Home > REPORTS > シンダム&クンスック、チャンピオンズ杯決勝へ

シンダム&クンスック、チャンピオンズ杯決勝へ

MUAY 2010 1st ムエロークプレステージ
2010年1月17日(日) 東京・ディファ有明
  レポート:井原芳徳  写真:久保与志  コメント提供:DEEK総合企画


第17試合 ヨードムエ・チャンピオンズカップ60kg級一回戦 3分5R(無制限延長R)
×ノンオー・シットオー(タイ/2005年ムエタイ最優秀選手、ルンピニー4階級&プロムエタイ協会王者)
○シンダム・ギャットムーカウ(タイ/2002年ムエタイ最優秀選手、2003年ルンピニー最優秀選手、ルンピニー&プロムエタイ協会スーパーフェザー級王者)
6R 判定1-2 (シーナ9-10/石川10-9/秋谷9-10)
5R 判定0-1 (秋谷48-49/シーナ49-49/石川49-49)
※シンダムが決勝(8.1八王子京王プラザ大会)進出。5.9ディファ大会の一回戦Bブロック勝者と対戦

 両者とも右ミドル主体の攻防。片方が右ミドルを放てば、すぐさま右ミドルをもう片方が返し、最初に出したほうも右ミドルを返す。ノンオーのほうはパンチを振ってから右ミドルを仕掛けていく場面、シンダムはノンオーの右脚をつかんでから右ミドルを返す場面が比較的多い。
 ノンオーは時折左ミドルも使い、シンダムもパンチを絡める等するが、すぐに右ミドルの応酬に戻り、なかなか均衡は崩れない。しかし両者ともなかなか動きは落ちないことから、観客を退屈させることは無い。
 5R終了と同時に、両選手とも手を上げて勝利をアピールするが、センチャイレフェリーがドローを宣告すると、1分のインターバルを経て延長へ。右ミドル主体の攻防は続き、大きく均衡が崩れることは無かったが、シンダムが手数で上回り判定勝ち。過去1勝1分のノンオーから再び勝利をものにした。

■シンダム

--ノンオー戦はどうでしたか。
この試合に勝てて本当に嬉しいです。また日本で試合ができます。前日のルール説明で、タイでの試合ではないのでミドル・膝だけでなく、1Rから全ての技を採点するという事をいわれました。お客さんはタイとは違い、どちらが強いか見にきているんだと、何度も強く言われていました。それで、前日にトレーナーと相談して、タイでの戦い方を変更して、この試合に備えました。

--ドロー延長ラウンドに突入しました。
攻めに行くしかないと思いました。ノンオーは疲れているようだったので、はっきり差をつけるつもりで延長に挑みました。

--このようなルールは、どうですか?
タイではムエマラソンのように一試合3Rのワンデイトーナメントはありますが、無制限の延長ラウンドはありません。非常につかれましたが(笑)、なんとしても勝って、もう一度日本で試合をしたいという気持ちでした。

--もしまた延長戦があったら?
疲れますが、勝つまで戦う覚悟があります。

--試合後にファンに囲まれて写真をとっていましたね。
試合前、ノンオーが日本で有名なのはわかりました。でも試合に勝って、皆さんが私と写真を撮りに来てくれて、本当に嬉しかったです。私の事を覚えてくれましたか? 次の試合では私を応援しに来てください。

--この次はジョムトーンと未定選手の勝者と決勝をおこないます。
大丈夫です。必ず勝って自分がトーナメントチャンピオンになります。また、皆さんの前で試合ができる事が本当に嬉しいです。私にとって日本での試合は特別です。


第16試合 ヨードムエ・チャンピオンズカップ51kg級一回戦Aブロック 3分5R(無制限延長R)
×ポンサワン・ポープラムック(タイ/ルンピニー・ミニフライ級王者、ボクシングWBA世界ミニマム級13位、WBC世界ストロー級10位)
○クンスック・P.N.ジム(タイ/ルンピニー・ライトフライ級王者)
判定0-3 (少47-50/シーナ47-48/秋谷47-49)
※クンスックが決勝(8.1八王子大会)進出。5.9ディファ大会の一回戦Bブロック勝者と対戦

 序盤、国際式ボクシングで豊富な実績のあるポンサワンが、右ストレートを何度かヒットさせるが、クンスックも左肘、左膝、右ハイ、右ミドルなどを矢継ぎ早に返し、一歩も引かない。互いにほとんど距離は取らず、なおかつ安易にクリンチに逃げず、「肘有りのK-1」とでも言えそうなハイスパートで、なおかつハイレベルな攻防を繰り広げる。
 そんな中、次第にペースをつかんだのはクンスックだった。3R、左ハイや右肘でポンサワンをひるませ、膝とミドルで体力を奪う。4Rは下がりながらも左ミドルや右膝でポンサワンを苦しめ、ポンサワンの動きが落ちてきた中盤からは前進して膝やローをヒットする。5Rは若干動きは落ちたものの、随所でミドルや膝をヒットさせつつ、ポンサワンの反撃を封じ完勝。敗れたものの、ポンサワンの戦いぶりも日本向きで、また見たいと思わせる選手だった。

