Home > NEWS > ZST > 勝村、大石真丈と師弟タッグ結成:11.23 有明

勝村、大石真丈と師弟タッグ結成:11.23 有明

  • ZST
  • 更新・2010-11-09 (Tue)20:16
 ZST.26 ~旗揚げ8周年記念大会(11.23(火/祝)ディファ有明)の追加カードが発表された。第6代修斗世界フェザー級王者・勝村周一朗(リバーサルジム横浜グランドスラム)は、木口道場時代からの師匠であり、第2代修斗世界フェザー級王者だった大石真丈(フリー)とタッグを結成することになった。
大石真丈勝村周一朗

 相手チームは、清水俊裕(総合格闘技宇留野道場)と杉田一朗(心温塾)の若手コンビ。大石は久々のZST参戦で、タッグマッチは初挑戦だ。
 ライト級では奥出雅之(ゴールドジムサウス東京)が東谷輝彦(萩原道場)と対戦。「4vs4サバイバルタッグマッチ」という新しい試みも行われる。

ライト級4vs4サバイバルタッグマッチ 5分1ピリオド
上田厚志(骨法烏合会矢野卓見道場)、山本裕次郎(チーム太田章)、平 信一(綱島柔術)、佐藤 洋(総合格闘技move)
vs
平山敬悟(パラエストラ八王子)、川名雄生(しんわトータルコンバット)、松田真吾(総合格闘技DOBUITA)、鳥山洋一郎(ロデオスタイル)

[サバイバルタッグマッチとは?]
1チームを4人とし、2vs2のタッグマッチ形式(5分1ピリオド)で試合が行われる。
選手がKO、タップアウトなどを奪われた場合、その選手は退場をして、同チームの控え選手が代わりにリングインして、試合が続行される。
チームに控え選手がいなくなった状態で、選手がタップアウトなどを奪われた場合、そのチームの負けとなる。
なお、5分1ピリオド中に決着がつかなかった場合は、ジャッジ3名による判定が行われ、負けたチームのいずれか1名が退場することになる。

Home > NEWS > ZST > 勝村、大石真丈と師弟タッグ結成:11.23 有明

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

中野トイカツ道場
JR中央線・地下鉄東西線「中野」徒歩3分、丸ノ内線「新中野駅」「東高円寺駅」徒歩10分
入会金&月謝2ヶ月分無料! ボクシング、キックボクシング、レスリング、寝技、柔術、総合格闘技など初心者クラス充実! 平日7時~23時、年中無休!月謝8千円で中野、新宿、渋谷、高田馬場等の各店通い放題!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について