Home > NEWS > ZST > 佐々木憂流迦、フライ級に階級下げ全日本グラップリング参戦:10.25 大久保

佐々木憂流迦、フライ級に階級下げ全日本グラップリング参戦:10.25 大久保

  • ZST
  • 更新・2015-10-01 (Thu)20:58
 ZST主催「第1回全日本グラップリング選手権2015」(10月25日(日) 大久保・GENスポーツパレス)のフライ級に佐々木憂流迦、フェザー級に中村“アイアン”浩士、徹肌ィ郎らが参戦することになった。元修斗環太平洋王者の佐々木は7連勝後にUFCに参戦し、昨年の初戦は一本勝ちしたものの、以降は2連敗。6月の敗戦後、和術慧舟會駿河道場を離れフリーとなり、得意のグラップリングルールでバンタム級からフライ級に下げて再始動する。
左が佐々木、右が中村
◆佐々木憂流迦(フリー/元修斗フェザー級(60kg)環太平洋王者、ADCCアジア予選'13優勝)
「今はUFCに出ているんですけど、試合間隔が開いていて、どうしても試合がしたくて、向う(UFC)の許可もいただいて試合をすることになりました。階級を下げてもパフォーマンスは問題なく好調で、間違いなく優勝を狙えるので、10月25日はぜひとも見に来てください
(フライ級転向の理由は?)食事を見直すようになってから、ナチュラルの体重が64kgちょっとになったので、もう1階級下げてもいいかなと前のUFCに出たころから思うようになりました。
(今の体重は?)今は少し絞って61.5ぐらいですね。
(フライ級の56.7kgまで落としたことがありますか?)最低で59kgちょいぐらいまでは落としたことはあるんですけど、今回が初のチャレンジです。
(食生活はどう変化しましたか?)プロとして意識を持つようになりましたね。不摂生で前は何これ構わず食べてましたけど(苦笑)、食事は毎日作るようになりました。
(今回のトーナメントの出場メンバーで意識する選手はいますか?)正直、特にはいないんですけど、未知の舞台になるので、全員いい選手だと思います。
(クロスガード禁止で極めを狙うほうが評価されるZSTのグラップリングルールへの対応の自信は?)アブダビ(ADCC)とは全く違う戦いになりますけど、僕寄りのルールで、相手が動いてくれたほうが隙もできて一本が取りやすいので、合っていると思います。
(上京してからの練習先は?)メインはチームOTOKOGIでやっています。バンゲリングベイやMe,Weにも行っています。
日曜のUFC JAPANは見ましたか?)興奮しましたね。ライアン・ホール、ヤバい。先輩の(中村)K太郎さんもいい勝ち方で刺激を受けました。
(一度戦っている石原夜叉坊選手はどうですか?)ゴールドジムでも会ってて、廣田さんからダウン取るとは思ってなくて良かったですね。2R目からの失速が彼らしかったですね。
(日本大会に出たかったですか?)今は連敗していて、人のことをどうこう言ってられないんで、サバイバルなんで、自分でどんどんチャレンジしようと思います。

◆中村“アイアン”浩士(CARPE DIEM)
 試合をしばらくしていなくて、練習に励むきっかけを探していて、また大きい舞台に立ちたいと思う中で今回のオファーをいただいて、凄くうれしかったです。僕のグラップリングの実績はこの出場選手の中で高い方ではないんですが、僕にオファーをしていただいたのは 期待してくださっているからだと思うので、見てくれる方が面白いと思ってもらえる試合をして、この大会を盛り上げます。
(トーナメントで意識する選手はいますか?)全員気になりますね。どう勝てば勝利につなげられるかを考えますね。
(ZSTのグラップリングルールへの対応の自信は?)動きのある試合になると思うのですけど、逆にちょっとしたミスが負けにつながるのかなと思っているので、アグレッシブに戦いながらも、丁寧な戦い方で臨もうと思います。

対戦カード


フェザー級トーナメント


中村“アイアン”浩士(CARPE DIEM)
徹肌ィ郎(和術慧舟會東京道場/プロアマGTトーナメント'15優勝、ADCC'05 '07 '11 '13日本代表)
竹内 稔(T.T.M URUSHI DOJO/プロアマGTトーナメント'15ライト級優勝、VTJグラップラーズクラウン'14ライト級準優勝)
平尾悠人(X-TREME柔術アカデミー/ADCC'15日本代表)
水洗裕一郎(X-TREME柔術アカデミー/プロアマGTトーナメント'14準優勝)
西林浩平(リバーサルジム新宿Me,We/柔術全日本選手権マスター黒帯'14'15優勝)
※他2名は一般枠

バンタム級トーナメント


嶋田裕太(Nexusense/柔術世界選手権ライトフェザー級(64kg)'15 3位、プロアマGTトーナメント'14 '15優勝)
村田卓実(和術慧舟會東京道場/プロアマGTトーナメント'13優勝)
牧野仁史(リバーサルジム東京スタンドアウト/プロアマGTトーナメント'11 '12 '14優勝)
榎本 悟(リバーサルジム川口リディプス/VTJグラップラーズクラウン'15優勝) 
橋本知之(CARPE DIEM/柔術世界選手権ルースター級(57.5kg)'15 優勝)
清水清隆(TRIBE TOKYO M.M.A/フライ級キングオブパンクラシスト)
※他2名は一般枠

フライ級トーナメント


八田 亮(ストライプルオハナ/元ZSTフライ級王者、プロアマGTトーナメント'14 '15優勝)
正田昭治(ストライプルオハナ/柔術マスターズ世界選手権2013優勝)
澤田健壱(パラエストラ東京/プロアマGTトーナメント'14準優勝)
竹中 慎(パンクラスP's LAB東京/パンクラス・プロアマキャッチトーナメント'11 '12優勝)
杉本寛樹(AXIS千葉/プロアマGTトーナメント'13優勝
中尾 亮(X-TREME柔術アカデミー/プロアマGTトーナメント'13準優勝)
佐々木憂流迦(フリー/元修斗フェザー級(60kg)環太平洋王者、ADCC'13日本代表)
※他1名は一般枠

会場アクセス


GENスポーツパレス 東京都新宿区百人町2-23-25

スケジュール


開場・11:30 本戦開始・12:00

チケット料金


施設使用料(自由) 3,500円
※当日購入の際は500円増しとなります

チケット販売所


チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:594-770)

お問い合わせ


ZST実行委員会 03-6908-6012  info@zst.jp   http://www.zst.jp/ 

Home > NEWS > ZST > 佐々木憂流迦、フライ級に階級下げ全日本グラップリング参戦:10.25 大久保

 - PR - Martial World presents Gym Village
Gym Village でジムを探そう!
Gym Village おすすめジム

JOEGYM(ジョウジム)北新地店
JR北新地駅 徒歩1分
フィットネスを取り入れた大阪梅田北新地のキックボクシングジムです。長島☆自演乙☆雄一郎&元ボクシング世界王者テーパリットが初心者でも経験者でもしっかり指導します。見学・体験トレーニング大歓迎!

さらに詳しく

おすすめジム欄へのジム広告掲載について