Home > REPORTS > 全日本キック > 石川・真弘・優弥、強豪タイ人に敗れる

石川・真弘・優弥、強豪タイ人に敗れる

小林聡プロデュース 野良犬電撃作戦
2008年6月22日(日) 後楽園ホール 観衆・1,780人(超満員)
 母の急死、小林GMの興行のメインの重責等を背負って戦った石川直生だが、カノンスックに無念のKO負け。山本真弘もワンロップへのリベンジを果たせず、主力選手がムエタイの厳しさを味わった。
第8試合 NAOKICK試練の七番勝負・第四戦 59kg契約 3分5R
×石川直生(青春塾/全日本スーパーフェザー級王者)
○カノンスック・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム/M-1フェザー級王者)
4R 2'31" KO (左ミドルキック)
※カノンスックは計量500gオーバーにより1R減点1、8オンスグローブ着用



 石川は右の前蹴り、膝蹴りを当て、カノンスックはサウスポーの構えから左ハイ、左ロー等をヒット。2Rに入ると左肘を連打するが、石川が飛びついて右肘を当て、カノンスックの左眉の上を切り裂く。
 すると流れは一気に石川へ。前蹴り、肘が何度もヒットし、3Rには右ハイ、飛び膝、右肘の連続攻撃でダウンを奪う。
 ところがカノンスックが組み付いて石川を倒した際、石川が後頭部をマットに打ち付けると、石川の表情が虚ろになり、その後は一気に失速。カノンスックの左右のフックや左ハイをたびたびもらうように。そして4R終盤、コーナーに詰められると、左のミドルの連打をボディにもらい前のめりでダウン。そのまま立ち上がれず、無念の逆転KO負けとなった。

◆石川「何がなんでも倒れないつもりだったけど、完敗でした。やっぱりうまかったですね。試合の記憶が断片的で、3Rか4Rかに倒された時に頭を打って、それが一番効きました。ハイキックで倒されたぐらいの状態でした。
 今日は全部背負ってました。元気と戦った次の試合だったこと、小林さんの興行のメインを任されたこと、タイに行って練習したこと、母ちゃんが死んだこと、M-1で全日本キックが全敗だったこと。俺が全日本を守れなかった。悔しいですね(涙を浮かべる)。だけど、全日本キック、こんなもんじゃねえぞ。ナメられたく無いです。」

◆大会プロデューサーの小林聡GMの総括「全日本キックも別の競技に目が向いて負けが続いているようじゃ…。でも後ろ3試合は堂々と戦ってくれた。最後の試合もこれぞキックという内容だった。自分の興行の第2弾、第3弾は、もっと自分の色を出したい。期待していて下さい。(GMのポケットマネーから賞金を出す「GM賞」は誰に与える?)感情的には中村にあげたいけど、自分ところの選手なんで誉めていいのか…。石川は生き様を見せてくれたけど、負けた選手にあげるのもね。ちょっと考えます」


第7試合 フェザー級 3分5R
×山本真弘(藤原ジム/全日本フェザー級王者・KICK RETURN 60kgトーナメント優勝)
○ワンロップ・ウィラサクレック(タイ/WSRフェアテックスジム/M-1バンタム級王者)
2R 2'14" KO (3ダウン:左フック)



 開始数十秒で、ワンロップは右ハイ一発で真弘をダウン気味に吹き飛ばし、調子の良さをアピール。真弘も左フックと左右のローを着実に当て、ワンロップに「強くなっていた。研究してきていた」と言わしめる。両者のスピーディーな動きに場内が沸く。
 しかし2R中盤、ワンロップが上体を横に傾けるような動きの変則的な左ハイをクリーンヒットさせ、真弘をダウンさせる。真弘は10カウントギリギリで立ち上がるが、足に来ている状態。再開直後、ワンロップの前蹴りで再びダウンを喫する。それでも真弘は立ち上がって左フック一発を当て、一矢報いるが、最後は左フック一発で力無くマットに沈んだ。


第6試合 70kg契約 3分5R
×山本優弥(青春塾/全日本ウェルター級王者)
○サムゴー・ギャットモンテープ(タイ/元ムエタイ三冠王者)
判定1-2 (和田49-50/勝本49-48/朝武49-50)

