Home > REPORTS > B-FAMILY NEO > メインのシンN-720×祥汰はドロー:4.9 横浜

メインのシンN-720×祥汰はドロー:4.9 横浜

B-FAMILY NEO主催「Muay Thai WINDY Super Fight in YOKOHAMA」
2011年4月9日(土) 神奈川・エイワスポーツジム
  レポート&写真提供:鈴木雄一郎


第9試合 メインイベント 59kg契約 3分3R
△シンN-720(エイワ)
△祥汰(Team S.R.K ver Wolf/WINDY RISING GENERATION CUP 2010スーパーフェザー級優勝)
判定0-0 (28-28/28-28/28-28)

1R
開始早々、鋭く回転の早いパンチを打つシンの突進に押される祥汰。猛然と襲いかかるシンは左フックでダウンを奪う。その後立ち上がる祥汰は、左右のローとミドルといった、得意の蹴りを繰り出していく。シンの勢いを止めるために、祥汰は首相撲を仕掛け、ヒザを叩き込んでいく。中盤には祥汰のヒザが突き刺さり始め、必死にガードするシンの腕がほどけていく。

2R
首相撲からヒザを中心とした攻勢に徹した祥汰。祥汰のヒザに、明らかに嫌がるシンをよそに、ヒザを連発。シンは1R同様、パンチを中心にした攻勢を崩さない。左右ボディフックと左ミドルストレートを素早くつなげるシン。ガード越しでも凄まじい音を立てゆくパンチに、場内の誰もが驚きを隠せないでいた。

3R
徹底してパンチ主体の姿勢を貫くシン。蹴りをほとんど撃たないシンとは対象に、祥汰は右ローで下から崩していき、首相撲からヒザ。更に右ミドル、右ローとバンバン蹴っていく祥汰。残り30秒になると、祥汰はシンを捕まえて首相撲からヒザを連発!そのまま試合終了のゴングが鳴り響く。ジャッジ3名全て28-28の採点となりドロー判定となった。1Rはシンがダウンをとり、2Rと3Rで祥汰が追い上げるという内容であった。


第8試合 セミファイナル 68kg契約 1Rムエタイルール、2R総合ルール
○石橋幸太(エイワ)
×すかいつりー634(B-FAMILY NEO)
1R 1'26" TKO

 パンチを打ちながら前に出るすかいつりーは、飛びヒザを出してからもパンチで攻め立てるが、石橋がガードを固め、左ストレートでダウンを奪う。更にパンチで攻め立てる石橋はまたも左ストレートで2度目のダウンを奪う。そして直後に左フックで試合を決めて秒殺KOをやってのけた。
 
 
第7試合 オヤジファイト 72kg契約 2分3R
○磯崎正樹(エイワ)
×HITOSHI(祥龍館)
3R 1'37" TKO

第6試合 60kg契約 1Rムエタイルール、2R総合ルール
×本山善範(エイワ)
○オカダイレブン(B-FAMILY NEO)
2R 3'15" TKO

第5試合 セミプロマッチ 59kg契約 3分3R
岩切康浩(エイワ)
晃希(祥龍館)
勝者:晃希 TKO 2R2:53

第4試合 キッズ対抗戦 27kg契約 2分2R
品川朝陽(エイワ)
大戸海秀(B-FAMILY NEO)
勝者:品川 TKO 1R1:07

第3試合 キッズ対抗戦 53kg契約 2分2R
森田蓮(キングムエ)
山浦翔(B-FAMILY NEO)
勝者:森田 判定3-0(三者共に20-18)

第2試合 キッズ対抗戦 35kg契約 2分2R
辰尾春暉(ドラゴンテイル)
高野草子(晴山塾)
勝者:高野 TKO 2R0:48

第1試合 キッズ対抗戦 30kg契約 2分2R
福田真斗(キングムエ)
辻龍也(B-FAMILY NEO)
勝者:福田 判定3-0(20-19,20-19,20-18)

Home > REPORTS > B-FAMILY NEO > メインのシンN-720×祥汰はドロー:4.9 横浜

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について