■クンスック

---初めての日本での試合はどうでしたか。
夢のような経験でした。今でもドキドキして、何といっていいかわかりません。ルンピニーで試合するのとは全然違う気分です。本当に最高です。日本での試合が決まってからずっと興奮しています(笑)

--昨日の試合はどうでしたか?
ポンサワンのパンチは非常に強くて、序盤、危ないところもありました。でも、絶対に負けない気持ちでいました。次の試合に勝って、必ず自分がチャンピオンズ杯をとります。

■プラムック プロモーター
今回の試合は、タイでも非常に注目されていて、タイの皆さんも試合結果が気になっていたので、試合後すぐにムエサイアムに伝えました。とても凄い試合になって、私も大満足です。延長戦になったと、ムエサイアムに伝えましたよ(笑)。試合展開がタイとは違って、私自身、大興奮してしまいました。私の選手(ポンサワン)は残念ながら敗れてしまいましたが、素晴らしい試合を日本の皆様に見せる事ができてホッとしています。ありがとうございました。


第19試合 ムエリーグ 55kg契約 3分5R
○清水雄介(尚武会/J-NETWORKバンタム級1位)
×謙・センチャイジム(センチャイムエタイジム)※尾田謙二 改め
判定3-0 (センチャイ50-48/秋谷50-47/少50-46)


第18試合 ムエリーグ フライ級 3分5R
△魂叶獅(はまっこムエタイジム/元J-NETWORKフライ級王者)
△勇児(HOSOKAWAジム/MA日本フライ級6位)
判定1-1 (センチャイ48-49/石川49-49/少49-48)

第15試合 グローブハンデマッチ 3分5R
○マット・チューワッタナ(タイ/尚武会)
×クイントン・アレンサー(南アフリカ/IMPAKT)
判定3-0 (少50-49/センチャイ50-48/シーナ49-48)
※マットはヤソトーンの代役で急遽出場のため、計量をクリアできず、両者合意によりマットに2オンスのグローブハンデ

第14試合 70kg契約 3分5R
○クンスック・アラビアジム(タイ/元ルンピニー&ラジャダムナン・ライト級王者)
×シノ・KRSジム(KRSジム)
判定3-0 (石川50-48/秋谷50-48/センチャイ50-47)

第13試合 ライト級 3分3R
○塚原光斗(クロスポイント古河/J-NETWORK 4位)
×宮城友一(真樹ジムオキナワ/MA日本10位)
判定3-0 (30-29/30-29/30-28)

第12試合 57kg契約 3分3R
○赤羽秀一(WSRフェアテックス)
×山村教文(GSB)
判定3-0 (30-28/30-28/30-28)

第11試合 ヘビー級 3分3R
×瀧川 翎(フリー)
○小澤和樹(アストラルジャパン)
判定0-3 (28-30/27-30/28-29)

第10試合 ヘビー級 3分3R
○菊池圭治(はまっこムエタイジム)
×BIGカズ(匠ジム)
1R 1'05" KO (左膝蹴り)

第9試合 68kg契約 3分3R
×李 逵(尚武会)
○左 禅丸(レグルス池袋)
判定0-2 (28-29/29-29/29-30)

第8試合 Jrスーパーファイト 35kg級 2分3R
○伊藤紗弥(尚武会)
×斉藤 歩(WSR蕨)
判定3-0 (30-28/30-27/30-27)

第7試合 女子52.5kg契約 3分3R
○悦・センチャイジム(センチャイムエタイジム)
×加賀有美子(名古屋JKファクトリー)
判定2-0 (30-28/30-29/30-30)

第6試合 62kg契約 3分3R
○TOMOHIKO(RANGER品川GYM)
×宇都宮星太(禅道会)
判定3-0 (30-24/30-24/30-24)

第5試合 60kg契約 3分3R
○竜士(尚武会/GAREX立川)
×島袋繁文(義勇会)
判定3-0 (29-25/29-25/29-26)

第4試合 72.5kg契約 3分3R
○吉 重吉(契明ジム)
×伊沢寿人(YMC栃木)
1R 2'03" KO

第3試合 65kg契約 3分3R
○TACA(レグルス池袋)
×ヤスタカ・ペタス(バンゲリングベイ・スピリット)
1R 1'33" KO

第2試合 ライト級 3分3R
×小浪裕太(尚武会/GAREX立川)
○晋・センチャイジム(センチャイムエタイジム)
1R 2'58" KO

第1試合 57kg契約 3分3R
×マサ・マットジム(尚武会/マットジム)
○バズーカ福田(KFG)
1R 2'18" KO

Home > REPORTS > シンダム&クンスック、チャンピオンズ杯決勝へ

 - PR - Martial World presents Gym Village

MW 水道橋・なんば・名古屋・博多の店舗へGO!

BoutReview Onlineshopなら5%ポイント還元!

Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

OGUNI GYM
JR「池袋」北口徒歩12分
NJKF加盟キックジム。王者・トップ選手多数在籍。平日24時まで営業。今なら入会金無料!キッズ・レディースクラスも開設。見学・無料体験随時受付中

さらに詳しく

Gym Village おすすめジム最新ブログ記事
now loading...

おすすめジム欄へのジム広告掲載について

ジュニア格闘技・武道「安心安全」強化書 二重作拓也・著

広告掲載について