 サムゴーの代名詞の強烈な左ミドルが1Rから度々炸裂し、超満員の客席がどよめく。優弥も1Rには笑顔で効いていないとばかりにアピールする余裕があったが、2Rに入るとミドルをもらう度に焦りの表情が見え始める。サムゴーの左肘で右の眉尻を切られ、ミドルで蹴られた右脇の裏もみるみるうちに腫れ上がる。
 3R以降はサムゴーも疲れだし、ロープを背負う時間がかなり長くなる。だが優弥も時折パンチラッシュで詰めるが、決定打に欠ける。5Rはサムゴーがクリンチを繰り返し逃げ切りモード。優弥のパンチを評価するジャッジもいたが、軍配はサムゴーに上がった。



 かつてサムゴーと戦った小林GMも「これぞサムゴーという試合をしてくれた」と評価。サムゴーは「山本はたいしたことなかった。また日本に来てもっといい試合をしたい」と話した。今後は全日本キック所属選手として活動することが決まっており、まだまだ左ミドルで日本のファンを楽しませてくれそうだ。


第5試合 76kg契約 3分5R
○中村高明(藤原ジム/全日本ミドル級王者)
×須藤信充(TEAM SUDO/ 元日本3階級4冠王者)
1R 0'50" TKO (ドクターストップ:右肘打ちによる左まぶたのカット)



 開始すぐ、190cmの長身の中村が飛び膝で奇襲しいきなりペースをつかみ、膝蹴りとジャブで須藤を圧倒。須藤も下がりながらもスピードのある左フックを連打し、会場はどよめくが、一発狙いで中村に読まれてしまう。最後は中村が須藤をコーナーに詰めると、右肘をこめかみ付近に一発。須藤は前のめりでダウンし、大量の血を吹き出しドクターストップがかかった。
 余裕の勝利の中村は「軽量級の選手はもっとシビアな戦いをやっている。もっと僕にも強い奴とやらせて下さい」とリングサイドの小林GMに志願した。


第4試合 55kg契約 3分3R(延長1R)
○寺戸伸近(青春塾/全日本バンタム級1位)
×那須儀治(WSK/興気塾/全日本バンタム級6位)
4R 1'22" 負傷判定 (豊永10-9/朝武10-9/勝本10-9)
3R 判定1-0 (豊永29-29/朝武30-29/勝本29-29)

 1R序盤から寺戸が右ローを連打し、那須を苦しめる。だが、次第に那須がローの動きを読むようになり、3Rには左アッパーや左ハイで反撃し、延長に持ち込む。だが寺戸が前蹴りを当てた直後、那須のバッティングで寺戸が上唇のあたりを負傷し、ドクターストップがかかった。和田レフェリーは那須にイエローカード1枚を出したが、偶発性の反則とみなし、負傷判定に。ジャッジ3者は寺戸に軍配を上げた。


第3試合 第18代全日本ライト級王座決定トーナメント・準決勝 3分3R(延長1R)
○海戸 淳(S.V.G./2位)
×藤牧孝仁(はまっこムエタイジム/3位)
判定3-0 (和田29-27/勝本29-27/朝武30-27)

 1Rから海戸がバックステップを駆使しつつ右ストレートや右ローを的確に当て主導権。2Rには右ストレート、回転肘で2ダウンを奪う。3Rは藤牧が「来い!」と挑発したが、乗らずに逃げ切り王座挑戦権を獲得した。


第2試合 スーパーフェザー級 3分3R(延長1R)
○大高一郎(STRUGGLE/3位)
×ソルデティグレ・ヨースケ(U.W.F.スネークピットジャパン)
判定2-0 (豊永30-30/和田30-29/朝武30-28)

 マニア筋からは裏メインとも評されたこの一戦は、期待通りの激闘に。両者とも防御お構い無しに肘とパンチの応酬で観客を沸かせる。序盤押され気味だった大高だが、2Rには右の膝蹴りの2連打、3Rには右ハイを度々ヒットさせ優勢。STRUGGLE移籍後初戦を白星で飾った。


第1試合 フェザー級 3分3R
△九島 亮(AJジム)
△永野裕典(和術慧舟會DUROジム)
判定0-1 (30-30/30-30/29-30)

◆オープニングファイト

第3試合 フェザー級 3分3R
○森井洋介(藤原ジム)
×大前力也(WSK/KSS健生館)
判定3-0 (26-25/26-25/26-25)

第2試合 フェザー級 3分3R
×尾田兼次(S.V.G.)
○上杉隼土(超越塾)
判定0-3 (26-29/26-29/26-28)

第1試合 68kg契約 3分3R
○布施一行(DRAGON GYM)
×佐藤大輔(バトラーツジム)
1R 1'28" KO

Home > REPORTS > 全日本キック > 石川・真弘・優弥、強豪タイ人に敗れる

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について