知之(CARPE DIEM)
ポイント5-0(A0-1)


アダルト黒帯フェザー級
○アサダトシオ(IMPACTO JAPAN B.J.J)
×中塚靖人(リバーサルジム新宿 Me,We)
4'56" 十字絞め

Home > REPORTS > 柔術 > BJJ-JAM TOKYOワンマッチ柔術オープン レポート:8.31 文京

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について