Home > REPORTS > 全日本キック > 石川KO勝ち。Dynamite!!参戦を熱望

石川KO勝ち。Dynamite!!参戦を熱望

New Year Kick Festival 2009
2009年1月4日(日) 東京・後楽園ホール
 試練の七番勝負最終戦でラジャダムナン7位の強豪を飛び膝蹴りでKOした石川直生は、肘・膝ありのキックルールでのDynamite!!参戦を今年の目標に掲げた。石川のライバル・山本真弘もラジャの元王者に快勝した。
  レポ:久保与志  写真:ひっとまん大場。


第7試合 ダブルメインイベント(2) 石川直生 試練の七番勝負 第七戦 59kg契約 3分5R
○石川直生(青春塾/全日本スーパーフェザー級王者)
×スアフワンレック・シービューガーデン(タイ/ラジャダムナン・フェザー級7位、元WMC世界同級王者)
3R 0'59" KO (飛び膝蹴り)

 先月25日に合同練習を行った盟友・青木真也の大晦日のDynamite!!での試合を「入場から退場まで起承転結があるパーフェクトな試合だった」と、前日計量で評した石川は、青春塾の象徴である般若の面と日本刀を携えてリングイン。



 両者ともに慎重な立ち上がり。石川は右ロー、スアフワンレックは左ロー、ミドルを飛ばしていく。スアフワンレックは距離を詰めると強烈な左フック、ストレートを放つ。終盤になると距離感が掴めてきたのか、石川の右ミドルがスアフワンレックを捉え始める。

 2Rに入るとやや距離が詰まり、スアフワンレックが左ミドル、左ストレートをヒットさせる。スアフワンレックは追い足が鋭く、下がると一気に詰めてくる。石川はタイミングを計るように、小さなフェイントの後に飛びヒザ蹴り。石川が右ヒジを強振するがスアフワンレックはスウェーでかわし、石川が体勢を崩したところに左ストレートで追撃するが、石川もこれをダッキングで避け両手を挙げてアピールする。

 3R、スアフワンレックがさらに圧力を強め左ミドル、ストレートで攻める。石川が前蹴りで突き放し、「1Rから距離を測っていた」という飛びヒザ蹴りをヒット。よろめくスワフワンレックに追い討ちの右ストレート、さらに今度は左の飛びヒザ蹴りをクリーンヒットさせて、パンチの連打でダウンを奪う。スワフワンレックのダメージは深く、そのまま立ち上がれず。石川が鮮やかなKO勝利で七番勝負の最後を締め括った。



 戦前から「七番勝負の最後に勝ったら言いたいことがある」と発言していた石川は、「今年の俺の目標はキックボクサーとして大晦日のリングに立つことです」と大晦日Dynamite!!への出場をアピール。試合後のインタビューでは、K-1ルールではなくあくまでも組みあり、ヒジありのキックボクシングルールで出場したいと表明した。

◆石川「飛びヒザ蹴りは必殺技になりましたね。1Rから距離を測っていました。もう(ヒジで)切って倒すだけの選手じゃなくなった。(11月の)タイ遠征が本当に自分を成長させてくれた。タイ人の試合前の良い意味でのリラックスした気持ちなども学べた。K-1とキックは違うもので、K-1はどちらかと言うとボクシングに近い感じがする。僕のリズムはK-1よりもムエタイが合っている。
 大晦日を目標に掲げたのは、わかりやすいし一番多くの人が格闘技を見ている日だから。組んでヒジがあるキックボクシングをフューチャーしたい。何となくプランはあるけれど、何もないところから1年かけて築き上げる。笑いたい人は笑えば良い。でも、それを絶対に実現させる。今日のような見応えのある試合を続けていけば可能性は0じゃない。今日の試合だって初めて相手の映像を見たときは、勝つ可能性は10%、20%ぐらいだったから」



第6試合 ダブルメインイベント(1) 59kg契約 3分5R
○山本真弘(藤原ジム/全日本フェザー級王者)
×ペットエーク・ソー.スワンパクディー(タイ/元ラジャダムナン・Sバンタム級王者)
2R 1'58" TKO (ドクターストップ:鼻の負傷)
※2Rに右フックでペットエークに1ダウン

 ペットエークはノーガードから右ミドル、ハイを繰り出していく。真弘はガード、スウェーなどでしっかりとディフェンスをしているが、なかなか中に入らせてもらえない。ペットエークが右ヒジを強振すると場内がどよめく。ラウンドの終盤になるとタイミングが掴めてきたのか、真弘が相手の打ち終わりに左ミドル、右ジャブを合わせ始め、ジャブがヒットしペットエークがよろめく場面も。

 2Rに入るとペットエークも打ち終わりを狙い始め、カウンターの奪い合いの様相を呈する。ペットエークが右ヒジを強振したところに、真弘がカウンターで右フックを当ててダウンを奪う。立ち上がったペットエークに、真弘は左ミドル、さらにパンチのラッシュで攻めたてる。直後にドクターチェックが入り、鼻骨骨折の疑いでストップ。神経戦とも言える後の先の取り合いを制した真弘が、熱望していたタイ人強豪選手との試合をTKOで制した。



第5試合 セミファイナル 第24代全日本バンタム級王座決定戦 3分5R(延長1R)
○寺戸伸近(青春塾/1位)
×瀧谷渉太(WSK/桜塾/4位)
判定3-0 (50-46/50-47/49-47)
※3Rに右膝蹴りで瀧谷に1ダウン
※寺戸が新王者に



