Home > REPORTS > 全日本キック > 石川、ルンピニーで飛び膝KO勝ち。関係者も絶賛

石川、ルンピニーで飛び膝KO勝ち。関係者も絶賛

スッグ・プンパンムアン
2008年11月21日(金) タイ・バンコク:ルンピニースタジアム
情報提供・写真(C):シンラパムエタイ/Hiroshi Soda
第6試合 NAOKICK試練の七番勝負・第六戦 ムエタイルール 132ポンド契約 3分5R
○石川直生(青春塾/全日本スーパーフェザー級王者)
×タヌンチャイ・ソー・ポンチャイ(タイ)
3R TKO (飛び膝蹴り)

 1R、石川は外国人としては異例の赤コーナーから登場。開始ゴングが鳴るとローキックの蹴り合いから試合が始まる。そのうち、互いに意地になって深く踏み込んでバチバチと蹴りの応酬を展開。特にカヌンファイのローはかなりの威力で、石川の奥脚に深く入る場面もあった。

 2R、さらにローを中心に前進してくるカヌンファイに対し、ラウンド終盤に石川がカウンターで飛びヒザ蹴りをヒット!これをまともに食らったカヌンファイは、カクンと膝から崩れ落ちてダウン。なんとか立ち上がったカヌンファイだが、顎へのダメージは明らかだ。
 しかしそれでも、場内はカヌンファイに声援を送り続ける。観客からすれば、事前データのない石川のような日本人選手は“勝率も薄い”と判断され、場内声援に左右され易いムエタイの採点では、ダウンを取った後のこの時点でさえ全く不利な状況だ。

写真提供:シンラパムエタイ Hiroshi Soda写真提供:シンラパムエタイ Hiroshi Soda写真提供:シンラパムエタイ Hiroshi Soda

 3R、しかし、リング上での技のヒット数は石川の方が勝っていた。後がないカヌンファイはラウンド早々からローの猛攻。レフリーがストップに入ってからも攻撃を止めないほどエキサイトし、石川を追い掛け回す。石川は、リーチ差を上手く使い前蹴り、ロー、ボディーストレートと遠くからのヒットアンドウェーで攻め込んだ。
 こうなれば、カヌンファイは距離をつめて首相撲の展開に持ち込みたいところ。1分過ぎ、石川は距離が詰まった一瞬に冷静に見極め、再び飛びヒザ蹴りをヒットさせる。これはスリップダウンとなったが、試合は再び石川優勢。
 ルンピニーの観衆が大きくざわめく中、3度目の飛びヒザ蹴りがクリーンヒット!カヌンファイが2度目のダウンを喫すると、レフリーが試合をストップした。

写真提供:シンラパムエタイ Hiroshi Soda
 試合後、場内は石川の跳び膝蹴りの華麗さに感激した様子で、大きなざわめきが会場にこだまする。しかし、もっと驚いたのは観客ならず、ルンピニースタジアム側だった。審判を30年以上務めるスラチット氏は「あんな大技を出せる日本人がいるのか!!いやぁ、ビックリしたね。ルンピニーでああいう華麗な技は最近見ないからなぁ」と、石川の闘いのスタイルを褒め称えた。

 プロモーターからは、異例の20,000バーツ(約5万円)の賞金をゲットし「また来月もここで試合しろ!!」と、既にタイ国内でもファンが増えそうな予感。さて、石川はまたルンピニーに帰ってくるのか!?本場のムエタイファンも、もう次の試合を待ち望んでいる。

 石川は2007年6月17日・ラジャダムナンスタジアム大会で、チャーンヴィットノーイ・シットチャーンヴィット(タイ)に3RKO勝ちしたのに続き、タイのリングで2連続KO勝利。戦績を41戦26勝(13KO)12敗3分とした。

Home > REPORTS > 全日本キック > 石川、ルンピニーで飛び膝KO勝ち。関係者も絶賛

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
5月は入会金無料!フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニン...

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について