 寺戸は準決勝と同様に右ローを軸に攻める。対する瀧谷は時折鋭い左のパンチを見せ反撃を試みる。1R終盤、寺戸の右ミドルがヒットすると、瀧谷は吹っ飛ばされるように後退してしまう。
 2Rに入ると寺戸は右ミドルを何度も叩き込む。瀧谷もがむしゃらに前に出るが、寺戸は組んでボディにヒザを送り連打を許さない。組んでからの展開では、体格差も感じられ瀧谷は上手く対処できない。
 3R、何とか流れを変えたい瀧谷は左ストレートをヒットさせるが、寺戸は再び捕まえて、首相撲から顔面へのヒザ蹴りでダウンを奪う。すぐに立ち上がるが目尻から出血があり、ドクターチェックが入る。再開後も寺戸は徹底して組みヒザで瀧谷の動きを封じる。
 ダメージの影響かアゴが上がってきた瀧谷は、右ストレートや前蹴りなど、顔面への攻撃ももらってしまう。4Rも優勢に試合を進めた寺戸が、最終5Rも首相撲でいなし老獪な試合運びで悲願の王座戴冠を果たした。
 マイクを手にした寺戸が「青春塾、広島時代の皆、本当にありがとうございました」と感謝の言葉を口にすると、広島時代から苦楽を共にしてきた盟友・山本優弥の目には涙が浮かんでいた。一方で、悔し涙を見せながら四方に礼をして退場した瀧谷にも会場から暖かい拍手が送られた。



第4試合 ミドル級 3分3R(延長1R)
○貴之ウィラサクレック(WSRフェアテックスジム/2位)
×CRAZY884(クレイジージム/J-NET 1位)
判定3-0 (30-27/30-27/30-27)

 R.I.S.E.を中心に活躍してきたCRAZY884は全日本キック初参戦。立ち上がりから貴之の左ストレートを被弾し、CRAZYは真っ直ぐ下がってしまう。2Rには鼻からの出血でCRAZYにドクターチェックが入り、その影響か口が開いてしまっている。CRAZYもスイング系のパンチを繰り出していくが距離が遠く有効打はほとんどない。3Rに入っても流れは変わらず、終始優勢に試合を進めた貴之が判定で勝利した。


第3試合 60kg契約 3分3R(延長1R)
○藤牧孝仁(はまっこムエタイジム/ライト級2位)
×大高一郎(STRUGGLE/スーパーフェザー級2位)
4R 判定2-1 (10-9/10-9/9-10)
3R 判定1-0 (30-30/30-29/30-30)

 大高は左フックから右ローのコンビネーション、藤牧は左ミドル中心の組み立て。2Rまでは一進一退の攻防が続く。3Rは藤牧の組んでからのヒザをヒットさせ、やや優勢に試合を進めるが、判定は1-0のドローで延長に。前に出る大高に的確に左ジャブを当てていった藤牧が辛くも延長判定で試合を制した。


第2試合 第24代全日本バンタム級王座決定トーナメント・準決勝 3分3R(延長1R)
○寺戸伸近(青春塾/1位)
×那須儀治(WSK/興気塾/5位)
判定3-0 (30-25/30-25/30-25)

 サウスポーに構える那須に、寺戸は右インローでダメージを蓄積させていく。寺戸のローが下腹部に入り注意、再開後すぐにまたローブローが入りイエローカードが出される。2Rに入ると、那須はローを効かされたのかオーソドックスにスイッチするが、寺戸は今度は左足にローを浴びせていく。決勝を意識してか慎重な戦い方の寺戸だが、3Rに右ローで2度のダウンを奪い、ほぼノーダメージで判定勝利。念願のチャンピオンベルトに王手をかけた。


第1試合 第24代全日本バンタム級王座決定トーナメント・準決勝 3分3R(延長1R)
×割澤 誠(AJジム/2位)
○瀧谷渉太(WSK/桜塾/4位)
判定0-3 (28-29/27-30/27-29)

 瀧谷が1Rから左ストレートを中心にパンチの連打をまとめる。割澤は組んでからのヒザで活路を見出そうとするが、2Rには首相撲の状態から瀧谷の右ボディや右ヒザをもらってしまう。3Rには飛びヒザから左フックでダウンを奪った瀧谷が文句なしの判定勝利で決勝へと駒を進めた。


オープニングファイト 第3試合 第24代・全日本バンタム級王座決定トーナメント・リザーブファイト 3分3R(延長1R)
○水原浩章(光ジム/6位)
×原岡武志(STRUGGLE)
判定3-0 (30-27/30-27/30-28)

オープニングファイト 第2試合 フェザー級 3分3R
△上杉隼土(超越塾)
△小山泰明(建武館)
判定1-0 (30-30/30-30/30-29)

オープニングファイト 第1試合 ウェルター級 3分3R
×押田伸之(はまっこムエタイジム)
○小山佑介(STRUGGLE)
判定0-3 (28-29/28-29/28-29)


Home > REPORTS > 全日本キック > 石川KO勝ち。Dynamite!!参戦を熱望

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

キングダム立川コロッセオ
JR中央線「立川」徒歩5分、多摩モノレール「立川北口」徒歩6分
月謝3ヶ月分無料(先着順限定数)&完全無料体験キャンペーン中!! 総合格闘技、柔術、キックボクシング等豊富なクラス。 初心者・女性・キッズ専用クラスも開設。 かなり気楽な雰囲気のジムです。

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について